TOP > スポンサー広告 > ヴィクトリアマイル回顧TOP > メイン展望&回顧 > ヴィクトリアマイル回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィクトリアマイル回顧

ヴィクトリアマイル

先週の東京の芝コ-スは高速馬場で、とにかく展開に関係なく前残りの

競馬が多かった。以下、日曜日の芝の全レ-スの3着以内の馬の4角の

位置どり(左から順に1~3着)を示した。


4R 3歳未勝利 2000m ①②⑨番手
(62.7-60.0)=2.02.7

6R 3歳上500万下 1600m ②⑤③番手
(47.7-46.1)=1.33.8

8R 4歳上500万下 1600m ②①⑭番手
(45.6-47.3)=1.32.9

9R テレビ埼玉杯(1000万)2000m ④①⑥番手
(60.5-59.2)=1.59.7

11Rヴィクトリアマイル(GⅠ) 1600m ⑫④⑬番手
(45.5-46.9)=1.32.4

12Rロイヤルプレミアム(1600万)1800m ①②④番手
(36.4-36.0-34.0)=1.46.4


前が止まらない高速馬場

   ヴィクトリアマイルを除いて、ほぼ全てのレースがペースに関係なく、逃げ・先行馬がそのまま残る競馬だったと言える。なかでも象徴的なのは、ヴィクトリアMと同じ舞台の8R4歳上500万下(1600m)。半マイル通過が45.6秒というHペースで、離して逃げたラルケットと2番手のクリ-ルトルネ-ドが直線でも後続との差は詰まることなく、ワンツーでフィニッシュ。勝ち時計も500万クラスとしては破格の1.32.9だった。

   今年のヴィクトリアMのレ-ス前の大方の予想は、強引な逃げ馬がおらず、例年通り流れが落ち着くと考えられたが、上記のような馬場状態ゆえ、各ジョッキーが積極的な競馬をしたため、流れは予想以上に速くなった。とはいえ、前半マイルが45.5秒と同じような流れだった上記の500万が4角1、2番手のワンツーだったことから、今の馬場を考慮すれば、必ずしも差し・追い込み馬有利ではなく、ゴール前、ニシノブルームーン、ミクロコスモスら後方から突っ込んできた馬たちは脚を余していた印象からも、むしろ先行馬有利の条件だったとさえ考えられる。

勝ったブエナは??

 勝ったブエナビスタは、 道中、後方から5番手の競馬で、直線では大外へ。上記の500万を逃げ勝った張本人が横山典Jだったから、後方からの競馬では届かない可能性は十分念頭にあったはず。それでも、(馬が行かなかったとはいえ)ブエナビスタ本来の競馬に徹したということは信頼の表れなのだろう。先行したヒカルアマランサスをわずかにかわしたところがゴ-ルだったが、上記の馬場状態(追い込みが決まったのは、このレ-スだけ)+100%の万全な仕上げではなかったことを考えれば、着差以上に強さを見せたレースだったいえる。 改めて、ブエナビスタの強さ、底力を認識できたレースだった。


レッドの敗因は??

 対するレッドディザイアの敗因は、万全な仕上げではなかったこと、忙しいマイルへの適性しか考えられない。ドバイ帰りのウォッカが一昨年敗れたように、やはりドバイ遠征後の疲労は大きいのだろう。次走の宝塚記念で実現するブエナとの5度目の対決では、本来の走りを見せてほしい。

次走注目馬は??

 次走以降注目すべきは、決して追い込み馬有利とはいえない条件の中で僅差まで追い込んできて、脚を余した組。3着ニシノブル-ム-ン(0.1差)、6着ミクロコスモス(0.1差)はそれぞれ33.5、33.3(最速)の上がりを使っており、ブエナとの差は位置どりだけ。なかでも、ここ2走に成長を感じさせるミクロコスモスの方に注目したい。3歳時は、素質馬と期待されながら人気を裏切り続けていたが、4歳になって気性が成長し、マイルに矛先を向けた前走は準OPとはいえ牡馬相手に快勝、今回は脚を余しながらも最速の上がりコンマ1秒差、出遅れなければ。。という内容で素質馬が完全に開花しつつある。おそらく、母系の血統から距離はマイル前後がベストかもしれない。課題の出遅れ癖さえ克服できれば、米の重賞ウィナーの母同様、重賞を勝つ日はそう遠くないはずだ。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。





コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。