TOP > スポンサー広告 > 京王杯SCを考える -血統編-TOP > レース考察(血統編) > 京王杯SCを考える -血統編-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京王杯SCを考える -血統編-

京王杯SC  -血統編-


3週間後に行われる安田記念の前哨戦。

今年のマイル路線を象徴したように、今年の京王杯もかなり混戦ム-ド。

まずは、いつものように過去5年の好走馬の血統を見ていきます。

09'良
1着 スズカコーズウェイ    父ジャイアンツコーズウェイ  母父フレンチデピュティ  
2着 トウショウカレッジ      父ラストタイクーン            母父サクラバクシンオー
3着 ファリダット       父キングマンボ         母父サンデーサイレンス

08'良
1着 スーパーホーネット           父ロドリゴデトリアーノ     母父エルセニョール
2着 キストゥヘヴン            父アドマイヤベガ      母父ノーザンテースト
3着 スズカフェニックス           父サンデーサイレンス        母父フェアリーキング

07'良
1着 エイシンドーバー              父ヴィクトリーギャロップ   母父クリスエス
2着 シンボリエスケープ            父サクラバクシンオー     母父ケンマール
3着 オレハマッテルゼ           父サンデーサイレンス     母父ジャッジアンジェルーチ

06'やや重
1着 オレハマッテルゼ         父サンデーサイレンス          母父ジャッジアンジェルーチ
2着 インセンティブガイ        父エンドスウィープ          母父サンデーサイレンス
3着 テレグノシス           父トニービン         母父ノーザンテースト  

05'良
1着 アサクサデンエン                父シングスピール              母父マキャベリアン
2着 オレハマッテルゼ          父サンデーサイレンス           母父ジャッジアンジェルーチ
3着 テレグノシス           父トニービン                  母父ノーザンテースト


馬名太文字は上がりがメンバー3位以内の馬。

   東京1400mはコース形態から流れが落ち着きやすく、上がりの瞬発力勝負になる傾向がある。SS系が強そうなイメージがあるが、意外にもSSの血を持たない馬が多く好走している。そのかわりに台頭するのが、ノ-ザンダンサ-系持続力ナスル-ラ系。特に近2年はノ-ザンダンサ-系を持つ馬の好走が目立つ。要するに、スピードの絶対値よりは長い直線でスピードをいかに持続させられるかがポイントとなる。また、今週も少なくとも土曜は、先週のように前が止まらない高速馬場の可能性が高く、ペースが落ち着きやすい1400では後方一気は届かない可能性も念頭に置いておきたい。

 以上を踏まえると、好位で競馬ができるエ-シンフォワードフォレストワイルド×キュアザブルース)で軸は大丈夫。父フォレストワイルドジャイアンツコ-ズウェイ(昨年の勝ち馬スズカコ-ズウェイの父)と同じストームキャットの直子で自身は晩成のスプリンタ-。5歳になって本格化してきた同馬も、父の特徴を受け継いでいるといえる。母系はGⅠ向きの底力に乏しいだけに、今回のようなステップレ-ス向きなのも好材料。ボールドルーラーのクロスを持ち、その特徴であるトップスピードを持続できる強みを生かせる高速馬場は大歓迎。(実際に、3走前は東京マイルを1.32.3で乗り切っている。)(4,0,1,1)と得意の1400mなら重賞Vのチャンス。

相手は、京王杯SCを連覇したスティンガーの半弟アーバニティが魅力。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。