TOP > スポンサー広告 > 新潟大賞典を考える -血統編-TOP > レース考察(血統編) > 新潟大賞典を考える -血統編-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新潟大賞典を考える -血統編-

新潟大賞典   -血統編-

今週から、土曜重賞もカバーしていきます。

まずはいつも通り、過去5年の好走馬を。

09'
1着シンゲン          父ホワイトマズル        母父サンデーサイレンス
2着ニホンピロレガーロ      父アドマイヤベガ     母父ニホンピロウイナー
3着オペラブラーボ        父オペラハウス        母父サンデーサイレンス

08'
1着オースミグラスワン               父グラスワンダー      母父リンドシェーバー
2着マンハッタンスカイ                 父マンハッタンカフェ      母父ゴーフォージン
3着フィールドベアー                 父フジキセキ            母父トニービン

07'
1着ブライトトゥモロー           父フレンチデピュティ   母父トニービン
2着サイレントプライド         父フレンチデピュティ   母父サンデーサイレンス
3着ヴィータローザ          父サンデーサイレンス     母父リファール

06'
1着オースミグラスワン      父 グラスワンダー    母父リンドシェーバー
2着カナハラドラゴン        父アンバーシャダイ    母父ブレイベストローマン
3着エルカミーノ             父ジェイドロバリー    母父スルーオゴールド

05'
1着エアセレソン         父チーフベアハート   母父トニービン
2着カンファーベスト        父アンバーシャダイ  母父シンザン
3着プライマリーケア          父タマモクロス    母父ビンゴガルー

※すべて良馬場です


 新潟外回りで行われ、毎年1.59.0を切る高速決着になりやすい当レ-ス。 イメージ的に、SS系が大活躍しそうなレ-スだが、父SS系が過去5年で馬券に絡んだのは15頭中わずかに4頭。そのかわりに活躍するのは、サンドラ-ズウェルズリファ-ル系等のノ-ザンダンサ-系や母父としてのトニ-ビン。 日本一長い直線に求められるのは、スピード・瞬発力よりも脚を長く使うためのスタミナ・持続力と考えられる。

 狙いは、グラスワンダー×トニービントリビュートソング 。父グラスワンダーは06'、08'と当レ-スを2勝しているオースミグラスワンと同じで、 母父トニ-ビンの馬は過去5年で(2,0,1,5)と2頭も勝ち馬をだしており、相性抜群。実際に、新潟2000mでは、(1,0,1,0)と走っており、距離・コース適正は心配ない。
 
 スクリーンヒ-ロ-アブソリュートらと同じく祖母にダイナアクトレスを持つ良血で、これらの馬は本格化が遅いが、本格化すると、一気に重賞ウィナーまで上りつめる傾向がある。3走前の準OP勝ちの内容は本格化と見てよく、前々走の日経賞は1~4着馬がGⅡ勝ち馬とハイレベルなメンバ-構成で0.3差の5着、前走は後方から競馬しすぎていたのが敗因(最速の上がりを使っても届かず)で、度外視していい。14戦中13戦で上がりがメンバー3位以内なのも強調点。 ウィリアムズ騎手+ハンデが55キロと恵まれた今回は重賞初Vのチャンスだ。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。





コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。