TOP > コース分析的予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【コース分析的予想】マイルCS(G1)

コース分析的予想

マイルチャンピオンシップ(G1)
京都芝(外)1600m

ちょっとやってみたくなったので、筆に任せて書いてみようと思います。
参考までにどうぞ!

◆関連レース分析
ここでは今回のマイルCSに出走する馬のうち、4頭以上が一緒に出走したレースを取り上げ、そのコースと結果から今回につながるかどうかを考えます。

スワンS(G2) 京都(外)1400m
 リディルが先行抜け出しで完勝したこのレースは、淀の坂を存分に利用し、1400mのレースにもかかわらずラスト800mから盛大に加速しています。レースの中で言えば4F目での加速ですが、マイルCSは4F目は淀の坂で最もペースが落ちるか所。そういう意味で今回このレースを好走してしまったことは“本番とのズレ”を証明してしまったことになるかもしれません。

富士S(G3) 東京芝1600m
 年によって違いますが、テンが速くなるとマイルCS向きな流れになるレースです。しかし今年は不良馬場の影響で、中間の緩いとても中距離的な流れになってしまいました。この結果は全く参考にならず、勝ったエイシンアポロンはむしろ本番へのマイナス要素ができてしまいました。

毎日王冠(G2) 東京芝1800m
 記憶に新しい、日本レコードで決着した天皇賞(秋)2着馬ダークシャドウが勝ったレースです。とにかくテンが緩く、究極の上がり勝負なったので今回へのつながりは皆無のように思えますが、ひとつ評価できる点が。それはラスト800mからペースが上がり始めていることです。

安田記念(G1) 東京芝1600m
 東京マイルは直線で力を出し切れるように、ラスト800~600mで息が入ります。ここは京都マイルで言えば淀の下り坂で加速するところ。その点は特に脚をためる必要のある差し馬にとっては大きな違いとなって出てくるでしょう。先行馬はラスト400mから失速し続ける厳しい流れが合わなかった場合にマイルCSで巻き返しが期待できます。今年の安田記念の流れも例年通りで、上記のポイントが使えそうです。

京王杯SC(G2) 東京芝1400m
 このコースはレースの半分近くを最後の直線が占めることから、通常の1400mとは一線を画した、マイル以上の距離的な流れになります。京王杯SCの場合は中間緩むことが少なくなり、その分瞬発力の発揮する場が減ります。まぁこれは上の安田記念でも言えますが。今年はと言うと、例年と少し違いスタートから3F目で息が入りました(通常は4F)。それによってラスト800mからペースが上がる展開になり、京都マイルにかなり近い流れになったんです。このレース、先行して潰れたエーシンフォワード以外はプラス評価したいです。

マイラーズC(G2) 阪神(外)1600m
 シルポートが逃げ勝ったレースです。うまく前半ペースを落とし、自身34.3の脚を使って完勝しました。このレースは息の入る場所がラスト800地点と本番と同じなところが評価できますが、それ以外はむしろマイルCSと逆な流れと言えます。


ダービー卿CT(G3) 阪神(外)1600m
 このレースも上述のマイラーズCとほぼ同じ、流れになりました。むしろさらにテンが遅く息も十分入り瞬発力が活きた流れはマイナスです。


★注目馬
以上を踏まえて、今回のレースへ適性がありそうな馬をピックアップします!

△①フィフスペトル
 京王杯SCを差してメンバー3位の上がりを使うも0.4秒差の6着に甘んじている。その前にはダービー卿CTを先行して切れ負けしている。これらから、切れは足りないということがわかるが、スタートから流れて前半より後半にタイムがかかる展開はめっぽう強い。今回はシルポートがどう逃げるかによって取捨が変わってくるが、侮れない一頭。ただしG1、多頭数、内枠は今まで来れていないので、過度の期待は禁物。

◎③シルポート
 マイラーズCと京王杯SCを勝ちパターンに持ち込んでの好走。今回も得意のペース、つまりテン緩めに入って最後二の脚を使える展開にできれば一発のある存在。京都金杯の再現なるか。例年通りのマイルCSの流れになれば厳しい戦いを強いられるが、展開を作るのはこの馬。テン緩めに入って二の脚を使う余力を残すペースに持ち込めれば頭まである。

△④ライブコンサート
 京都マイルにめっぽう強く、昨年のこのレースもハイペースを好位で進んで5着に健闘。ただ近走は直線の長い競馬場で瞬発力を求められ、また苦手の後方からだったりと力を出せず不甲斐ない結果に。調教も動くようになっているので、すんなり先行できれば一発注意。


○⑧リアルインパクト
 毎日王冠と安田記念・NHKマイルCを好走できたことで、ペースに関係なく力があるところを示せた。右回りに一抹の不安が残るが力上位。


▲⑰リディル
 上述のスワンS勝ち馬で評価を下げたいが、それ以外に京都で多く好走していることから適性ではなく力で押し切ったと捉える。外枠からなのでちゃんとインに持ってこれるかがカギ。


(クリスエス)
スポンサーサイト


競馬場コース分析的レース予想!!

今週2度目のこんにちは、クリスエスです

今回実験的に始めてみようということでスタートさせました。

話はいたって簡単で、競馬場コース分析でやっているようなラップ分析を用いてレースの予想をしようというものです。



今週は秋GⅠ開幕戦となるスプリンターズS

施行条件は中山芝(外)1200mです。

まずは簡単にスプリンターズS過去5年の傾向をチェック

中山芝(外)1200

青いグラフは競馬場コース分析で分析した中山芝(外)1200mの全クラスの平均化されたラップです。

そして赤いグラフがスプリンターズSの過去5年を平均化したラップ。

※平均化の仕方は競馬場コース分析の「競馬場コース分析とは?」を参照


分析

このグラフから見てとれる最大のポイントは、ズバリラスト2~1Fにかけてです。

よ~く見てみると、ラスト3Fから2Fにかけては0.42秒ラップが落ちているのに対し、

ラスト2Fから1Fにかけては0.35秒と落ち込みが減少しているのです

そしてラスト1Fと言えば、そう中山の急坂があるところです。

つまり、急坂なんかモノともせず駆けあがっている!!

これでは後ろから来る馬はたまりません。

過去5年で4角4番手以内の馬が8連体していることからも、

このレースは先行有利ということが言えるでしょう。


予想

ここからは具体的にレース検討に入ります。

今回分析するデータはこちら。

無題

グラフ

一つは各レースの全体時計、テン3F、上がり3F、上がり3F-テン3Fのそれぞれのタイムと1~3着馬の4角の位置取りです。

そしてもうひとつはそれらのレースのラップとスプリンターズSの平均化されたラップのグラフです。


では各馬の近走の主だった所をみていきましょう。

オーシャンS
本番関連度:A
重馬場で全体時計かかるもテン3Fは良馬場並。
その分最後は垂れて差し馬有利な展開。
今回のスプリンターズSも道悪で行われる確率が高そうで、先行・好位あたりで好走した馬は期待。

高松宮記念
本番関連度:B
「上がり3F-テン3F」が1.6とやや後傾ラップでどちらかと言えば差し馬有利。
結果も好位・差し馬が好走。
着順通りの評価としていいでしょう。
グラフで比べて最もスプリンターズSの平均グラフに近く、若干ラストが下がっている。
高松宮記念で先行して敗れた馬の巻き返しに期待。

CBC賞
本番関連度:D
稍重馬場とはいえ遅すぎるテン3F34.3秒。
ラップ的には先行有利も結果は差し馬ばかり好走。
先行して垂れた馬は軽視。

北九州記念
本番関連度:D
テン3F32.1秒の超ハイペースで差し馬有利に。
時計のかかる馬場になりそうな本番を考えると好走馬は逆に危険。

函館スプリントS
本番関連度:B
前傾ラップ。
しかしグラフを見るとラスト3Fで息が入っており、その分先行馬には楽な流れに。

キーンランドC
本番関連度:C
ややテンが遅く先行有利に。
結果も順当で、差して届かなかった馬を軽視しないようにする程度。

セントウルS
本番関連度:D
完全なスローペースで先行有利に。
しかし結果は差し馬ばかり好走。
これは差し馬が頑張ったというより先行馬が情けなさ過ぎる内容。
このレースで凡走した先行馬は危険か。
逆に好走馬も信頼度は低め。

番外編
京王杯SC テン3F…34.6秒 上がり3F…33.9秒
本番関連度:C
スローペースで完全な先行有利。
差して届かなかった馬は軽視禁物

安田記念 テン3F…33.6秒 上がり3F…35.4秒
1200m並みのテンの速さで、1600mとして完全なハイペース。
差して届かなかった馬は軽視。


注目馬危険馬

①サンダルフォン
セントウルS、CBC賞と周りの差し馬に次いで行けず、また時計勝負の北九州で走ってしまったことからも完全に消し。
③サンカルロ
高松宮、安田と差し馬向きな流れで凡走。本質的に中距離向きで、今回も見送りが得策。
⑤ビービーガルダン
高松宮を先行して粘り、先行有利だった前2走は4角位置から順位を落としておらず評価を下げる必要はなし。よって有力視。
⑧ワンカラット
近2走とも好走しているが流れを味方にした中身のない内容。3走前のCBC賞は不利な展開をよく差してきたが、他の有力馬よりも夏場使っている分、本命にはできない。
⑫ヘッドライナー
前走先行有利な流れで差され、2走前は中身がないので度外視。高松宮で差されて負けるも中山で変わり身が期待できる血統ではない。
⑬マルカフェニックス
前走は千二並みの流れをいつもの千二を走るように中断から追走し差される。前々走はいい脚を見せた。3走前は先行有利な流れ。底を見せていないという言葉がぴったりで、穴を狙うならこの馬か。
⑭キンシャサノキセキ
過去3走とも現スプリントチャンプにふさわしい強い内容。ひとたたきが欲しかったところだが、軽視できるような馬ではない。
⑮ジェイケイセラヴィ
今年に入ってから先行有利な展開しか走ってきていない。ただスプリンターズSは先行有利なので穴候補。
⑯ウエスタンビーナス
バーデンBC、UHB杯ともに高速馬場の先行有利での勝利の為参考外。そこにきて重賞挑戦時はきれに負けているため、今回も消し。





◎⑤ビービーガルダン
○⑭キンシャサノキセキ
▲⑧ワンカラット
△⑬マルカフェニックス
△⑮ジェイケイセラヴィ


とします!



つたない分析、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

まだまだ施行錯誤中で、今後続けていくかどうかも決まっていませんが、

意見、要望等ありましたら気軽に書き込んでください。

最後までありがとうございました


Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。