TOP > スポンサー広告 > 【馬柱】日経新春杯TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱】日経新春杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱】日経新春杯

日経新春杯 

日経


メンバー内ではトゥザグローリーが人気。

果たして結果はいかに!?



パドックの達人
<<クジキセキの見解>>


前日最終オッズで単勝1.6倍と圧倒的な支持が示すとおり、トゥザグローリーの相手探しで問題ない。相手には昨秋、同舞台GII2着のビートブラックを筆頭に推す。古馬相手の重賞実績に乏しい4歳馬が人気で妙味あり。得意の京都に戻って期待。一昨年の本レース2着馬トップカミングも不気味。近走はダートや芝の中距離を使われていたが戦績からも芝の中長距離が合う。



<<不死鳥の見解>>


少頭数でスローの瞬発力勝負が予想されるメンバー構成。決め手比べなら◎トゥザグローリーが一枚上。前走の有馬記念は超がつくほどのスローペースで、直線が短い中山コースでは差し馬に不利な展開。その厳しい流れをオルフェーヴルと同じ上がり(33.3秒)を使って、僅差の3着に追い込んできており、勝ち馬とは位置取りの差がでた印象。むしろ、現役最強馬オルフェーヴルと同じ上がりを使った点は評価したい。舞台が京都の外回りに変わる今回は、能力の全開が期待できるし、12頭以下と少頭数なのも、12頭立て以下で4戦4勝のトゥザグローリーに有利な条件。ハンデ58.5キロも500キロを超える大型馬には苦にならないだけに、 ここはトゥザグローリーで断然。




コメントの投稿

ある程度

アホか?!そんな予想誰でもする!3連単で当ててみろ

うまプロに出演してた中山記念のトーセンクラウンを当てた方を見かけなくなってから、サークルメンバーの予想があまりに普通すぎて全く興味がなくなった。

見方に注目するのは火拳さんぐらいかな?
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。