TOP > スポンサー広告 > 日経賞・毎日杯展望TOP > メイン展望&回顧 > 日経賞・毎日杯展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経賞・毎日杯展望

日経賞(GⅡ)

◎ナムラクレセント

重馬場が予想される中山の芝コース。

それだけに過去の傾向はあまりアテにならない。

求められるのは、重馬場適性+いかにうまく立ち回れるかだろう。

特に、6つのコーナーを回るこの距離では、先行して内々を回って

これる馬が有利。(重馬場の時こそコースロスなく回るのが重要。)

おそらく行くであろうロジユニヴァースが大外枠。

それなら、◎ナムラクレセントが先手をとれる。

この馬は自在性があり、外回りでは後方から、内回りやスローなレース

では前で競馬できるのが強み。

父ヤマニンセラフィムの産駒は、ヤマニントップギア(12R出走)などダート馬が

多く(芝で勝ち上がったのはナムラクレセント1頭だけ)、自身も阪神大賞典

やアンドロメタSで重馬場を克服済みだから、重馬場は心配ない。

菊花賞3着馬に距離不安もない。賞金的にGⅠ出走が厳しいだけに、

メンバー手薄かつGⅡで賞金が高いこのレースを勝ちに意欲の東上とみる。

相手はトリビュートソングが不気味。叔母ダイナアクトレス×父グラスワンダー

配合は、まさにスクリーンヒーローと同じ。母父サンデーサイレンスのスクリーンヒーローは道悪

をあまり得意としなかったが、母父トニービンのトリュビュートソングなら道悪も

こなせる。また、ダイナアクトレスの牝系は、スクリーンヒーロー、アブソリュート、

ベストロケーションに代表されるように古馬になってから本格化する馬が多い。

トリュビュートソングもおそらく同じタイプで、ひと秋で条件馬→GⅠ馬へと

一気に上りつめたスクリーンヒーローと重なる。前走の勝ちっぷりから、時計の

かかる馬場なら、いきなり通用してもいい。

以下、▲に前走勝ち時計・ラップともに優秀なネヴァブション

連下にエアシェイディ、マイネルキッツ、トーセンクラウン、ロジユニヴァースを抑える。

あとは3連系のヒモに内枠+展開が向きそうなエアジパングを加えたい。


毎日杯(GⅢ)

◎ルーラーシップ

上がり勝負では負けられない◎ルーラーシップが勝ってクラシックへ。

前走は稍重馬場+直線での不利にもかかわらず、34.2の上がりを使った

ように瞬発力勝負なら、このメンバー相手でも通用する。

今開催の阪神1600~1800で12頭も馬券に絡んだキンカメ産駒なら

適性十分。当レースで活躍傾向にあるアグネスタキオン産駒のザタイキ

リルダヴァル(野路菊Sで驚異の上がり33.2秒)が逆転候補。

①④⑦⑨⑩へ


(不死鳥)

クリックよろしくお願いします



大学生ランキング 8位浮上!!
競馬ランキングも68位にランクイン!!



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。