TOP > スポンサー広告 > ニュージーランドT展望TOP > メイン展望&回顧 > ニュージーランドT展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュージーランドT展望

ニュージーランドT

◎ダイワバーバリアン

先週から中山の芝コースはBコースになり、先週は先行・内枠の馬の台頭

が目立ったが、今週も少なくとも土曜日は同じ傾向が続くと見る。

ただ、今回は前半34.0秒前後のハイラップで逃げるであろうツルマルジュピター

いるため、狙いは好位のインで競馬できる馬としたい。

ニシノメイゲツマイネルマルシエもいるが、これらの馬が単勝10倍前後で穴人気

していることを考えれば、これまでの実績にもかかわらず、5倍前後

のオッズなら◎ダイワバーバリアンは妙味。

Hペースだった朝日杯は4、5番手追走ながら、最後の直線でバテずに、

粘るキングレオポルドらを差し、しっかり伸びていた。
(ゴール前のストライドは、バテていなかった。)

前走の弥生賞も、外枠+出負けで外々を終始回らされ(4コーナーでも

5、6頭分ぐらい外を回った)、直線で伸びを欠いて4着。内枠なら、

皐月賞への出走権がとれていたという内容。


兄のストロングガルーダ(ダンスインザダーク)に代表されるように、母系からは

マイル前後~以下で実績を残す馬の活躍を目立つ。

ここ2走は、1800、2000と使われているが、この馬もマイル前後が

ベストと考えられ、今回の距離短縮はプラス。

そして、目標のNHKマイル出走には賞金的に安泰ではなく、ここで

出走権をとらなければならない立場だから、ここでの勝負気配は高い。

相手は、上記のニシノメイゲツマイネルマルシエに、

単騎逃げのツルマルジュピターキングレオポルド

印の薄いところではインプレスウィナーレトは買いたい。

特に、インプレスウィナーの前走はハイレベル。2着馬はアーリントンC4着

・マーガレットS(OP)勝ちのシゲルモトナリで、セレスロンディ(シンザン記念3着)、

トシギャングスター(フアルコンS2着)らも出走していた。

人気のサンライズプリンスコスモセンサーは外枠で大きく割り引いて抑えまで。


(不死鳥)


↓↓宜しければクリックお願いします。



↑↑当ブログが大学生ランキングでトップ3入り!!




コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。