TOP > スポンサー広告 > 競馬能力分析~競走馬のスピードとスタミナ~TOP > 能力分析 > 競馬能力分析~競走馬のスピードとスタミナ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬能力分析~競走馬のスピードとスタミナ~

どうも、クリスエスです。
今日から、不定期ですが競走馬の様々な能力について考察していきたいと思います。
みなさんが今まであいまいだったポイントや、すでに持っている競馬観のスパイスになれば、と思い始めました。
必ずしも馬券に役立つ情報ではないので、悪しからず(笑)
どうぞよろしくお願いします。


第1回目の今回のテーマは、ズバリ競走馬のスピードとスタミナ」

まず競走馬の大前提として、

「レース中の運動は、無酸素運動よりも有酸素運動が占める割合の方が高い」

というポイントがあります。

これはいかなる距離のレースにおいても言えることで、

1000mでさえ無酸素、有酸素運動の割合は 4:6 、

3200mのレースともなれば、その割合は 1:9 。

競馬の1000~3600mのレースは、人間で言えば400~1500m走なのです。

すると、有酸素運動で走れるスピードが速ければ速いほど、レースを楽に進めることができることになります。

つまり、競走馬のスタミナ=有酸素運動で出せる最大速度なのです。

そして、そのスタミナは遅筋と呼ばれる筋肉の量に左右されます。

よくダンスインザダーク産駆は菊花賞に向くと言われますが、もしかするとダンスインザダークは遺伝的に高い遅筋の能力を伝えるのかもしれませんね。


ここでひとつ、注意しておきたいのが、スタミナと距離適性は直結しないということです。

結論から言うと、距離適性=気性です。

詳しくは 競馬能力分析~様々な適性~ の回で話すと思います。



次にスピードですが、一口に「スピード」と言っても様々な「スピード」があります。

まずは先述した「有酸素運動時に出せる速度」の意味でのスピード。これはスピードと言うよりスタミナに置き換えた方が分かりやすかったですね。

そして全力疾走した時に出せるスピード、すなわち「無酸素運動時に出せる速度」。主にこれを一般的にはスピードと呼んでいると思います。

これを左右する因子としては、速筋が生み出すパワーの大きさ(筋力)、それをスムーズに前進する力に変える骨格とフォームです。

最後に「ダートや荒れ馬場を走る時に出せる速度」の意味でのスピード

これは「走りやすい地面をいかに無駄なく走れるか」でスピードの決まる芝とは違い、「走りにくい地面の上をいかにスピードを殺さずに走れるか」が大事になってきます。

それには走り方や、走りにくさに負けないパワーの側面が大きく関わってくるので、スタミナと同じようにスピードと捉えない方が分かりやすいかもしれません。

このように、「スピード」にも色々ありますが、純粋に出せる速度が大事になるのは「無酸素運動時に出せる速度」の意味でのスピードと言ってよさそうです。



まとめると、

スタミナ・・・有酸素運動で出せる最大速度による
スピード・・・無酸素運動で出せる最大速度による


ということになります。



第1回~競走馬のスピードとスタミナ~、どうだったでしょうか?

分かりにくかったらすいません;;

質問、意見は大歓迎です♪

次回は 競馬能力分析~切れ味①~ をお送りしようと思います。

ではまた次回


(クリスエス)


コメントの投稿

馬総研

馬総研のデータとか引っ張り出してくると面白いかもね。

サラブレッドにおける速筋と遅筋の組成比は対して変わらないようです。
良くマイラータイプの筋骨隆々とした馬を速筋型、細身のステイヤータイプを遅筋型と言う人がいるけど、サラブレッドは筋肉組成比から見ると皆、短距離馬。
これは藤澤和雄先生が基本はマイラーというのと一致してます。

実際に馬を扱っていて思うのは、体が大きい馬ほどボス風を吹かせて先頭に立ちたがるということ。
距離適性=気性という話があったけれど、この辺りが大きいのではないかな。
逆に細身の馬はあんまりそういうところで主張しない。
ただ、中には小さいのに大きく見せようとする馬もいて、そういうのがディープインパクトみたいなタイプになるんじゃないかな。
あれは馬が走りたくて仕方がないタイプで、武が前の馬と離して乗っていたのは、余裕とか能力差とかじゃなくて、ああいう競馬しないと折り合いつかなくて距離が持たなかったからだろうね。
普通は5Fスパートなんて息が持たないけれど、あの馬は規格外だからああいうレースができたんだろうね。

馬総研発行の本「競走馬の科学」は愛読書ですよ♪
でもそれによると、サラブレッドの筋組成は速筋が72~92%で、だから人間での短距離走者に近いとされてるって書いてますね。
ディープは武からすると、瞬発力がどうとか末脚がどうとかじゃなくて、単純に「足が速い」から強いらしいですw
実際はストライドが他の馬より大きいのにピッチも最速だとか、心肺能力が異常に高いとか、科学的にもそれなりに色々強さは証明されてるみたいですよ^^
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。