TOP > 重賞攻略マニュアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セントライト記念攻略マニュアル

セントライト記念攻略マニュアル


今週は東でセントライト記念、西でローズSの両TRレースが行われますが、

TRレースが始まってくるといよいよ秋競馬が始まったなぁと感じますね。

ということで、今週からは『重賞攻略マニュアル』復活です!!

復活第一弾は『セントライト記念』

いつものように過去のデータという観点から重賞を分析していきます!!

【1】先行馬が大活躍

 開幕週だった先週は500万条件の芝1200mで1.07.6をマークしたり、紫苑Sでレコード更新するほどの高速馬場。1当然、前にいく馬が簡単には止まらず、先週の芝のレースの勝ち馬の4角通貨順は①④②④⑩④②①③②③⑦番手だった。2週目でまだ内も荒れていない今週は引き続き前有利の傾向は続くだろう。さらに新潟開催だった02'除く過去10年のセントライト記念の連対馬の4角通過順を調べると、

4角通過順=④②①⑩②③⑭④③②③⑤③①①③⑥③②⑦番手
 
 実に連対馬20頭中16頭は4角5番手以内の先行馬だった。どの馬を連軸にするかどうかを決めるにあたっては前に行けるかどうかを基準したい。


【2】中山コースの実績が重要

 トリッキーなコースと形容されることも多い中山コースだが、そういった特殊なコースが生み出すのが“中山巧者”。中山2200mで行われるセントライト記念も例外ではなく、以下のように中山コースを得意にする巧者が毎年のように連対している。具体的言えば、過去に中山重賞orOP特別で連対している馬中山で3戦以上走っていて一回も4着以下がないような馬たち。特にここ5年は中山巧者が連続して連対しているだけに、今年も中山巧者は見逃せない。

10'1着クォークスター⇒中山【2・2・0・0】
09'1着ナカヤマフェスタ⇒京成杯2着
09'2着セイクリッドバレー⇒ホープフルS3着
08'2着マイネルチャールズ⇒ホープフルS1着
07'2着ゴールデンダリア⇒中山【1・1・1・0】
06'2着トウショウシロッコ⇒京成杯2着
04'1着コスモバルク⇒皐月賞2着
02'1着バランスオブゲーム⇒弥生賞1着
01'1着シンコウカリド⇒スプリングS2着

【該当馬】

ベルシャザール(ホープフルS1着)
フェイトフルウォー(京成杯1着)
サダムパティック(弥生賞1着)


【3】ダービー最先着馬に注目

 3歳馬の頂点決めるのが日本ダービー。ダービーは春の時点における3歳馬の序列を決めるといっても過言ではなく、セントライト記念におけるダービー最先着馬(=春の時点で最も強かった馬)の成績は以下で示したようにかなり優秀。なんと過去10年のうち7年でダービー最先着が馬券に絡んでいるのだ。ちなみに馬券に絡まなかった05'もダービー最先着馬アドマイヤフジが4着、06'もダービー最先着馬フサイチジャンクが6着だから、大崩れはしていない。 唯一大敗したのは昨年のダービー最先着馬ゲシュタルトだが、昨年のダービーは例年と違って超がつくほどのドスローの競馬(ゲシュタルトは先行して雪崩れ込んだだけ)だったので、全くの参考外で度外視していい。という構図になりやすいが、春の実績組の大将格としてダービー最先着馬に注目したい。

09’1着ナカヤマフェスタ⇒ダービー4着(最先着)
08’2着マイネルチャールズ⇒ダービー4着(最先着)
07’2着ゴールデンダリア⇒ダービー6着(最先着)
04’1着コスモバルク⇒ダービー8着(最先着)
03' 3着チャクラ⇒ダービー6着(最先着)
02’1着バランスオブゲーム⇒ダービー7着(最先着)
01’1着シンコウカリド⇒ダービー12着(最先着)

【該当馬】

ベルシャザール(ダービー3着)



【結論】

注目馬 ベルシャザール


 【1】~【3】を踏まえると、セントライト記念の注目馬はベルシャザールだということになる。前述したようにセントライト記念は春の実績組VS夏の上がり馬という図式を当てはめられがちだが、過去10年のうち7年でダービー最先着が馬券に絡んでいるように、春の実績馬が順当に結果を残している重賞である。確かに夏の上がり馬も魅力十分だが、軸にするならダービー最先着のベルシャザールの方だろう。

 決め手があるタイプではないので、東京コースよりは先行力がいきる中山の方が向くし、過去5年の中山2200mにおけるキングカメハメハ産駒の成績は、

キングカメハメハ 【4・ 3・ 3・16】勝率15.4% 連対率26.9% 複勝率38.5%

で同コースで20走以上走っている産駒に限定すると連対率&複勝率はともにトップでもある。

 また、サンプル数は少ないが安藤勝Jも同コースで【3・0・1・5】と乗れているコースなのも心強い。人馬ともにベストの舞台でベルシャザールの初重賞制覇に期待したい。

(不死鳥)
スポンサーサイト


マーメイドS攻略マニュアル

マーメイドS攻略マニュアル

 マーメイドSはハンデ戦になった06'以降、軽量馬の活躍が目立つレース。

    1着=2着=3着
06' 49キロ=51キロ=51キロ
07' 53キロ=54キロ=53キロ
08' 48キロ52キロ=53キロ
09' 53キロ=52キロ=56.5キロ
10' 53キロ=53キロ=53キロ

 さすがにこのデータは多くの人に知られてるようで、前日時点の単勝人気を見ると、ハンデが軽い馬がとにかく売れている。

1番人気アスカトップレディ  53キロ
3番人気イタリアンレッド     53キロ
5番人気ポルカマズルカ      52キロ

 〝妙味がある〟馬を推奨する当コラムとしては、ここはあえてハンデに目をつぶって、別の観点から妙味のある穴馬を探り出したい。

【1】前に行ける馬が有利!?
  
マ

 (京都開催の06'を除く)過去9年のマーメイドSで逃げ馬の成績が【3・3・0・3】(連対率66.6%)と好成績を残しているように、前に行ける馬が好成績を残しているレース。おそらく、先行馬に有利な内回りというコース形態に加えて、今週から阪神の芝コースはA⇒Bコースに替わり、馬場状態も良好で前に行く馬が簡単には止まらないからだろう。土曜の芝のレースも5レース中4レースで逃げ馬or2番手が連対しており、勝ち馬はいずれも道中6番手以内の馬だった。とにかく前に行ける馬に注目したい。

【該当馬】
アスカトップレディ
ポルカマズルカ
セラフィックロンプ
ディアアレトゥーサ


【2】前走準OP以上で好走or小回り重賞の好走歴が必要!?

過去5年の3着以内の15頭中14頭前走で準OP以上のレースで3着以内に好走していた勢いのある馬orこれまでに阪神・京都の内回り、中山、ローカルといった小回りコースで行われた重賞で掲示板以内に好走歴がある馬だった。要するにマーメイドSで好走する馬に共通するパターンは、一昨年に3連勝して臨んだマーメイドSで2着のニシノブルームーンや昨年に3連勝して臨んだマーメイドSで3着のテイエムオーロラに代表されるように勢いのある馬が好走するパターン愛知杯や秋華賞などの小回り重賞で好走していたような小回り適性がある馬が巻き返すパターンということが言える。


10'
1着ブライティアパルス⇒秋華賞4着
2着セラフィックロンプ⇒愛知杯1着
3着テイエムオーロラ⇒前走(準OP)1着

09'
1着コスモプラチナ⇒朝日チャレンジC5着
2着ニシノブルームーン⇒前走(準OP)1着
3着リトルアマポーラ⇒京成杯4着

08'
2着ピースオブラヴ⇒愛知杯4着
3着ソリッドプラチナ⇒愛知杯3着

07'
1着ディアチャンス⇒前走(準OP)1着
2着サンレイジャスパー⇒前年マーメイドS2着
3着ソリッドプラチナ⇒愛知杯3着

06'
1着ソリッドプラチナ⇒前走(OP)2着
2着サンレイジャスパー⇒前走(準OP)3着
3着オリエントチャーム⇒秋華賞4着

【該当馬】
アスカトップレディ(前走・準OP1着)
ブロードストリート(愛知杯2着)
イタリアンレッド(愛知杯4着)
セラフィックロンプ(愛知杯1着)
ディアアレトゥーサ(福島記念2着)
プロヴィナージュ(朝日チャレンジC2着)


【3】SS系種牡馬に注目!?

10’良
1着 ブライティアパルス    父ダイタクリーヴァ   母父ストームバード
2着 セラフィックロンプ    父マンハッタンカフェ   母父ロイヤルスキー 
3着 テイエムオーロラ     父マンハッタンカフェ   母父トニービン 


09' 良
1着 コスモプラチナ      父ステイゴールド   母父グルームダンサー
2着 ニシノブルームーン    父タニノギムレット   母父アルザオ  
3着 リトルアマポーラ     父アグネスタキオン   母父コマンダーインチーフ  

08' 重
1着 トーホウシャイン     父スペシャルウィーク    母父シルヴァーホーク
2着 ピースオブラヴ      父マイネルラヴ       母父ブライアンズタイム
3着 ソリッドプラチナム    父ステイゴールド    母父クリエイター  

07' 良
1着 ディアチャンス      父タイキシャトル       母父マルゼンスキー
2着 サンレイジャスパー    父ミスズシャルダン  母父コジーン
3着 ソリッドプラチナム    父ステイゴールド    母父クリエイター   


   マーメイドSの血統的な大きなポイントとしては、スピードが問われる開幕週だけあって、SS系種牡馬が強いこと。もともと別定戦だった03'~05'には、SS直仔3連勝しているように(04'は1~3着全てSS産駒)、このレースとの相性が良く、穴馬を探すにあたっても重視したいポイントだ。

【該当馬】
アスカトップレディ(父アドマイヤベガ)
ブロードストリート(父アグネスタキオン)
イタリアンレッド(父ネオユニヴァース)
フミノイマージン(父マンハッタンカフェ)
ラフォルジュルネ(父スペシャルウィーク)
セラフィックロンプ(父マンハッタンカフェ)
ディアアレトゥーサ(父トーセンダンス)
モーニングフェイス(父スペシャルウィーク)


 ここまで【1】~【3】全てに共通するのが、


アスカトップレディ
ディアアレトゥーサ
セラフィックロンプ


の3頭。
 
 なかでも注目はこの3頭の中ではもっとも人気がないディアアレトゥーサ だ。一見近3走が④⑧⑩着と不振傾向に思われるが、距離が短すぎたことに加えて、阪神外回り、新潟、東京コースといった決め手が求められるコースでキレ負けした印象。もともと4走前の小回りコースだった福島記念では牡馬相手に2着しているように、小回り2000mは【1・2・0・1】と得意にしている条件。(唯一の4着以下も昨年の秋華賞で、上位を差し馬が占める中で先行して差のない6着に粘っていた。)兄に今回と同じ阪神内回りの宝塚記念を勝ち、 凱旋門賞でも2着したナカヤマフェスタがいる血統背景からも、今回の阪神内回りのような先行して粘り込めそうなコース形態がベストなのは納得である。また、メンバー中3位の1.58.8の持ち時計があるように今の高速馬場にも対応可能。13頭中10番人気と全く人気だけに穴馬としてオイシイ1頭としてPICK UPしたい。

マーメイドS穴馬注目馬
ディアアレトゥーサ

(不死鳥)  


ついに函館開幕!!開幕週の函館傾向とは!?

ついに函館開幕!!
開幕週の函館傾向とは!?


 先週まで続いていた春競馬も終わり、いよいよ今週からは夏競馬が始まる。今年は福島に代わり(震災後では初めて)中山での開催があり、函館、阪神を含めた3場開催で行われる。昨年までなら、福島だけ見るとか阪神だけ馬券を買うという人は函館のようなロ-カル開催の動向は特に気にしなくても良かったが、対象レースに組み込まれるWIN5導入後はローカル開催も無視できないものになっている。そういう意味で、今回は(あまり馴染みがない人も多いかもしれない!?)函館開幕週の傾向を見ていきたい。(※芝コース限定)

【1】逃げ・先行馬が有利

【過去5年・開幕週の函館芝・脚質別成績】
函館開幕週

【過去5年・開幕週の函館芝・4角通過順別成績】
hako10.jpg

 今さら強調するほどではないが、やはり開幕週の馬場では前に行く馬が簡単には止まらない。開幕週の函館芝では、逃げ馬の2頭に1頭は馬券に絡んでおり、馬柱を見渡して明確な逃げ馬がいるならば、その馬の複勝を買い続けるだけで+収支になるのだから、見逃せないデ-タだろう。反対に4角5番手以下の馬の勝率はわずかに1.7%だから、近走の競馬内容から5番手以下から追い込んでくるような馬の単勝を買うのは危険と言え、今週のWIN5も逃げ・先行馬から買うのが鉄則だ

【2】真ん中の枠がやや優勢!?

【過去5年・開幕週の函館芝・枠順別成績】
函館3

 上の表は開幕週の函館芝における枠順別成績だが、4・5枠といった真ん中の枠の成績が優秀であることに気付く。おそらく内枠では揉まれる可能性があるし、外枠ではポジションを取りに行くと外々を回らされるロスがあり、後方に下げると前述のように前が止まらない馬場では差してくるのは難しいからだろう。内外の馬の出方を見ながら競馬できる真ん中の枠の馬に注目したい。

【3】パワータイプの種牡馬が台頭!?

【過去5年・開幕週の函館芝・種牡馬別成績(連対率ベスト5)】
函館5

 【過去5年・開幕週の函館芝・種牡馬別成績】函館6
 
 開幕週の良好な馬場とはいえ、やはり洋芝の函館芝はパワーが求められる傾向にある。実際に、開幕週の函館芝で好走している種牡馬はジャングルポケットオペラハウスなどのパワー色が強い種牡馬がほとんど。

 逆に代表産駒にキレを武器にする産駒が多いアグネスタキオン産駒スペシャルウィーク産駒などのSS系は不振傾向にある。これはキレを武器にする産駒=差し馬が多いので、前述したように差し馬不利な開幕週の馬場傾向が影響しているのかもしれない。なお、SS系同様にヘイルトゥーリーズン系のロベルト系(グラスワンダー、ブライアンズタイム)も不振傾向にある。
開幕週の函館芝ではパワータイプの逃げ・先行馬に注目したい。

【4】母父トニービンが大活躍、母父SSは不振!?

【過去5年・開幕週の函館芝・母父別成績】
函館4

 同様に母父を見てもその傾向ははっきり出ている。なかでも母父トニービンの馬が単勝回収率が驚異の800%超をマークしているように大活躍している。今週末、函館芝の馬柱で母父トニービンの馬を見つけたらぜひチェックすることをお勧めしたい。反対に不振傾向にあるのが、母父サンデーサイレンスの馬。開幕週の函館芝においてはSS系が得意にする決め手は不要で、何度も繰り返すが、開幕週の函館芝に求められるのは洋芝に対応できるパワーと先行力なのだ。


開幕週の函館芝傾向まとめ

・先行力
・洋芝に対応できるパワー種牡馬&母父トニービン
・枠は真ん中が有利


 

(不死鳥)


エプソムカップ攻略マニュアル

エプソムカップ攻略マニュアル

 皐月賞から始まったGⅠ7連戦も終わり、いよいよ今週が春競馬のオ-ラス。そんな春競馬のオ-ラスを飾るのが、〝エプソムカップ〟。では、いつものように過去のデ-タからその傾向を探りたい。


【1】最内枠に注目!?

エプソン枠

 上記は過去10年のエプソムカップの枠順別成績だが、1枠の馬が好成績を残しており、外枠の馬は苦戦を強いられている傾向がはっきりでている。先週の馬場もそろそろ外差し馬場に変貌するのではないかと思われたが、安田記念が象徴するように内が伸びる馬場だった。最終週だからといって外枠に注目する必要性はないようだ。

該当馬(1枠)
スズジュピター
キャプテンベガ



【2】リピーターに注目!?

このレースは古くは、

アメリカンボス(99'1着⇒00'1着)
マイネルアムンゼン(03'1着⇒04'1着)

最近では、

グラスボンバー(06'2着⇒08'3着)
ヒカルオオゾラ(08'2着⇒08'2着)
キャプテンベガ(09'1着⇒10'1着)

 といったようにリピーターの活躍が多いレース。GⅠの谷間にあるのでGⅠ級の馬は出てこない重賞だけに、GⅠでは厳しいがGⅢレベルなら勝負になるという馬が毎年ここを目標に出てくる印象がある。(前年好走馬に不利なハンデ戦でないのも好都合。)今年もここを目標に出走してくるリピーターに注目したい。

該当馬
キャプテンベガ



【3】母父サンデーに注目!?

エプソムカップは東京1800mというコ-ス形態で行われるだけあって、瞬発力が問われるレ-スでもある。実際、過去10年の上がり最速馬の成績は

【3・3・1・3】(連対率60% 複勝率70%)

と優秀で、このレ-スで好走するためには決め手が不可欠なのだ。
血統的にも母父サンデ-サイレンスの馬が、過去10年で

 【3・1・1 ・6】 単勝27.3% 連対率36.4% 複勝率45.5% 単勝回収率185% 複勝回収率101%

と好走しており、鋭い決め手をもつ母父サンデーの馬に注目したい。

該当馬
スズジュピター
エーブチェアマン
ロードキャニオン
レインフォーレスト



【4】グレイソヴリン系にも注目!?

 血統的には母父サンデーに注目と書いたが、さらに注目すべきなのは以下のように5年連続で馬券圏内に好走しているグレイソヴリン系の馬だ。

10'9番人気3着キャプテンベガ⇒母父トニービン
09'1番人気2着ヒカルオオゾラ⇒母父トニービン
09'3番人気3着キャプテンベガ⇒母父トニービン
08'1番人気2着ヒカルオオゾラ⇒母父トニービン
07'2番人気2着ブライトトゥモロー⇒母父トニービン
06'7番人気1着トップガンジョー⇒母父ゴールドフェザント

 グレイソヴリン系の中でも、トニービンの活躍が目立つ。ちなみに過去5年で母父にトニービンをもつ馬は

【0・3・2・3】 (複勝率62.5%  複勝回収率151% )

と出走頭数が少ない割に好走しているので、母父トニービンの馬には特に注意したい。

該当馬
キャプテンベガ



注目馬
キャプテンベガ


  もうお気づきだと思うが、上記の条件にほぼ全てに合致するのがキャプテンベガだ。上記で示したように、当レ-スの最重要血統であるサンデーサイレンス×トニービン(グレイソヴリン系)の配合で、何よりも当レースで2年連続3着にきていることがその高い適性を証明している。当レースで好走傾向にある唯一のリピーターであり、有利な最内枠を引いた今年も期待できる。近走成績からは衰えたと思われるかもしれないが、前走は道中で引っかかってしまったこと、前々走は出遅れとはっきりした敗因がある。もともと3走前の東京新聞杯では勝ち馬スマイルジャック(安田記念3着)と差のない4着に好走。前残りの馬場&展開で上位を先行馬が独占する中で(ダノンヨーヨーも差し損ねて7着)、メンバー中上がり2位の末脚で僅差の4着に追い込んできた好内容を評価したい。さすがに好メンバーが揃った今回はアタマまであるとは言わないが、〝2度あることは3度ある〟、ヒモには入れておきたい1頭だ。

(不死鳥)

【オススメ】

競馬チャンネル⇒http://keiba.cc/

競馬チャンネル

サイト名:競馬チャンネル

サイトの特徴:WIN5の予想やコラムが充実しているポータルサイト

⇒詳細はこちらから







みなさんWIN5の予想ってどこで見てます?

先々週は1億円馬券が出るなど、当てたいですよね。
ただ、5レース連続で1着を当てるのはかなり難しい・・・

そこで、みなさんにおすすめしたいのが「競馬チャンネル」

WIN5の予想や著名人による競馬コラムをはじめ
様々なコンテンツが充実しています。

競馬チャンネルの使い方の例を挙げてみると
・平日⇒先週のレース結果やコラムを読んで回顧と今週の展望
・週末⇒出馬表やオッズを見ながらPATで馬券購入。日曜日はWIN5の予想も無料でGETし馬券購入。
です。

また、週数回メールマガジンが配信されます。

とても使いやすくて便利なサイトなので、

いろいろサイトの中身を見て下さい。




日曜の東京はダート1400m攻略が鍵!?

日曜の東京はダート1400m攻略が鍵!? 


ダービー前日ですし、多くの人が前日検討に入っていることでしょう。

そこで新聞を見た人は気付くはず。

明日の東京競馬場ではダート1400m戦が4レースも組まれているということに。

2R3歳未勝利
5R3歳上500万条件
9R富嶽賞(1000万条件)
12Rつばさ賞(OP特別)

ということで、重・不良馬場を想定して東京ダート1400mをデータから分析していきます。


道悪時は逃げ馬・先行馬が圧倒的に有利な東京1400m

 以下は、過去5年の重・不良時における東京ダート1400mの脚質別成績だが、前に行ける馬の成績が圧倒的に好成績を残している。なかでも逃げ馬の複勝率は49.3%とほぼ5割で、2頭に1頭の逃げ馬が馬券に絡んでいることになる。長い直線がある東京コースとはいえ、脚抜きのいい馬場を活かして逃げ馬がそのスピードで押し切るレースが多いようだ。

【過去5年=重・不良時の東京ダート1400m脚質別成績】
1400m.jpg

重or不良時のダート1400戦は逃げ馬に注目必要がありそうだ。

そこで、日曜の該当4Rから逃げ馬をPICK UPしたい。

東京2R 3歳未勝利

逃げ馬候補

ギンザスクランブル

東京5R 3歳上500万条件

逃げ馬候補

アユミチャン


東京9R富嶽賞(1000万条件)

逃げ馬候補

プロスペラスマム

東京12Rつばさ賞(OP特別)

逃げ馬候補

ピューター

(不死鳥)


【オススメ】

競馬チャンネル⇒http://keiba.cc/

競馬チャンネル

サイト名:競馬チャンネル

サイトの特徴:WIN5の予想やコラムが充実しているポータルサイト

⇒詳細はこちらから






みなさんWIN5の予想ってどこで見てます?

先々週は1億円馬券が出るなど、当てたいですよね。
ただ、5レース連続で1着を当てるのはかなり難しい・・・

そこで、みなさんにおすすめしたいのが「競馬チャンネル」

WIN5の予想や著名人による競馬コラムをはじめ
様々なコンテンツが充実しています。

競馬チャンネルの使い方の例を挙げてみると
・平日⇒先週のレース結果やコラムを読んで回顧と今週の展望
・週末⇒出馬表やオッズを見ながらPATで馬券購入。日曜日はWIN5の予想も無料でGETし馬券購入。
です。

また、週数回メールマガジンが配信されます。

とても使いやすくて便利なサイトなので、
いろいろサイトの中身を見て下さい。


Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。