TOP > スポンサー広告 > 日本ダービーを考える-血統編-TOP > レース考察(血統編) > 日本ダービーを考える-血統編-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本ダービーを考える-血統編-

日本ダービー -血統編-

史上最高のメンバーと呼ばれるほど、今年はハイレベルなメンツが揃ったダービー

ですが、まずはいつものように過去5年の血統を見ていきましょう。

09' 不良
1着 ロジユニヴァース     父ネオユニヴァース       母父ケープクロス
2着 リーチザクラウン     父スペシャルウィーク        母父シアトルスルー
3着 アントニオバローズ       父マンハッタンカフェ         母父キングマンボ  

08' 良
1着 ディープスカイ           父アグネスタキオン           母父チーフズクラウン
2着 スマイルジャック          父タニノギムレット         母父サンデーサイレンス
3着 ブラックシェル           父クロフネ             母父ウイニングチケット

07' 良
1着 ウオッカ                          父 タニノギムレット       母父ルション
2着 アサクサキングス             父ホワイトマズル        母父サンデーサイレンス
3着 アドマイヤオーラ             父アグネスタキオン        母父カーリアン

06' やや重
1着 メイショウサムソン           父オペラハウス      母父ダンシングブレーヴ
2着 アドマイヤメイン              父サンデーサイレンス   母父ヘクタープロテクター
3着 ドリームパスポート           父フジキセキ        母父トニービン

05' 良
1着 ディープインパクト            父サンデーサイレンス        母父アルザオ
2着 インティライミ                   父スペシャルウィーク   母父ノーザンテースト
3着 シックスセンス                   父サンデーサイレンス   母父デインヒル


ミスプロ系は不振!?

 今年のポイントは例年よりもミスプロ系が多いこと。出走馬18頭中、父または母父にミスプロ系を持つ馬は半数の9頭います。しかし、ミスプロ系にとってダービーは鬼門といえるデータがあります。

まずは、父がミスプロ系の場合、過去10年で3着以内は、04'優勝のキングカメハメハのみのわずか1頭。(1,0,0,20)という厳しい結果に。

次に母父がミスプロ系の場合、過去10年で(0,2,3,13)ですが、2、3着に来た計5頭は

09'不良 アントニオバローズ  3着
06'稍重 アドマイヤメイン   2着
03'   ゼンノロブロイ   2着
03'   ザッツザプレンティ   3着
01'   ダンシングカラー    3着

と全て道悪でしか好走していません。今年は、週末の天気が微妙ですが、良馬場ならダービーにおいてはミスプロ系厳しいと見ていいのでしょう。

そのミスプロ系を持つ馬を挙げておくと

エイシンフラッシュ(父キングズベスト
ルーラーシップ(父キングカメハメハ
ヴィクトワールピサ(母父マキャベリアン
ローズキングダム(父キングカメハメハ
トーセンアレス(父アドマイヤドン 母父ガルチ
ハンソデバンド(母父アフリート
ゲシュタルト(母父エンドスィープ
リルダヴァル(母父サンダーガルチ
トゥザーグローリー(父キングカメハメハ

間違いなく人気になりそうな2頭も入っていますね。ただし、特例を認めるなら、唯一父ミスプロ系で勝ったキングカメハメハ産駒だけは例外として良さそうです。(先週もアパパネがオークスを勝ちましたし。)

 
血統注目馬は??

 さて、過去5年の傾向に話を戻すと、道悪だった09'、06'を除く良馬場で開催された3年間で3着以内に来た9頭中6頭がSS系×ノーザンダンサー系の配合。3歳最高峰のレースとあって、世界の血統地図を塗り替えたノーザンダンサー系、日本の血統地図を塗り替えたサンデーサイレンス系の偉大な2大系統が不可欠といえる。
   ズバリ、今年のメンバーでこの配合に合致するのは、ヒルノダムールマンハッタンカフェ×ラムタラ)だけだ。父が菊花賞&天皇賞(春)馬のマンハッタンカフェ、母父に凱旋門賞馬ラムタラなら、皐月賞からの距離延長はプラス。皐月賞で証明したように、祖母に仏GⅠ馬を持ち、GⅠ向きの底力を秘めているのも魅力。血統的に瞬発力不足の印象はあるが、この馬自身、若駒S(京都内回り2000m)でスローとはいえ、内回りコースとしては驚異の上がり33.1秒という末脚を繰り出しており、Sペース⇒瞬発力勝負になっても十分対応できる。5月20日に3歳になったばかりという遅生まれのハンデを背負いながら皐月賞で2着にくるほどの実力馬。一番成長が見込めるこの馬が推定5番人気なら妙味大だ。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。


コメントの投稿

もうこんなダービーないかもね

メンバーの能力の総和が過去最高かというと微妙だけど、例年皐月である程度の勝負付けが済んでるはずなのに、今年は別路線から特別な勝ち方した馬が多数来てるからね。
プリンシパルからも人気馬が出るんだから、もうこんなダービーないかもね。
サンライズプリンスの離脱が本当に残念。

No title

サンライズプリンスの離脱は本当に残念でした。
そのかわり、ダービー予想は変に主観を入れずに済みますが。。。

いやー本当に楽しみですね。こんな素晴らしいレースを生で観戦できるのは本当に幸せです^^
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。