TOP > 重賞コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【重賞コース分析&予想】朝日杯FS

いつものように施行コースの中山(外)1600mについて見てみましょう。


 2コーナーポケット発走が有名なこのコース。「すぐにコーナーに突入するので内枠が有利」というポイントは周知の事実ですね。

中山競馬場は2コーナーに丘がありそこからスタートするわけですから、スタートから下り坂になります。また向正面を通り3コーナー途中まで続くので、必然的にラップを釣り上げます。

その結果、中山競馬場は全国の1600mコースで最上級に中間が厳しい流れになるんです。これには3コーナーが「コーナー」と言いつつほとんど角度がないことも起因しています。

スパートは4コーナーからで、600mもありません。

朝日杯FSでは例年そこで0.6秒以上も加速しており、“一瞬の脚”が求められるわけです。そしてゴール前の坂でラップが下がり、ゴールです。

これらのことから狙うべきポイントは、一瞬で加速する瞬発力と、前半から速いペースでも最後またいい脚が使える底力を併せ持った馬です。



【注目馬】
③アルフレード
全2走共にスローの逃げ有利な展開を差し切った末脚は強烈で、加速性能はメンバー随一。デビュー戦で勝っている舞台で、内枠が引けた今回は頭までありそう。前傾ラップを経験してないことが唯一の懸念材料。

⑦クラレント
前述のアルフレードと違い、こちらは前傾ラップになった展開で好成績を出しているタイプ。朝日杯は例年前半3Fが後半3Fよりも約1秒速い展開になるのでこの馬には合うはず。

⑧ショウナンラムジ
もう1頭のダンスインザダーク産駒。前走とデビュー戦が明らかにキレ負けで、長い直線への不適合⇒短い直線への適合を臭わせる。特に2戦目の内容が良く、メンバー中最速の持ち時計1:33.4を記録。内容もラスト600m地点で息が入り400mからスパートするという朝日杯FSに合致した展開。目を見張るパフォーマンスがないので人気の盲点になりそうな今回は狙い目。

⑪マコトリヴァーサル
中山のように2コーナー過ぎから下り坂一辺倒になっている小倉で良績を残す本馬。特にメイショウハガクレ、ローレルブレットを子ども扱いしたデビュー戦は圧巻で、ラスト400mではいったん加速する荒業をやってのけた。デイリー杯はコースの途中にある上り坂でリズムを崩し、力が発揮できなかったが、短距離的な流れの中山なら。


(クリスエス)

スポンサーサイト


【重賞コース分析】マイルCS

~重賞コース分析~

マイルチャンピオンシップ(G1)
京都芝(外)1600m


京都芝(外)1600
プチ分析・京都芝(外)1600m

 スタートは向正面左奥、2コーナーの引き込み線からです。
3コーナーまで700m以上ありテンが速くなると思われがちですが、向正面途中は淀の上り坂があります。
よって他の1600mと比べても際立って速くなるということはありません。

 スタートであまりペースが上がらず余力が残り、また3コーナーからは向正面で上った分下り坂になっています。
よって直線が404mしかないコースのマイル戦なのに、テン3Fより上がり3Fの方が速くなりやすいんです。
また最後の直線に上り坂がなく、下り坂からスピードに乗ったまま一気に駆け抜けられます。

 これらのことから、前目の位置取りにつけて長くいい脚を使える馬が向くコースと言えます。
差し馬は前が止まりにくい中を差してこなければいけないので、スピード・瞬発力共にかなりのものが求められます。


分析・マイルCS

 では本題のマイルCSはどうでしょう。

 グラフは過去10年の平均を出したものですが、見ていただければ分かる通り、基本は全クラス平均の流れがそのままハイレベルになった流れと言えます。

 しかし単純に厳しい流れになりました、ハイ終わりというわけにはいきません。
「全クラス平均の流れがそのままハイレベルになった」と言いましたが、実はその要因のほとんどは前半のペースアップに起因しているんです。
つまり全クラス平均では上がり3Fの方が速かったレース展開が、マイルCSではテン3Fの方が0.45秒も速い流れになっているんです。

 ここから言えることは、マイルより短い距離適性、短距離的な流れになっているということです。
もしこのポイントを使って妙味ありきで狙うなら、
  • マイル以上で先行して垂れた馬で、短距離にも対応できるスピードのある馬
  • 1400m以下の舞台で差していい脚を使うも差し切れなかった馬
こういった馬たちでしょう。何より本来の距離より適性が短いことに要注意です。



分析は以上です。
今夜改めてコース分析を使った予想コラムを書いてみるつもりなので、良ければ読んでみてください♪
それではノシ

(クリスエス)


【重賞コース分析】アルゼンチン共和国杯

~重賞コース分析~


アルゼンチン共和国杯(G2) 東京2500m


分析・アルゼンチン共和国杯(G2)
aruzentin.png
 スタートはスタンド前からで、東京の長い直線を存分に使えます。

となればもちろんテンが速くなります。

最初の100mのタイムは無視し、100m~700m地点までのタイムはなんと34.5秒

スピードに乗る過程が省かれているとはいえ、35秒を切るタイムをスタートからすぐに出していることは大きなポイントです。

さらに面白いのが、向正面に向いてからのペースです。

グラフを見てわかるように、道中終始12秒台前半のラップで推移するんです!

先ほどのように100m~1100mの5Fのタイムを見てみると、これまた58.9秒!!

これらの事実から、長距離にもかかわらずスタートからペースが速く息も入りにくい、非常にタフなレースになるということです。



アルゼンチン共和国杯注目馬

⑮コスモラピュタ

この記事を書いている時点で単勝31.5倍の11人気と低評価の馬です。

注目していただきたいのがこの馬の近2走。

rapyuta.png

どちらも2200mのレースながら前半1000mが60秒ほどで来ており、距離に見合わないペースで来ているということです。

この2走を2,1着と好走したコスモラピュタは、アルゼンチン共和国杯の流れにピッタリなはずです。

また昨年の勝ち馬トーセンジョーダンをはじめとして東京2500mコースに強いグレイソヴリン系のトニービンを母父に持っていることも心強いです。

人気のまま楽に逃げさせてもらえば、低評価を覆す大激走を見せてくれるはずです!

是非下位目に入れてみてください☆


(クリスエス)


重賞コース分析・オールカマー(G2)

~重賞コース分析~


産経賞オールカマー(G2) 中山(外)2200m


オールカマー

分析・全クラス平均

こちらは先日アップした『競馬場コース分析・2200mまとめ』をご参照ください。






分析・オールカマー(G2)

 テン3Fは全クラスとほとんど同じです。

そこから全クラス平均はペースを抑えておさえて進むのですが、オールカマーは隙あらばペースを上げようとします。

そのため角度の緩い2コーナーの前半部分や、向正面に向いた時はもちろん、3コーナーも角度が緩いのでペースが上がります。

中山は直線が短く、4コーナーの角度が急なので追い込み馬が不利になるという性格を持っています。

重賞で前の馬に好きにやらせたら、相手も重賞に出て来るような馬なわけで、それこそディープインパクト級の末脚が必要になります。

そんな馬は普通いないので、手遅れになる前に先行集団との差を詰めようとするんですね。

それが絶えずラップが上がり続ける理由です。


 だからと言ってスタミナが求められるかというと、実はそうじゃないです。

ここが中山芝(外)2200mで行われるオールカマーの特殊なところで、

・スタート3Fが全クラス平均と同じレベル
・道中下り坂でスタミナが温存される

これらのことから、ペースが緩まなくても最後までバテずに走り切れるんです。


 つまりスタートは遅く、あまり息の入りにくいだらだらとペースが上がり続ける展開になりやすいんです。

そして惰性でそのままゴールまで行けてしまう。

前が止まりにくく道中しっかり脚をタメることが難しいと言うことは、すなわち先行馬有利です

。またこのような流れは、中山(内)1800・2000m、阪神(内)2000・2200m、札幌1800mにつながりがあります。


 さて本来ならここでいつも終了のはずなんですが、今回実はほぼ同じ記事をUMAJIN.netのコラム王国に描かせていただきました。

そちらのコラムでは注目馬もピックアップしたので、転載ではありますがこっちにも載せようと思います♪

UMAJIN.netのコラムはこちら
『【競馬学概論】コース適性から導き出したオールカマーの注目馬』


 以上のことを踏まえてオールカマー今年のオールカマーの注目馬は・・・


☆マイネルラクリマ
スローからじりじり脚を使い、スピードを落とさずゴールまで粘り切るのが得意な馬。前走のラジオNIKKEI賞はまさに持ち味を発揮したレースで、中山1800mとこのレースにつながりのあるコースで結果を出した。東京で切れ味を求められ惜敗する姿は中山向きの適性の現れでしょう。

☆マコトギャラクシー
素人目から見ても明らかに中山大好きな馬。ダートを使われていたことからも分かるように、切れではなく持続力で勝負するタイプ。各上挑戦ではあるが、アーネストリー以外はドングリの背比べなので、軽視すると痛い目見るかも。




今週は以上です!

時間の都合上通常のコース分析が掲載できませんでした、すいません。

来週はG1スプリンターズSを大解剖!

乞うご期待☆

(クリスエス)


重賞コース分析・京成杯AH(G3)

~重賞コース分析~

京成杯オータムハンデ(G3)



中山芝(外)1600
分析・全クラス平均

 2コーナーポケット発走が有名なこのコース。

「すぐにコーナーに突入するので外枠が有利」というイメージがありますが、実は2コーナーはスパイラルカーブになっており、入り始めの部分はほとんど角度がありません。

要は、スタートから350mくらいしないとまともな「コーナー」にならないんです。

まぁもちろん1600mの中では図抜けて短くはありますが。


 さて中山競馬場は2コーナーに丘があり、そこからスタートするわけですから、当然途中から下り坂になります。

向正面を通り3コーナー途中まで続く下り坂は必然的にラップを釣り上げます。

その結果、中山は1600mコースで最上級に中間が厳しい流れになるコースなんです。

これには、3コーナーは「コーナー」と言いつつほとんど角度がないことも起因しています。


 スパートはラスト600m。その内の半分近くをコーナーが占めるので、加速は+0.35秒と小さめです。

さらにスタートから下り坂で楽にラップが上がり、スパートは逆にコーナーで思うように加速できない為に力を持て余し気味になります。

その結果、“あの”中山の急坂にも関わらず、ラストの失速がわずか-0.33秒なんです。

スタミナが要らない!


 分かりやすいポイントとしては、まず距離延長組は単純に向くでしょう。

また流れ的に脚をためられない差し馬はマイナスに、その分先行馬にはプラスに働きます。



分析・京成杯AH

 そこで京成杯AHの分析です。

グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、明かに1600mのラップではありません

スタート2F目で最速ラップを刻み、その後は失速に堪えるのみという流れはさながら1200mのそれです。

1000m通過:0:57.16
1200m通過:1:08.76

速いっ!w まぁ開幕週ってのもありますからねw

他のマイルレースで使う瞬発力なんてものは一切必要ありません。

下り坂とスピード能力で乗り切る展開はスタミナもほとんど問われず、とにかくいかにペースを保っていけるかの持続力が問われるレースです。

それを端的に示すのは近年馬券になった馬たちの血統で、日本のスピード競馬に対応したダート血統が多く見られます。


***京成杯オータムハンデ(G3)***
まとめると、前に行けるスピードとそれを保つ持続力がポイントになります。
それを兼ね備えている馬は、大概ダート血統を持って1600m以下を主戦場にしていることが多いはずです。




今週は以上です。

セントウルSを期待していた方、ごめんなさい><

筆者は大の中山好きでして、何かと中山の重賞を分析することが多くなってしまうかもしれませんがご勘弁を。。

てか今週の分析は全クラス平均の分析の方が多いですねw

タイトルも重賞コース分析じゃなくて競馬場コース分析に変えた方がいいかな?w

来週はもちろんセントライト記念(G2)を分析します!w

それではまた来週!

(クリスエス)


Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。