TOP > その他予想・回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【コース分析的予想】マイルCS(G1)

コース分析的予想

マイルチャンピオンシップ(G1)
京都芝(外)1600m

ちょっとやってみたくなったので、筆に任せて書いてみようと思います。
参考までにどうぞ!

◆関連レース分析
ここでは今回のマイルCSに出走する馬のうち、4頭以上が一緒に出走したレースを取り上げ、そのコースと結果から今回につながるかどうかを考えます。

スワンS(G2) 京都(外)1400m
 リディルが先行抜け出しで完勝したこのレースは、淀の坂を存分に利用し、1400mのレースにもかかわらずラスト800mから盛大に加速しています。レースの中で言えば4F目での加速ですが、マイルCSは4F目は淀の坂で最もペースが落ちるか所。そういう意味で今回このレースを好走してしまったことは“本番とのズレ”を証明してしまったことになるかもしれません。

富士S(G3) 東京芝1600m
 年によって違いますが、テンが速くなるとマイルCS向きな流れになるレースです。しかし今年は不良馬場の影響で、中間の緩いとても中距離的な流れになってしまいました。この結果は全く参考にならず、勝ったエイシンアポロンはむしろ本番へのマイナス要素ができてしまいました。

毎日王冠(G2) 東京芝1800m
 記憶に新しい、日本レコードで決着した天皇賞(秋)2着馬ダークシャドウが勝ったレースです。とにかくテンが緩く、究極の上がり勝負なったので今回へのつながりは皆無のように思えますが、ひとつ評価できる点が。それはラスト800mからペースが上がり始めていることです。

安田記念(G1) 東京芝1600m
 東京マイルは直線で力を出し切れるように、ラスト800~600mで息が入ります。ここは京都マイルで言えば淀の下り坂で加速するところ。その点は特に脚をためる必要のある差し馬にとっては大きな違いとなって出てくるでしょう。先行馬はラスト400mから失速し続ける厳しい流れが合わなかった場合にマイルCSで巻き返しが期待できます。今年の安田記念の流れも例年通りで、上記のポイントが使えそうです。

京王杯SC(G2) 東京芝1400m
 このコースはレースの半分近くを最後の直線が占めることから、通常の1400mとは一線を画した、マイル以上の距離的な流れになります。京王杯SCの場合は中間緩むことが少なくなり、その分瞬発力の発揮する場が減ります。まぁこれは上の安田記念でも言えますが。今年はと言うと、例年と少し違いスタートから3F目で息が入りました(通常は4F)。それによってラスト800mからペースが上がる展開になり、京都マイルにかなり近い流れになったんです。このレース、先行して潰れたエーシンフォワード以外はプラス評価したいです。

マイラーズC(G2) 阪神(外)1600m
 シルポートが逃げ勝ったレースです。うまく前半ペースを落とし、自身34.3の脚を使って完勝しました。このレースは息の入る場所がラスト800地点と本番と同じなところが評価できますが、それ以外はむしろマイルCSと逆な流れと言えます。


ダービー卿CT(G3) 阪神(外)1600m
 このレースも上述のマイラーズCとほぼ同じ、流れになりました。むしろさらにテンが遅く息も十分入り瞬発力が活きた流れはマイナスです。


★注目馬
以上を踏まえて、今回のレースへ適性がありそうな馬をピックアップします!

△①フィフスペトル
 京王杯SCを差してメンバー3位の上がりを使うも0.4秒差の6着に甘んじている。その前にはダービー卿CTを先行して切れ負けしている。これらから、切れは足りないということがわかるが、スタートから流れて前半より後半にタイムがかかる展開はめっぽう強い。今回はシルポートがどう逃げるかによって取捨が変わってくるが、侮れない一頭。ただしG1、多頭数、内枠は今まで来れていないので、過度の期待は禁物。

◎③シルポート
 マイラーズCと京王杯SCを勝ちパターンに持ち込んでの好走。今回も得意のペース、つまりテン緩めに入って最後二の脚を使える展開にできれば一発のある存在。京都金杯の再現なるか。例年通りのマイルCSの流れになれば厳しい戦いを強いられるが、展開を作るのはこの馬。テン緩めに入って二の脚を使う余力を残すペースに持ち込めれば頭まである。

△④ライブコンサート
 京都マイルにめっぽう強く、昨年のこのレースもハイペースを好位で進んで5着に健闘。ただ近走は直線の長い競馬場で瞬発力を求められ、また苦手の後方からだったりと力を出せず不甲斐ない結果に。調教も動くようになっているので、すんなり先行できれば一発注意。


○⑧リアルインパクト
 毎日王冠と安田記念・NHKマイルCを好走できたことで、ペースに関係なく力があるところを示せた。右回りに一抹の不安が残るが力上位。


▲⑰リディル
 上述のスワンS勝ち馬で評価を下げたいが、それ以外に京都で多く好走していることから適性ではなく力で押し切ったと捉える。外枠からなのでちゃんとインに持ってこれるかがカギ。


(クリスエス)
スポンサーサイト


【データ分析】函館芝&道悪で狙える種牡馬とは!?

【データ分析】
函館芝&道悪で狙える種牡馬とは!?


 不死鳥です。

 先週は

『ついに函館開幕!!開幕週の函館傾向とは!? 』


と題して、函館開幕週(芝コース)の傾向を探りました。

このデータ分析が(的中に結びついたという意味で)象徴的だったのが先週土曜日の函館4R(芝1200m)。

○逃げ馬
○パワー系種牡馬(ジャングルポケットなど)
○母父トニービン
○真ん中の枠


が狙いと当コラムで指摘したように

1着ハイライトリール⇒母父トニービン
2着ニシノキラボシ⇒父ジャングルポケット
3着ダイキチチョウナン⇒逃げ馬

と当コラムの該当馬が上位を独占。

コラムを読んで参考にして下さった方は3連複2920円の的中は難しくなかったはずです。

函館芝はジャンポケ産駒&母父トニービンに注目!?

 開幕週限定データなので、今このコラムを読んだという人には今週からは使えないじゃん!と思われたかもしれないので、補足すると、開幕週に限らず函館芝コースではジャングルポケット産駒or母父トニービンの馬は好走傾向にあります。
以下は、06'~の函館芝コースにおけるジャングルポケット産駒or母父トニービンの成績。

ジャングルポケット 産駒
【12- 7- 6- 37】
勝率 19.4% 連対率30.6% 複勝率40.3% 単勝回収率230% 複勝回収率145%



母父トニービン
【26- 14- 15-124】
勝率14.5% 連対率22.3% 複勝率30.7% 単勝回収率258% 複勝回収率112% 


 とジャングルポケット産駒or母父トニービンの函館芝での成績は優秀です。
 今週末も函館の芝のレースで該当馬がいれば、データ上は単勝をベタ買いし続ければ プラス収支 になるので、ぜひ狙ってみてください。

 そして、今回注目したいデータは雨予報の今週末にすぐに使える「道悪で買える種牡馬」 です。

 もし、このコラムの読んで下さっている人の中にネオユニヴァースが道悪で買える種牡馬だと思っている人がいるならば、その考えを改めるべきです。というのもネオユニヴァース産駒の道悪時の成績は

ネオユニヴァース
【8・8・6・103】
勝率6.4% 連対率12.8% 複勝率17.6% 単勝回収率26% 複勝回収率36%



 と決して優秀ではないからです。おそらく、ネオユニヴァース自身、さらにネオユニヴァースの代表産駒ロジユニヴァースが道悪のダービーを勝っているイメージから、その産駒も道悪に強いイメージがあるのでしょう。そういったイメージから道悪の時は人気になりやすく、単勝&複勝回収率が低いので、積極的に狙える種牡馬ではないでしょう。こういった世間の認識と実際のデータとのギャップが馬券の妙味になるわけです。では、「道悪で買える種牡馬」とはどの種牡馬なのか。

以下は06'~の重・不良時における芝レ-スの種牡馬別成績ベスト10(50走以上、連対率順)

1.jpg

道悪時はロブロイ産駒に注目!?

なかでも、好成績を残しているのが、ゼンノロブロイ産駒勝率&連対率&複勝率全てNo.1で単勝回収率も450%超と優秀な成績。以前から(最近では目黒記念時に)当ブログで道悪に強い種牡馬として取り上げてきたので、ご存知の方も多いはず。とはいえ、世間的にはまだまだ知られていないので、世間とのギャップをとるという意味でぜひ今後も注目したい。

以下、オペラハウス、ステイゴールド、ホワイトマズルなど、道悪に強いイメージの種牡馬が順当にランクイン。注目したいのはその回収率の高さ。上記の種牡馬は、道悪に強いイメージから道悪時に積極的に買われているだけに、回収率は低くなりがち。それにも関わらず高い回収率をマ-クしているのは、人気馬だけでなく、人気薄の馬も雨の恵みを受けて数多く好走しているからです。

 今週末、予報どおり雨が降り道悪馬場になるようならば、ぜひこれらの道悪に強い種牡馬に注目してみて下さい。



徒然予想

こんにちは、クリスエスです。
今週は勝手ながら各レース注目馬1頭を挙げる形での予想になります。
ならびに買い目も便宜的に複勝1点とさせていただきます。ご了承ください。


阪神6R 3歳500万下 芝(外)2400m

⑤アドマイヤラクティ
初勝利が阪神外回りで、2走前に外枠から終始ロスして末脚を使えず、以外は上がり最速をマークしてきた。中距離でもいつも後ろからのスタートには距離延長もプラス。確実に瞬発力の求められる今回の舞台では上昇が見込める。

買い目
複勝⑤ 500円


阪神7R 4歳上500万下 芝(外)1800m

⑥メジロオードリー
競馬場コース分析・東京競馬場まとめで記したように、東京1400m・1600mは中距離的な流れになるコース。そこを後ろから行って好走しており、血統的にも距離延長はプラス。マイルで先行できていることから行き脚も問題なく、しっかり脚の溜められそうな今回はあっさりも。

買い目
複勝⑥ 500円


(クリスエス)


徒然予想

 こんにちは、クリスエスです。
軸馬なら来るんですけどねぇ~
徒然複勝1点勝負にでもコーナー変更しようかな(笑)

日曜 阪神6R 3歳500万下 芝(外)1800m

-軸-
⑨サイレントソニック
今までマイル以下を使われ、速い上りを繰り出すも勝ちきれないレースが続いている。逃げから追いこみまで脚質には幅があり、今回はうまく好位を取れれば溜めも効いてあっさり勝ちきるなんて姿も浮かぶ。

-ヒモ-
⑤アルマフローラ
メンバー中唯一2400mを経験している本馬。持ち時計はないが、中断前目から確実に良い脚を使えるのが強みで、今回500万下の牝馬限定ならゆるくなりそうな流れも味方に出来る。

⑧ピュアブリーゼ
馬券に絡んだのは決めて勝負の流れ(後傾ラップ)になった時のみで、中山よりも阪神外回りの方が確実に向いている。持ち時計もメンバーでは群を抜いており、圧倒的1人気を裏切った後でも軽視はできない。

⑪クエルクス
デビュー戦、1400mとは思えないスタート3F37.3秒を先行し、しっかり末脚を使って勝ちきる。次走の1200mはあきらかにテンのスピードについて行けず、脚もたまらず力が出せないまま終わった。今回の距離延長で追走が楽になり、本来の末脚も発揮できそう。

⑱コスモバタフライ
マイルでは追いこみ一辺倒だったが、前走の2000mで前に行ったことから、スピードがあることを示した。この馬が追い込むには1600mではどうにも短く、今回の距離延長は明かに歓迎。

⑯ビービーバカラ
常に上がり3位以内を使ってきた本馬だが、中山1600m・東京1400mで差して届かなかったレースぶりは距離延長に好感が持てる。

買い目
ワイド
⑨-⑤⑧⑪⑯⑱
5点×100円




日曜 阪神8R 4歳上1000万下 芝(外)1800m

-軸-
⑱コンカラン
枠、頭数、位置取りに関係なく常に好走してきた優等生。間隔を詰めるよりはゆったり使った方が好調を維持できるタイプなのも心配しなくて済む。1000万下は既にめどの立っているクラスで、今回のメンバーの中では頭一つ抜けている印象。

-ヒモ-
⑧プラージュ
どんな舞台でも上がり3位以内の末脚が使える馬。近3走、1400m→中山→ダートと末脚の活きない舞台に苦杯を飲んだが、ここにきてようやく阪神1800mという的条件に出走できた。陣営も瞬発力を武器にすべきなのは承知の筈なので、今回は期待できる。

⑪ラブフール
決めて勝負向きの馬で、昇給直後のレースは札幌らしい時計のかかる展開に泣かされた。瞬発力だけならメンバー随一で、休み明けを克服すれば大駆けもある。

①カノヤトップレディ
陣営の思惑は、恐らく短いところを使ってスピードを出す訓練をさせ、本来的距離と思われる中距離で決め手を持つこと。前2走で中距離を使い、間隔が開いて臨むこの阪神1800mという条件には陣営の勝負気配がうかがえる。

買い目
馬連・ワイド
⑱-①⑧⑪
6点×100円



(クリスエス)


徒然予想

 こんにちは、クリスエスです。この徒然予想のコーナー、あんま当たってないようで実は…な成績だったりw
でも現在の成績は秘密w もっと長く続けて、それでもみなさんに言えるような成績だったら自慢します! もしそうでないならきっと続いてないでしょう・・・笑


土曜 阪神10R 六甲S 芝(外)1600m


⑥クレバートウショウ
 阪神外回りは3戦2勝2着1回と得意舞台。脚質も逃げにこだわらないので、先行争いを見ながらうまく脚がためられれば好走は期待していい。

⑨フィフスぺトル
 マイルは6戦して掲示板を外したのはG1のマイルCSのみ。近頃は34秒代のスタートになると踏ん張れなくなっているが、今回の舞台なら好走時の上り勝負を好位から抜け出す競馬もしやすく期待が持てる。ただ久々な分割引。

⑰オーシャンエイプス
 元々は切れ味の申し子と言わんばかりに33秒台の末脚を連発していた。去年の冬に復帰し、その切れ脚が健在なことを示したが、今一歩というレースが続いた。2ヶ月弱の休みで中身が備わってきていればメンバー的にも好走はノルマだろう。

⑦スズカサンバ
 ダートを走ってたことがあるくせに、最近では上り勝負の展開でしか好走できなくなってしまった変な馬。タキオン×Kingmamboで切れる脚への可能性は十分で、久ぶりにその力を発揮できる余地のありそうな今回は穴で狙ってみる。

買い目
どの馬も一長一短で上位が混戦模様。ここはボックスで堅く行きたい。
馬連B
⑥⑦⑨⑰
6点×100円




土曜 阪神12R フラワーC 芝(外)1800m

-見解-
 スタートがマイル並みに速くなるのがこのコースの特徴だが、今回は牝馬限定で、さらにダートを使ってきた馬たちが多くそれほど速くならなそう。そうなるとより長い距離的な性格のレース展開になりそうで、そこで重要視したいのは瞬発力・上り勝負への対応である。


-軸-
⑰マイネイサベル
 新潟マイルと東京マイルで好走していることから、実際の距離適性は1800mか2000mと言ったところ。34秒代の切れる脚が持ち味で、今回のメンバーと外ざしの決まりつつある今の馬場なら横綱競馬で押し切れるだろう。


-ヒモ-
②マリアビスティー
 デビュー勝ちして以降1400⇒1600⇒1600⇒中山2000と"タメ"を作る競馬ができずに苦汁をのんできた本馬。前走ようやく長距離に出走できるも今まで短いところ使っていて抑えきれなかった。枠も含め今回の距離短縮でようやくベスト条件と言ったところで、穴がちだが侮れない。

①アフロディーテ
 もう一頭の距離短縮馬。前走ゆっるぅ~い流れを好位につけ、しっかり33秒台の脚を使い勝利。見解通りにレースが運べば力は出し切れる。

⑱サトノフローラ
 昨秋に新潟で新馬勝ちした馬。この馬も自分から動き押し切れる脚を持っている。心配なのは大外枠なことだけだ。

⑦サトノフォワード
 上記2頭と同タイプで、阪神コースで勝っていることからヒモに加えた。

⑪ハブルバブル
 やはり前目から速い上りを使える馬。前走1400mからの距離延長ということと、その1400mで先行で来てしまったことからスピード過多の疑いあり。

買い目
ワイド
⑰-①②⑦⑪⑱
5点×100円


(クリスエス)


Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。