TOP > スポンサー広告 > 次走注目馬 (4/17,18)TOP > 次走注目馬 > 次走注目馬 (4/17,18)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次走注目馬 (4/17,18)

次走注目馬


4/17 (土) 中山 11R 総武S 3着

シーダーラック

現級勝ち上がりも時間の問題!? 

 中山ダ1800ではなかなかお目にかかれない1.50.0という時計が示すように、土曜日の馬場は脚抜きのいい不良馬場。前が止まらない高速馬場で、1,2番手にいたコロナグラフ、ストロングバサラの行った、行ったの競馬になったが、そんななか、追い込んできて3番手にいたパワーストラグル(断然1番人気)らを交わして、3着にきたシーダーラックは評価できる。定量戦+馬場・展開不向きで、このレース内容なら現級勝ち上がりはそう遠くないと感じさせた。

しかも、前々走は非常にハイレベルな金蹄Sで4着。

金蹄S

2着馬アルトップラン⇒次走準OP3馬身差圧勝。
3着馬トーホウアタック⇒次走準OP(コロナグラフ相手に)快勝。
5着馬ナニハトモアレ⇒次走準OP3馬身半差圧勝、マーチS(GⅢ)2着

 現級で連対歴のあるオメガファルコン(12着)やシグナリオ(13着)が着外になるほどだから、このクラスでは最上級のレースだった。今回は前が止まらない高速馬場に泣かされた形だが、金蹄Sでシーダーラックの前後の着順の馬が、すでに圧勝してOP入りしているように、この馬もOP入りするのは時間の問題だろう。


以下、その他の特別戦からの次走注目馬

4/17 中山10R 山藤賞 6着 ラストノート

 今回の敗因は大きな出遅れに尽きる。それでも、最後はコンマ2秒差まで差を詰めてきているように、このクラスでも通用する能力は持っている。次走はスムーズなら、あっさりまで。

4/18 中山9R 鹿野山特別 1着  トウショウデザート

 これまで追い込み一手の競馬だったが、今回は一転して先行策で快勝。自在性を身に付けたあたりに成長を感じさせ、展開に左右されたこれまでとは違い、安定した成績が期待できる。これまで戦ってきた相手(メイショウベルーガ、セイクリッドバレーら)を考えれば、昇級しても即通用可能。


(不死鳥)


↓↓宜しければクリックお願いします。





コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。