TOP > コース分析(ダート)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【競馬場コース分析】中山D2400m

 せっかく休みに入ってやる気が出てきたので一気に中山ダートの残り、2400mも分析しちゃいます!

年始から早速成田特別などで使われるコースなので参考にしてみてください。

また、ダートコースは内・外回りがなく距離のバリエーションも少ないので、なんと中山のダートコースはこれですべて分析完了です!

それではさっそく分析行ってみましょう。

※この2400mという距離は施行数が少なく、2010・2011年で計9Rしかサンプルを取れませんでした。
またどのレースも全て500万下か1000万下のレースです。
この2点を先に記した上で分析に入りたいと思います。


中山D2400
分析・全クラス平均

 スタートは向正面の中ほどからで、200mほど走るとコーナーに入ります。

すぐコーナーに入ること、馬場を1周半すること、ダートであること

これらの要因が重なって、テン3Fの最も速いラップでも12.22秒、テン3F38.30秒という非常に緩いスタートになります。(前回同様にテンが緩いと解説した1800mでさえ最速11.76秒、テン3F37.43秒)


 スタンド前に来ると、芝コースの時と同様に馬が勝手にスパートを意識しペースが上がります。

直線の途中から上り坂になり、また1コーナーに入る過程で一気にペースが落ちます。

1・2コーナー中間地点、丘の頂上で最もラップが落ち込み、息が入っていることがわかります。

2コーナーを回っているうちはペースは変わりません。


 そして次がかなり特徴的なポイントです。

向正面(直線)に向き、下り坂も始まるラスト1000m地点から一気に加速するんです。

その値はなんと平均で1.2秒オーバー!

いくら下り坂を利用しているとはいえ、芝コースですらレース後半でここまで加速するのは“あの新潟外回りコースのみ”です。

そこからは上がったラップを維持。

上がり3Fは37.77秒と前半より速くなるんです。

最後は上り坂で0.57秒減速してゴールです。


 長くなりましたが、これが中山D2400mの一般的な流れです。

2400mという長丁場への距離適性はもちろんですが、距離以上にスピードが求められるということです。

ただ単に他場での距離実績があるだけでは通用しないでしょう。

またその距離とスピードのミスマッチから、リピーターが強いコースとも言えます。


(クリスエス)
スポンサーサイト


【競馬場コース分析】中山D1800m

 ようやく冬休みになって記事を書く余裕ができました!

お久しぶりです、クリスエスですm(_ _)m

さっそく分析に行ってみましょう!

中山D1800
分析・全クラス平均

 スタートはスタンド前からで、直線を目一杯使った位置からの発走です。

中山は直線半ばが最も低く、そこから1コーナーいっぱいまで上り一辺倒になっています。

なのでスタートしてからダッシュがしにくく、テンが緩くなりやすいのが特徴です。

その後も2コーナーで減速し続けながら進み息が入ります。


 そして向正面に向くと、今まで登った分下り坂になっており、そこで加速します。

その後は緩やかな下り坂とコーナーが相まって、同じような速度を持続して直線に向きます。

最後に上り坂を登りきったところでゴール。


 これが中山ダート1800mの一連の流れです。

中盤のペースまでもが緩むと、最後の400mから改めて加速、スパートする場合がありますが、求められる能力に大差ありません。

全体的にペース変化が少なく、残り1000mから同じスピードを持続する力が求められます。

阪神D1800mとは必要なスピードや息の入るポイント、ラスト1Fで求められるスタミナも違います。


(クリスエス)


競馬場&重賞コース分析・阪神D1800m

 どうもクリスエスです。JCはブエナビスタとジャガーメイルを軸に据えながら、秋天の反動と大外枠を嫌ってトーセンジョーダンを外し大誤爆しました。今週もめげずに行きます!競馬場コース分析ダート編!!.....(´_`。)グスン


阪神D1800m分析・全クラス平均
 スタンド前からのスタートで、ここで思いっきり加速します。何しろ芝コースの1800mの2F目の平均ラップが11.29秒ですから、ダートで平均11.23秒加速するのは芝に例えればそれ以上にエネルギーを使っていることになります。まだ分析コースが少なく私も確かなことは言えませんが、これがダート競馬ならではの「テンで出せるだけスピードを出す」ってやつなんですかね。

 さてそんな猛加速も、ローカル以上にコーナー半径の小さい阪神の1・2コーナーに入るとパタッと止みます。2秒以上も減速してますから、まるで急停止ですね。そこで一旦息を入れたら、向正面を向くと同時にペースを上げます。途中から下り坂になっており、また3・4コーナーはコーナー半径が大きいことも手伝ってずっとダラダラ加速しっぱなしになります。

 スパートと言えるような部分はほとんどありまえんが、強いて言うならば下り坂が終わる4コーナー入口からです。スタートの急加速・停止と向正面からのノンストップの加速で、一杯いっぱいになっています。そこにさらにゴール前の上り坂があるので、めちゃくちゃスタミナがいるわけです。

ポイント
テンの加速に着いて行けるスピード
長く加速し続け最後の坂にも耐えるスタミナ




分析・JCダート
 こちらもやはりスタートからかなりの猛加速で行く点は同じです。しかしやはりG1、2コーナーで息が入る程度が低いんです。さらに向正面で再び急加速。さすがに3コーナーに入ると再び減速し息を入れますが、4コーナーから再び加速して最後の急坂をなんとか上ってゴールです。

 このレース最大の特徴は、レース中2回も息が入るめまぐるしいペース変化です。これにより大量のスタミナが消費され、先行馬には非常に厳しい流れになります。これまで馬券になった先行馬(道中4番手以内を追走)はトランセンドとエスポワールシチー、カネヒキリのみという事実を見れば良くわかりますね。どれも近年のダート界を代表する名馬中の名馬です。

 稍重で行われた去年は8番手と6番手からそれぞれ差してきたグロリアスノアとアドマイヤスバルが中断好位から馬券になっていますが、良馬場だった09年と08年はどちらも道中二けた番の位置取りから追い込んできた馬たちです。

ポイント
中途半端な先行馬は全消し!!



(クリスエス)



Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。