TOP > 今週の注目馬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の大物は? 毎日杯が熱い

今年の牡馬クラシック、全体のレベルは高そうだけど、混戦模様で核となる馬がいない印象です。

馬柱でも、弥生賞で人気したのはヴィクトワールピサではなくてダイワファルコンでした。

ローズキングダムに関しては、皐月までだろうというのがサークル内でも多数の意見。

一口馬主の人を知っているのですが、「体が小さいから、あんまり伸びしろがない」との理由で朝日杯の後に株を売っちゃったらしいです。

その結果がスプリングSでの3着ですから、やっぱり目利きは違いますね。



さぁ、そこで注目なのが今年の毎日杯です。

すっかり大物への登竜門として定着しましたが、今年は例年以上に豪華だと思います。

何といっても、エアグルーヴ産駒のルーラーシップに、2歳戦で最も強烈な印象を残した素質馬リルダヴァルが出走しますからね。

血統とレース内容、そして何よりキャリアが浅いことから、いずれかを世代ナンバー1と期待されている方も多いのでは?

これにアリゼオヒルノダムールに先着しているダノンシャンティネオヴァンドームゲシュタルトに先着したミッキードリーム、タイキの希望の星ザタイキが出てくるわけですから、中山のトライアルレースよりよっぽど面白くなりそうです。

やはり、猛烈な勢いで突っ込んでくる追い込み馬がいないと競馬は面白くありません。

抜くのか抜かせないのか、ゴール前の攻防がないと叫べないじゃないですか(笑)。



で、僕が期待しているのは当然POGで持っているリルダヴァル

これ一口馬主用の写真が公開された時からずっと気になっている馬なんですよね。

小倉の新馬戦で後半4F11秒台という走りを披露すれば、野路菊Sではスローの中、中段から33.2の脚を使って2馬身半差の圧勝。

直線だけのヨーイドンでこの差をつけたわけですから、末脚は世代の中でも頭2つぐらい抜けていると思います。

成長期の骨折で能力ダウンが危惧されていましたが、調教では抜群の動きを披露。

意欲的に本数もこなしているみたいです。

ただ、ちょっと気になる点があって、2歳時は池江郎厩舎には珍しく坂路ばかりで追われていたのですが、帰厩後はDPでのコース追いが中心になってるんですよね。

速い時計が出過ぎるポリトラックは、負荷がかからないので、調整にはなっても普段のトレーニングには向かないという先生もいるみたいです。

実際、美浦のポリトラができた時も、スクリーンヒーローゴスホークケンマツリダゴッホが勝ってポリトラ使えるって話になったけれど、レース前の追い切りで使ったぐらいで馬の能力が伸びるわきゃないですからね。

昨年の阪神JFで美浦の馬がワンツーしましたけど、アパパネの国枝先生は坂路追いメインで、栗東留学で西の坂路も良く使ってらっしゃいますし、アニメイトバイオはずっと南Wで追われていました。

馬の負担を減らすために作られたものですし、元から強い馬や脚下が弱い素質馬の調整には使えても、鍛えて馬を強くするのには不向きなのかもしれません。

どんだけの影響があるかは分かりませんが、やはり変化は気になるものですからね(笑)。

賞金的にも2着以上がないとダービーの出走が困難になってきますから、あっさり勝ってスター誕生といって欲しいところです。

相手は馬というより、キンカメ産駒向きの今の阪神の馬場でしょうか。

ちなみに本来なら皐月賞をアドマイヤプリンス、NHKマイルCをザタイキ、ダービーをリルダヴァルの予定だったんです(笑)。

悩駄りん
スポンサーサイト


期待の注目馬

本日は、東では古馬牝馬による中山牝馬S・西では桜花賞TRフィリーズレビューが行われますが、どちらも人気が割れているように、非常に難解な1戦。

こういうレースは、「うまプロ」出演中のうちの爆穴党(昨日も中京記念万馬券的中しました!!)にまかせておくのが一番。


私が注目するのは、その両レースではなく、阪神10R甲南S

ここには、ニューイチトクやコロナグラフなど出走しており、現級屈指のハイレベルな一戦だが、私が注目するのは、キングスエンブレム

母スカーレットレディの子で、あのヴァーミリアンの弟、ソリタリーキングの兄にあたり、市場で1億円の値がついたほどの馬。

3歳時は、その期待の血統背景からクラシックを目指したが、すみれS(OP)を勝つも若葉S5着、セントライト記念7着とあと一歩届かなかった。

4歳時には一転してダートに矛先を向けると、初戦の上賀茂Sを快勝。

その時負かした相手が、ダイシンオレンジ(平安S2着)らだから、相当ダート適正が高い。

このレースを見て、兄ヴァーミリアンと同じレースで対決する日は近いなぁと自分は思ったが、その矢先、まさかの繋靭帯炎を発症し長期休養...

しかし重傷にもかかわらず、驚異的な回復で無事に戻ってきてこれて、今に至る。


また、父ウォーエンブレムの貴重な産駒としても注目したい。

07'、08'と産駒がおらず、数少ない同産駒(これまでの出走頭数35頭)にはブラックエンブレム(秋華賞)やウォータクティクスがおり、勝ち上がり率は驚異の6割超。

キングスエンブレムにも、優秀なウォーエンブレムの貴重な後継として活躍してほしい。


長々と書いたが、まずは今日の阪神10R甲南Sでの復帰戦に注目してもらいたい。

久々のレースだけに、レース勘を取り戻しているか心配だが、それよりも無事にレースを終えてほしい気持ちで一杯だ。


不死鳥


トライアル注目馬-弥生賞編-

弥生賞

こちらのTRはヴィクトワールピサで一本被りしそうなメンバー構成。

とはいっても、ヴィクトワールピサが馬券圏外に飛ぶことは考えづらい。

過去の当レースの傾向から、優勝馬は1、2番人気(10年で9回、1回も4番人気)が多いが、

過去10年の3着馬の人気は⑦⑦②⑤②⑥⑦⑦④②

一見、それほど荒れていないように見えるが、

ほとんどの年で出走頭数が10頭前後だったことを考えると、ヒモ荒れは顕著。
(去年の3着モエレエキスパートは単勝65.3倍)

 「ヒモ荒れ」 

これがこのレースのポイント。

ましてや今年は、先週に引き続いて不良馬場が予想されるだけに。。。。


現時点で、配当妙味を生みそうな馬は、

①今年も13頭と少頭数でSペースが予想される⇒逃げ・先行馬有利

不良馬場パワー系の血統をもつ。

から

ミッションモード

コスモヘレノス


先週は、中山記念のワンツー等、中山1800~2000の3レースで3連対と

オペラハウス産駒サンドラーズウェルズ系)が活躍したが、先週の1800以上の6レース中5レースで

サンドラーズウェルズ系が必ず馬券に絡んだ。今週も週末は天気が良くなく、不良馬場が予想され

父ガリレオ(サンドラーズウェルズ系)のミッションモード

母父エリシオ(父はサンドラーズウェルズの全弟フェアリーキング)のコスモヘレノスには注目だろう。


(不死鳥)



トライアル注目馬-チューリップ賞編ー

今週は、いよいよ桜花賞TRチューリップ賞、皐月賞TR弥生賞が行われます。

この時期になると、いよいよという気がしてきて、わくわくしてくるのは自分だけではないはず。

、と前置きは置いといて両トライアルにおける、(個人的な)注目馬を挙げていきたいと思います。


チューリップ賞

ラフォルジュルネ

もちろん、アパパネやベストクルーズが春初戦にどんな競馬をするのかにも注目ですが、

より注目すべきは、なんとしてでも3着以内に入って桜花賞の権利を獲りたい1勝馬でしょう。

過去の当レースでも、

09'ルージュバンブー(3着)、08'エアパスカル(1着)、07'レインダンス(3着)、06'アドマイヤキッス(1着)など

1勝馬の活躍は目立ちます。なかでも、注目したいのがラフォルジュルネ

以前、次走注目馬として取り上げた同馬。(記事はこちら)

新馬戦、未勝利戦は出遅れや不利で、本来の力が出せず、迎えた3戦目にして、

(出遅れることなく)終始ハナをキープし、牡馬相手に5馬身差で圧勝。

素質の高さを示すには、十分な内容でしょう。

母はフランスで活躍した良血ですし、父は代表産駒にシーザリオや同じ厩舎の先輩ブエナビスタが

いますから、当然期待してしまいます。

もちろん、距離・坂適正など、未知数な部分も多いですが、同厩舎のタガノエリザベートを

(賞金が足りているため)先週のすみれSに回し、同馬もここ一本に絞ってきたように、

陣営も相当の自信があるのでは。


(不死鳥)


今日の厳選注目馬 ( 1/30 )

穴馬推奨ではなく、軸馬推奨です。



東京6R 未勝利

 ネオサクセス

前走出遅れながら、僅差の4着まで押し上げてきたネオサクセス。

最速の上がりを使った(3着、4着以下を0.9離す)新馬の内容からも

府中の方が間違いなく合う。今度こそ決める。




東京7R 500万下 

ブレイクチャンス

ロンギングスター


ブレイクチャンスは前走、初ダートの未勝利戦で、カロルバンダム(本日、未勝利圧勝)に

4馬身差で快勝。(3着フレンチビスティーには11馬身)

人気のロンギングスターも、新馬で3着フレンチビスティーに12馬身差の競馬なら、互角以上。






京都10R 稲荷特別 

センノカゼ

単騎逃げ可能なセンノカゼ。

ハナ(もしくは2番手)行けた時は(3,2,0,0)と信頼できる。

京都2000も絶好の舞台で、相手弱化のここはまず勝ち負け。


京都11R 北山S

 タマモクリエイト

前走、平安S2着のダイシンオレンジと僅差の競馬をしたタマモクリエイト。

上がりは、逆にダイシンオレンジを0.1秒上回っており、差しが決まりやすく

なっている、今の京都も合う。3走前にコンマ1秒負けたピィラニハイウェイ

もOP入りだから、ここは順当に勝ち負け。


Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。