TOP > 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【予想】東京新聞杯

東京新聞杯

東京


<<不死鳥の見解>>


 土曜日の東京芝コースで行われたレースの勝ち馬の4角番手=5,6,8,1,12番手というデータから、今の東京の芝コースは一見差し・追込がバンバン決まっているかのようにも思えるが、上がり最速馬の成績=5,2,3,7,1着のデータが示すように、最後方から追い込んで上がり最速をマークするようなタイプは一歩届かず、好位~中団から抜け出してくるタイプの馬に向く印象だ。ちなみに、昨年の東京新聞杯も1~3着は4角=4,5,5番手で、1番人気のダノンヨーヨーは15番手から上がり最速の32.8秒の末脚で追い込んできたものの、7着どまりだった。
 今年も上位人気になってるダノンシャークらは、最後方付近から追い込んできて一歩届かない可能性は十分ありそう。勝ち馬のイメージは、好位~中団から抜け出してくるタイプの馬で、これにピッタリ合致するのが◎ミッキードリームだ。なんといっても強調したいのは昨年の毎日王冠での好走と天皇賞での驚異の粘りだ。毎日王冠では当時初の東京遠征という条件ながら、以下のようにGⅠ好走馬と互角の競馬をしているし、

1着ダークシャドウ⇒天皇賞2着
2着リアルインパクト⇒安田記念1着
3着ミッキードリーム
4着エーシンアポロン⇒マイルCS1着

近年稀に見る好メンバーが揃った天皇賞では、超がつくほどのHペースで逃げたシルポート(シンガリ)や2番手だったビッグウィーク(ブービー)はもちろん、4番手を進んだ宝塚記念馬アーネストリー(14着)も含め先行勢はほぼ壊滅的だった。その先行馬には厳しい流れをミッキードリームは道中5番手前後で進み、あれほどの豪華なメンバーで8着(ローズキングダムやらに先着)に粘ったのだから着順以上に評価できる内容だった。さらに、血統面でも父キングカメハメハは目下3週連続重賞勝ちで今年のリーディングサイアーを独走状態中の種牡馬で、サクラバクシンオーらを輩出したサクラハゴロモからなる牝系は最近では朝日杯勝ち馬アルフレードを輩出しており、今一番勢いがあるといっても過言ではない血統。これまでの実績、血統面からもGⅢのここでは十分に勝ち負けできる。
 大穴はガルボ。近走は1200m~1600mとさまざまな距離を使われているが、ベストは2歳時に朝日杯4着の実績があるマイルだろう。実際、GⅢ以下では1,3,2,2,2着とマイルでは一回も凡走していなしし、冬場(12~2月)に4,1,4,2,2,6,2着と好走が集中しているだけに、ベストの条件がそろった今回は一発があっても驚けない。


スポンサーサイト


【予想】AJCC

 AJCC

※本日は事情により馬柱を省略します。

パドックの達人
<<クジキセキの見解>>

◎ゲシュタルト
○ルーラーシップ
▲ネヴァブション
△トーセンレーヴ
△ヒカルカザブエ


<<不死鳥の見解>>


◎ルーラーシップ
○ナカヤマナイト
▲トーセンレーヴ
△ゲシュタルト
△リッツィスター

 有馬記念4着&上がり最速のルーラーシップは1本被りになり過ぎではあるが、ここは逆らえない。唯一の懸念はキレ味が削がれそうな道悪馬場だが、以前に道悪に強い種牡馬として取り上げたキンカメ産駒で、心配は無用。実際、小頭数+スローが予想される展開+道悪馬場と今回と同じ条件の金鯱賞を勝っており、今回はその再現ができるはずだ。もし、“ルーラー封じ”が実現するなら、この馬向きのスローな流れではなく、淀みない流れになった時。こういった競馬に滅法強いのがステイゴールド産駒の○ナカヤマナイト。ステイゴールド産駒はキンカメ産駒同様に道悪で良績を残しており、淀みない流れで上がりがかかるようなら、逆転まで。







【馬柱】有馬記念

有馬記念


慶應VS京大 今年最後の勝負!!
有馬記念を的中をさせるのは!?

有馬

今年の有馬記念は一騎打ちムード。

慶應・不死鳥ブエナビスタを、京大・火拳慶應・クジキセキオルフェーヴルをそれぞれ支持する形に。


果たして結果はいかに!?


マイルCS◎▲○3連単279,410円的中!!
<<火拳の見解>>

 意外に3歳馬が健闘する有馬記念。◎オルフェーヴルのパフォーマンスは、過去の3歳馬に劣るものではない。初の古馬戦も通用可能。対抗は不本意な競馬が続いている⑤エイシンフラッシュ。本質的には使える脚が短く、枠順含めて舞台設定は抜群。最内をどう捌くか①ブエナビスタ。スムーズなら当然上位争い。



パドックの達人
<<クジキセキの見解>>

 三冠馬オルフェーヴルを上位にとる。JCを使わなかったローテに好感が持て、馬体の出来も上々。過去の三冠馬同様、ここでも堅軸だ。対抗にはローズキングダムを推す。代打騎乗で結果を残して来た鞍上に戻り前進が見込め、中山での重賞実績もありこの条件で狙ってみたい。コース追いに切り替えてきた点も不気味だ。トビが大きく大外枠がかえってよさそうなルーラーシップにも注意。ここがラストランの女傑ブエナビスタは秋3戦では最高の馬体。ただ内を突けないこの馬にとっては乗り難い枠。天皇賞秋でも他馬に寄せられて怯むという弱点を晒しているだけにここでは狙いを下げた。



<<不死鳥の見解>>

中山2500mという特殊なコースで行われる有馬記念。最近ではマツリダゴッホのような、当該コース巧者が有馬記念で人気薄で激走するパターンはよく見られる。事実、00'以降で6番人気以下で馬券に絡んだ馬は14頭いるが、そのうち11頭に該当するのが『中山で2000~2500mのGⅡ以上の重賞or宝塚記念で馬券に絡んでいる。』という条件。

00'13番人気3着ダイワテキサス⇒オールカマー1着
01'13番人気2着アメリカンボス⇒AJCC1着
02'13番人気2着タップダンスシチー⇒日経賞2着
02'8番人気3着コイントス⇒日経賞3着
04'9番人気3着シルクフェイマス⇒宝塚記念2着
05'6番人気3着リンカーン⇒04'有馬記念2着
07'9番人気1着マツリダゴッホ⇒オールカマー1着、AJCC1着
07'6番人気3着ダイワメジャー⇒皐月賞1着
08'14番人気2着アドマイヤモナーク⇒日経賞3着
08'10番人気3着エアシェイディ⇒AJCC1着
09'11番人気3着エアシェイディ⇒AJCC1着、有馬記念3着

 有馬記念で好走するためには中山2000m~2500mや中山2500mとリンクしやすい阪神2200mの宝塚記念での好走が不可欠。つまり、有馬記念好走で好走できるかは中山コースへの適性が直結するといっていい。

 今年の有馬記念は2強対決の様相だが、ブエナビスタにあってオルフェーヴルにないものがある。それがこの中山適性ほかならない。ブエナビスタは前2年の有馬記念はどちらも2着どまりだが、どちらも負けて強しの内容。一昨年の有馬記念はかなりのHペースを先行をして、先行勢が壊滅したなか掲示板以上だったのはこの馬だけだったし、昨年は反対に4角1~4番手の馬が掲示板を占めるなかで、唯一(9番手から)差してきたのがブエナビスタだった。どちらも結果的に展開に泣かされた形で、(中山コースで走ったのはこの2戦だけだが)中山への適性は十分だろう。反対に、オルフェーヴルは5連勝中だが、それらはいづれも東京や阪神・京都の外回り戦でのもの。中山2500mへの適性は正直未知数だし、唯一出走した中山コース(芙蓉S)も牝馬に先着されているほどだから、コース適性の面で不安が残る。よって、ここは◎ブエナビスタの方を上位にとりたい。JCの時にも書いたが、松田博師らブエナビスタ陣営が天皇賞(4着)を叩き台にしてまでも、欲しいのは昨年無念の降着となったJCと連続2着の有馬記念のタイトルほかならない。叩き3戦目で、秋3戦で最高のデキになった今回の有馬記念は3度目の正直で雪辱を果たす。

  


【GⅠ特別コラム②】スプリンターズSの妙味馬

【GⅠ特別コラム②】
スプリンターズSの妙味馬


 GⅠ特別コラム①では今回の焦点は『ロケットマンの相手探し』と書いたが、ロケットマンの相手探しの上で重視したいのが、ロケットマン以外の香港馬2頭も出走したセントウルS組の取捨だろう。過去10年のセントウルS組のスプリンタ-ズS成績は【4・4・4・36】で馬券圏内の30頭中12頭がセントウルS組と重要なステップレースでもある。もっとも、同組の出走頭数が多いのも事実だが(今年も7頭出走)、着目したいのは必ずもセントウルSの上位馬がスプリンタ-ズSでも上位にきているとは限らないということ

以下は過去10回のセントウルS勝ち馬のスプリンタ-ズS(中山開催時のみ)での成績。

セントウルS勝ち馬成績=⑪⑫⑤⑪⑦⑧②⑦⑤④着

 最重要ステップレースの1着馬だから、ほとんどのセントウルS勝ち馬が本番でも人気になるのだが、本番では人気を裏切る結果になっている。

 反対に以下のようにセントウルSで凡走しながら、スプリンタ-ズSで巻き返すパタ-ンが多く見られるのも特徴的である。

09'8番人気3着カノヤザクラ⇒セントウルS4着
09'6番人気1着ローレルゲレイロ⇒セントウルS14着
07'5番人気3着アイルラヴァゲイン⇒セントウルS5着
06'10番人気2着メイショウボーラー⇒セントウルS5着
03'5番人気1着デュランダル⇒セントウルS3着
03'2番人気3着アドマイヤマックス⇒セントウルS4着
00'16番人気1着ダイタクヤマト⇒セントウルS7着

 もちろん、前哨戦仕上げと本番仕様の仕上げの違いによるところもあるだろうが、おそらくこの逆転を生んでいる一番の要因が、コ-スの違いによる競馬の質の変化だろう。
 コ-ス分析にも書かれているように、阪神1200mは1200mでもっともテンの3Fが遅くなりがちなコ-ス。例年のセントウルSの前半3Fは平均33秒後半~34秒台で、開幕週の馬場も味方して極端な逃げ・先行馬有利なレ-スになっている。(過去10年の連対馬20頭中17頭は4角5番手以内の馬だった)

 対して、中山1200mテンの3Fが速くなりがちなコ-スで、極端な前傾ラップになりやすい。さらにスプリンターズSは最終週でもあるため、前有利なセントウルSで差しそこねた差し馬が巻き返してくるのだ。

 例を出して言えば、09'スプリンタ-ズで8番人気ながら3着にきたカノヤザクラ。前走のセントウルSでは4角4番手以内の馬が1~3着を独占したように、完全に前有利の競馬だったが、カノヤザクラは4角8番手から唯一追い上げて僅差の4着。それにもかかわらず、本番では8番人気の低評価で、きっちり馬券に絡んでいた。

今年の注目馬は!?

 今年のセントウルSもその例外ではなく、テンの3Fが34.1秒とかなり緩い流れで、4角4番手以内の馬が1~3着を占める結果となった。当然、本番で注目すべきは09'のカノヤザクラのように後方から追い上げて差し損ねた馬。これにピッタリ合致するのが、4角12番手からメンバー中最速の上がりで追い上げて0.2秒差の4着まで追い上げたサンカルロ

 今年のスプリンターズSの展開の鍵を握るのはやはりロケットマンだろうが、さすがの日本勢も勝って下さいよといわんばかり、あっさりと逃げを許すわけがない。すでにヘッドライナーが玉砕覚悟の逃げ宣言を出しているし、パドトロワだって、前2走(=UHB杯・キーンランドS)でそれぞれ函館&札幌の3Fの史上最速ラップである33.1秒と33.0秒で逃げている。それだけに下り坂スタートの中山ならテンの3Fは33秒を切ってくることは間違いない。ちなみに、サイレントウィットネスが勝った05'スプリンターズSのテン3Fは32.9秒、テイクオーバーターゲットが勝った06'スプリンターズSのテン3Fは32.8秒だったように、参戦してきた外国馬が人気の逃げ馬だった場合は速くなる傾向もある。

 となると、前有利だったセントウルSで差し損ねたサンカルロは展開が向くだけに、今回は馬券圏内突入の可能性は十分ある。もともとこの馬は直線に急坂があるコースが得意で、休み明けを除くと阪神・中山で【2・2・4・2】と崩れていない。また、1200mという距離も1200mGⅠで4着⇒3着⇒2着と着実に着順を上げてきているし、今回のほとんどメンバー中では昨年のスプリンターズS(3着)、高松宮記念(2着)と最先着している馬でもある。少なくとも日本馬で実績最右翼はこの馬にもかかわらず、前売りで18倍前後の6番人気なら妙味十分だろう。


注目馬
サンカルロ


(不死鳥)


【GⅠ特別コラム①】世界最強スプリンターの参戦

【GⅠ特別コラム①】
世界最強スプリンタ-の参戦

 今年のスプリンタ-ズSのポイントはなんといっても“世界最強スプリンタ-”との呼び名が高いロケットマンの参戦だろう。これまで地元シンガポールの他に香港、ドバイに遠征して(国際GⅠ2勝を含め)21戦17勝2着4回と連対率100%の素晴らしい成績を残している。持ち時計的にも1.07.8という優秀な持ち時計があり、日本の高速馬場にも十分対応できるはずである。
 イメージ的にはそれぞれ05'、06'スプリンタ-ズSに参戦し、日本馬を蹴散らしたテイクオ-バ-タ-ゲット(持ち時計=1.07.8)やサイレントウィットネス(参戦時の成績=【17・1・1・0】)と被るものがある。
特にその強さを見せつけたのが、2走前の「クリスフライヤー国際スプリント」。日本でもおなじみのグリーンバーディーやセイクリッドキングダム(香港スプリント覇者)といった国際GⅠを勝っている世界の一流どころが終結したレースだったが、結果はロケットマンの横綱相撲で2着に約5馬身差、グリーンバーディには約6馬身差の圧勝劇だった。
 

 対して日本馬のスプリント路線は世界と比較するとどうだろうか。ここ10年で毎年のように暮れの「香港スプリント」に日本の短距離路線を代表するようなトップホ-スが参戦しているが、以下のようにほとんど良績を残していない。しかもそのほとんどが2ケタ着順で全くといっていいほど歯が立っていないのが現状なのである。

09'ローレルゲレイロ⇒香港スプリント13着
08'ローレルゲレイロ⇒香港スプリント8着
08'トウショウカレッジ⇒香港スプリント9着
06'シーイズトウショウ⇒香港スプリント10着
06'メイショウボーラー⇒香港スプリント競争中止
05'アドマイヤマックス⇒香港スプリント11着
04'サニングデール⇒香港スプリント7着
04'カルストンライトオ⇒香港スプリント14着
02'ビリーヴ⇒香港スプリント12着
01'ダイタクヤマト⇒香港スプリント12着
01'メジロダーリング⇒香港スプリント13着

 日本馬にとって世界の壁は厚い印象があるし、昨年のスプリンタ-ズSはほとんど無名だったウルトラファンタジ-(スプリンタ-ズS制覇以後は4戦連続で最下位)に完敗だから、世界的にみれば日本のスプリント路線はかなり手薄な状況。そこに世界最強スプリンタ-との呼び名が高いロケットマンが参戦するわけだから、常識的に考えたら今回のメンバーならぶっちぎりの大楽勝まであっていい。

よって今回の焦点は『ロケットマンの相手探し』とみたい。

 ロケットマンの相手探しの上で重視したいのが、・・・・・・

GⅠ特別コラム②に続く。

(不死鳥)


Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。