TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】函館グランドオープン記念TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】函館グランドオープン記念

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】函館グランドオープン記念

函館グランドオープン記念

GO


サークル内では、意外にもマンハッタンスカイマヤノライジンに重い印が集中!!

うまプロに出演した茎辺留蜂は◎ショウナンライジン


<<茎辺留蜂の見解>>

 ⑤ショウナンライジンは近走控える競馬をしているが、それよりも上がりが速いコース、展開が向かなかった。今回は[2・5・0・5]と得意な小回り芝1800m。また、これを馬番7番以内に限定すると[2・4・0・1]と完璧な条件と言える。内枠からスムーズに先行出来れば、一変は可能。


<<不死鳥の見解>>

 ほとんどの馬が6歳以上の高齢馬の組み合わせなら、まず流れは速くなりにくい。さらに、開幕週の高速馬場+直線が262mしかない函館ならば、狙うべきは先行馬。なかでも、大きく出遅れた1戦を除けば、函館コースで8戦8連対している◎フィールドベアの先行押切りを期待。フジキセキ×トニービンの配合は、どちらが強くでるかによって距離適性が大きく異なりやすい。去年は短距離中心に使われて凡走を続けていたが、前々走の大阪杯、前走の天皇賞(春)の内容から、明らかにドリームパスポートのように母父トニービンが強く出ていて中距離以上がベスト。また、一去年の開幕週の函館2000mで行われた3レース中2レースの勝ち馬が母父トニービンだったことも強調したい。

↓↓宜しければクリックお願いします。


コメントの投稿

穴のKOボーイ

ぱねぇww

No title

芦毛はやれば出来る子!

No title

↑相変わらず、芦毛好きですね^^

格言通り、夏のこれからの時期は強いのかな。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。