TOP > スポンサー広告 > ネオユニヴァースはSSの最高傑作TOP > 雑感 > ネオユニヴァースはSSの最高傑作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネオユニヴァースはSSの最高傑作

「ネオユニヴァースはSSの最高傑作」

そう仰ったのは、生産者の吉田照哉さんでした。

クラブの会報か何かに書いてらしたんじゃないかと記憶していますが、それを読んだ時は何を冗談言っているんだと思ったものです。

ディープインパクトこそ出ていませんでしたが、当時の段階でもサイレンススズカやアグネスタキオン、フジキセキ、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェなど数えればキリがないほどの活躍馬が出ていましたからね。

確かに2冠馬ではあるけれど、怪物的なパフォーマンスもないし、同期はイマイチくん多数の世代。

秋以降は連敗もあって、ファンからはエアシャカールのような扱われ方をしていたように思います。

つまり、実績の割にそんなに強くないんじゃないっていう。

超がつく名伯楽ですけど、瀬戸口厩舎というのもSSという超エリートを感じさせない雑草性・地味さを強調させていたんじゃないかな。



それが種牡馬入りしたら、初年度から皐月賞・ダービーを連勝。

2年目も勢い衰えず、ヴィクトワールピサで皐月賞2連覇を果たしました。

しかも、それが繁殖牝馬に相対的に恵まれない中で出した成績ですから、プロ中のプロの眼力は凄いなぁと思う次第です。

ネオユニヴァースの種付け繁殖牝馬の変化や活躍馬が社台系に偏ってることについてはいつか触れてみたいですね。

(悩駄りん)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。