TOP > スポンサー広告 > 仁川S展望TOP > メイン展望&回顧 > 仁川S展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仁川S展望

仁川S

◎シビルウォー


脚抜きのいい馬場は、逃げ・先行馬が有利なように思われるが、

直線(ラスト1F)に坂がある阪神ではむしろ、脚抜きが良いためにペースが速くなる

⇒(坂でHペースで飛ばした先行馬がバテるので)差し馬歓迎の流れになりがち。

実際、先週の阪神ダート(重)では、13レース中11レースで

2頭以上差し馬が馬券に絡んでおり、残り2レースも1頭ずつは差し馬が絡んだ。
(逃げ切った馬はいない。また、行った行ったで決まったレースはなかった。)

血統的には、当然ミスプロ系が中心だが、先週は、ダート1800でやたらと、

サンドラーズウェルズ系(ガリレオ、オペラハウス等)が台頭したことには注意したい。

これらを踏まえて、出馬表を眺めると◎シビルウォー母父サンドラーズウェルズ)が浮かび上がる。

これまで、ダート11戦中9戦で上がり最速をマーク(残り2戦も上がり2位)しており、

差しが決まりやすい今の阪神の馬場なら、まとめて差し切る可能性が高い。

また、中央のOPクラスでダート2000m以上の距離のレースは限られており、

この距離を得意とするシビルウォーは、当然ここでの勝負度が高いはずだ。
(わざわざ、初の関西遠征をしている点に注目。)

相手筆頭は、同じく関東から遠征してきたマイディアサン。2走前は大幅な輸送減りで

ピィラニハイウェイに先着を許しているが、中間に短期放牧に出した今回はおそらく大丈夫。

ダートで(2,1,0,0)と手の合う鞍上も心強い。

以下、休み明けでも本調子なら逆転まであり得るボランタス、ネイキッド、

ピイラニハイウェイ、ナムラハンター、インバルコ
の順。

(不死鳥)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。