TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】 宝塚記念(GⅠ)TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】 宝塚記念(GⅠ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】 宝塚記念(GⅠ)

宝塚記念(GⅠ) 

宝塚記念
(↑クリックで拡大)

サークル内では4人とも、違う馬を◎指名!!

“うまプロ”に出演した茎辺留蜂は◎スマートギア



<<茎辺留蜂の見解>>

 過去15年、7人気以下の馬は7頭が馬券に絡んだが、その内6頭が以前または以後に京都芝2400mの重賞で連対し、また6頭がノーザンテーストの血を持っていた。前者は同じロングスパートになりやすいコースということで直結しやすい。特に速い上がりを使った馬に注目したい。後者は人気薄に限らず、昨年の覇者ドリームジャーニーがノーザンテーストのクロスを持っていたように単純に相性がいい。

 今回、重馬場が想定されるが、馬場が渋った2年前は11人気馬が③着、3年前にも13人気、16人気馬がそれぞれ④、⑤着と該当馬が激走している。傾向は変わらないだろう。今回、京都芝2400m重賞連対馬は④⑪⑫。ノーザンテーストの血を持つ馬は①②④⑩⑬⑭⑰⑱。当然、共に該当する④スマートギアに夢を賭けたい。

 スマートギアはマーベラスサンデー×ミルリーフ系で、隣のネウ゛ァブションと同配合。まだまだこれからの馬という印象で、昨年の宝塚記念時よりも成長しているのは明らか。ただ、昨年も上がりはメンバー中2位タイで、末脚は目立っていた。馬番6番以内では[0・6・3・2](複勝率81.8%)なので、うまく脚を溜められれば、キャリア24戦中16戦で上がり最速という豪脚が期待できる。

<<不死鳥の見解>>

適性も高い上位3頭が断然優位!!

 もともと持続力が問われる阪神2200mに加え、今年は道悪も避けられない宝塚記念。狙いはシンプルに血統背景or過去のレース内容からパワーと持続力を兼備していると判断できる先行・好位馬。当コースで4割超の複勝率を残すグラスワンダー産駒で、母父に道悪の鬼トニービンを持つ②アーネストリー、持続力が求められたHペースの有馬記念を先行勢で唯一2着に粘り、スペシャルウィーク×カーリアンと道悪もこなせる配合の⑧ブエナビスタ、当コースで(4,1,0,12)の勝率23.5%と高い勝率を誇るジャングルポケット(父トニービン)産駒の⑩ジャガーメイルの上位3頭はこれを満たしており、適性面の裏付けもある以上、この3頭はかなり強力とみていい。馬券はこの3頭を中心に。

 また、宝塚記念の過去10年の連対馬20頭中16頭は上がりがメンバー中3位以内の馬だったことから、馬場に関係なく速い上がりが使えることも好走条件だが、12戦中8戦(他4戦も3位以内)が上がり最速のブエナビスタ、15戦中10戦が上がり最速(他4戦も3位以内)のジャガーメイルは条件を満たす。理論的に、近走と同じく4角5,6番手にいるであろう両頭が上がり最速の末脚を使えば、後ろにいる馬では届かない。よって、伏兵はより前にいる馬。ネヴァブションナカヤマフェスタに注意。


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。