TOP > スポンサー広告 > フローラS回顧 ~フローラS組はオークスで好走できるのか~TOP > メイン展望&回顧 > フローラS回顧 ~フローラS組はオークスで好走できるのか~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フローラS回顧 ~フローラS組はオークスで好走できるのか~

フローラS


今年のレース内容は??

 アグネスワルツが逃げた流れは、前半5F-60.6(後半5F-59.6)とやや落ち着いた平均的な流れ。例年、60.5~61.5秒の通過ラップがデフォルトで60秒を切ることがないレース。今年も例年並みの流れだったと考えていい。勝ったサンテミリオンは、不利な外枠を問題とせず、前回とは違いあっさりとアグネスワルツの直後につける競馬ができ、直線ではラスト1F地点でブルーミングアレーを競り落とし、ラスト100mで逃げ粘るアグネスワルツをかわした。レースレコードの勝ち時計2.00.2は、上記のように(特にペースが速かったわけでもなく)例年並みの流れでこの時計なのだから、優秀。特に、ラスト3Fの全体ラップが11.4-11.8-11.6と11秒台を刻み続けたのは価値がある。過去に前半60.5秒前後のフローラSで、ラスト3F連続で11秒台を刻み続けたことはなく、今回のレコードはその差だといえる。

 当然、ラスト100mまでレースを引っ張ったアグネスワルツも、5か月ぶりで初輸送+未知の距離だったことを考えれば、まともならサンテミリオンと差がないのではと思わせる内容で、さらに距離延長の次も期待できそう。
ゼンノロブロイ産駒のワンツー。これで、同産駒の東京2000m成績は、(3,1,4,0)となった。当コースでの好走種牡馬として注目してみる価値はありそうだ。

 3着ブルーミングアレーは、ラスト1F地点で上位2頭に離され、最後は3着をなんとか死守した形。現状では、1,2着馬と比べてやや力不足は否めない。正直、本番で思い切った騎乗をしてどこまでといった感じ。


フローラS組はオークスで好走できるのか??

上記のように、今年はレコード決着+優秀なレース内容で少なくとも

勝ち馬はオークスに直結しそうだと思っているが、嫌なデータもある。

フロ-ラSに改称されてからの過去9年で、オ-クスで馬券に絡んだのは

オークス着順       フローラSでの4角番手

01'レディパステル(1着)      4角7番手  
  ロ-ズバト(2着)        4角14番手
03'シンコールビー(3着)     4角10番手
05'ディアラノビア(3着)   4角12番手
07'ベッラレイア(2着)    4角12番手

の5頭だが、注目したいのはいづれもフロ-ラSで差し、追い込んできた馬だという点。逆にフロ-ラSを逃げもしくは先行した馬(=4角5番手以内)は、オ-クスで(0,0,0,13 )と不振。おそらくスローな流れになりやすいフローラSで展開に恵まれた先行馬よりも、追い込んできて3着以内を確保した馬の方が地力上位で信頼できるのかもしれない。そういう意味では今年は一気に3頭とも消せるデータといえる。オークスでサンテミリオンを考えている人は軸よりは相手候補にした方が無難かもしれない。



4着アマファソンの今後に注目!?


僅かな差で出走権を逃したアマファソンだが、直線ではほぼ最後方から34.1秒の最速の上がり(次位とは0.5秒差)で、4着まで押し上げた末脚は際立っていた。過去のデ-タ的にも、上がり最速馬自体は特筆すべきことではないが、上がり2位の馬との上がりの差が大きい馬(=次元の違う脚を使った馬)は注目する必要がある。

以下、(前身の4歳牝馬特別時代も含め)過去15年を遡って

次位との差が0.5秒以上の上がり最速馬を探してみると、

       フローラ着順  上がり  上がり2位との差

08'メイショウベルーガ 4着 33.8秒(次位と0.7秒差) 
その後⇒日経新春杯(GⅡ)1着 天皇賞(春)の有力馬の1頭

01'ローズバド   3着 34.6秒(次位と0.8秒差)
その後⇒オークス2着  秋華賞2着  エリザベス女王杯2着

96'エリモシック    3着 33.6秒(次位と0.5秒差)
その後⇒秋華賞2着  エリザベス女王杯1着

 と3頭しかいない。(いづれもほぼ最後方から突っ込んできた。)おそらくSペースになりがちで前の馬も速い上がりを使うため、後ろの馬が速い上がりを使っても大きな差にはなりづらいのだろう。それだけに、大きな差ができるということは、その馬が次元の違う末脚を使っているということになる。つまり、それは能力の証として考えていい。実際に、3頭ともフローラSで敗れても、その後必ず重賞・GⅠ戦線で活躍している。(メイショウベルーガはまだまだこれからだが。。) そういう意味で、今年の上がり最速馬アマファソンは次位との差が0.5秒で、1頭際立った末脚を見せていた。オークスには出られないが、今後注目すべき1頭である。


(不死鳥)


↓↓宜しければクリックお願いします。





コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。