TOP > スポンサー広告 > 安田記念(GⅠ)回顧TOP > メイン展望&回顧 > 安田記念(GⅠ)回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安田記念(GⅠ)回顧

安田記念回顧

1.31秒台の衝撃が再び

 レコード更新のNHKマイル週の高速馬場から、ヴィクトリアM、オークス、ダービー週と天候の影響もあってか、しばらく高速馬場は身を潜めていたが、今週になって一転して、超がつくほどの高速馬場に変貌した東京の芝コース。象徴的なのが、前日の準OP湘南Sの勝ち時計が、1.31.7。

 結果的には、GⅠの安田記念も同じ時計だが、さすがに準OPとGⅠだけあって、中身が違った。まずは、湘南Sと安田記念のラップを比較してみる。

湘南S

12.4- 23.5- 35.0- 46.2- 57.5- 1.08.8- 1.19.9- 1.31.7  

上がり4F 45.5 - 3F 34.2

安田記念

12.0- 22.7- 33.6- 44.9- 56.3- 1.07.6- 1.19.3- 1.31.7  

上がり4F 46.8 - 3F 35.4

(参考)10'NHKマイル

12.1- 22.5- 33.4- 44.8- 56.3- 1.07.8- 1.19.4- 1.31.4

上がり4F 46.6 - 3F 35.1

 湘南S安田記念の違いは、前半のラップ湘南Sが半マイル通過46.2秒に対し、安田記念44.9秒と1秒以上速く、極めて先行勢には厳しい流れだった。ちなみに、NHKマイルの半マイル通過・1000m通過が今回の安田記念とほとんど同じで、今回の安田記念はNHKマイルとほとんど同じ展開だったといえるだろう。上がりを比較してもわかるように、結果的に、湘南Sは上がりの速い瞬発力勝負の競馬安田記念は上がりがかかる、スタミナ・底力が問われる競馬となった。もともと、今年は強引な逃げ馬不在でスローな流れが予想され、高速馬場も味方して、スタミナが問われそうにないスピード勝負の競馬になるのではと思われたが、結果的には、非サンデー系が上位を占める、例年通りのスタミナ・底力が問われる"いつも通りの安田記念"だった。


ショウワモダンが初GⅠ勝利


 そんななか、勝ったショウワモダンは、道悪でこその馬で、高速馬場向きではないと(GⅢ勝利⇒59キロでOP勝利と2連勝中にもかかわらず)8番人気にとどまっていたが、今回は高速馬場でも、流れが厳しくなり、スタミナが問われる流れになったのが大きく味方し、目下絶好調の勢いで一気にGⅠのタイトルを手にした。(おそらく、湘南Sのような流れでは同じ時計で走れなかっただろう。)もちろん、展開が向いたのも事実だが、それ以上に、スタミナ・底力の問われた流れで好走したことが重要で、今回の好走をフロック視することなく、秋以降も好調をキープできれば、再びGⅠで好走するシーンはあるだろう。

 2着以下、スーパーホーネット(GI2着3回)、スマイルジャック(ダービー2着)、トライアンフマーチ(皐月賞2着)とGⅠ連対馬が続き、底力が問われたレースだったのは間違いないだろう。


次走注目馬は??


 冒頭で、今年の安田記念はNHKマイルとほとんど同じ流れだったと書いた。そのNHKマイルでは、先行馬がほぼ壊滅状態のなかで、唯一先行して4着に粘ったサンライズプリンスの評価が高まったが、安田記念でこれに当てはまるのが、トライアンフマーチだ。逃げたエーシンフォワードが10着、2番手のマイネルファルケがシンガリ負けしているように前に行った馬には厳しい流れを、トライアンフマーチは終始3、4番手を追走して、0.2秒差の4着。流れを考えたら、勝ち馬と互角以上の競馬をしたと評価していいだろう。
    これで、1.32秒台で3回、31秒台で1回好走していることになり、高速馬場への適応力はかなり高い。東京新聞杯などで示したように瞬発力勝負にも対応でき、今回、スタミナが問われる厳しい流れにも対応できることを証明したことで、限りなく死角が少なくなったと言え、次世代のマイル王者に登りつめる日もそう遠くはないだろう。

(不死鳥)

↓↓宜しければクリックお願いします。


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。