TOP > スポンサー広告 > オークス回顧TOP > メイン展望&回顧 > オークス回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オークス回顧

オークス回顧

 オークス馬が2頭誕生。前代見聞の事態になったオークスですが、レース内容を振り返ってみます。

1F     2F    3F     4F     5F    6F     7F     8F    9F     10F  11F   12F
12.2-10.9-12.3-12.4-12.8-13.1-13.3-13.5-13.5-12.0-11.5-12.4

 ニ-マルオトメが飛ばして逃げた流れは、1000m通過60.6秒のやや速い流れだったが、そこから4F連続で13秒台を刻み、離れて追走したグループは実質かなり楽。結果的には、12.0-11.5-12.4と直線の上がり勝負になった。(良馬場なら11秒台の連続だったと推定)距離不安が囁かれたアパパネにとって道中は楽に追走でき、実質ラスト3Fの上がりの瞬発力勝負になったことが勝因だろう。2着のサンテミリオンにとっても、流れの速いレースを経験してなかったため、今回の展開は向いたと言えるが、3着にフローラSで2着に負かしたアグネスワルツがきているように、今年のフローラSはレベルが高かったと言える。と同時に、このメンバーでも能力が上位だったということが証明された。そして、4,5着にアパパネが勝った阪神JFと桜花賞で、それぞれ2着のアニメイトバイオ、オウケンサクラがきているように、距離は違えども、(能力的には)極めて順当な結果だったということもできる。 
 結局、今年のオークスにおいても、その時点での総合力が問われていた阪神JF・桜花賞の力関係がベースになったと言え、今年はそれに加えて、フローラ組が強かったというだけであった。 今年はアパパネが血統的に距離が持たないのでは??と不安視されたが、レースの流れが大きく変わらない限り、これからもオークスにおいて桜花賞組の好走は続くのだろう。
 

キングカメハメハ産駒VSゼンノロブロイ産駒

 ちなみにキングカメハメハ産駒VSゼンノロブロイ産駒でレ-ス前は注目を集めたオ-クス、結果的には両産駒の同着決着だったが、全体として見るとキングカメハメハ産駒はアパパネ以外は⑭⑰着と沈み平均着順が10.6着、ゼンノロブロイ産駒は①③④着と上位を占めて平均着順が8.5着だから、ゼンノロブロイ産駒が桜花賞惨敗から巻き返し 、トライアルホ-スの汚名を返上した形となった。もっとも、血統的にはマイラー寄りのキングカメハメハが桜花賞で活躍し、中距離以上のゼンノロブロイがオークスで活躍するのは当然のことだが。。。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。