TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析♪(追記あり)TOP > コース分析 > 競馬場コース分析♪(追記あり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析♪(追記あり)

はいっ どうもクリスエスです

今週もいきます、競馬場コース分析

/*
*/*
**初めての方の為に簡単にコーナーの説明をします。
**このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、
**ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
**分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、
**それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
**良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、
**クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
**また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。
**/
*
*/*
**バックナンバー
**小倉芝2000メートル
**/
*/

今回のコースは新潟芝(外)1600メートル

日本一長い直線で行われるマイル戦です。

4コーナー曲がるとき映るハロン棒に「8」って書いてあるのを見ると、いつも「まだ残り800かい」って思いますw
無題
(画像:JRA)





さて、分析結果はこちら。

新潟芝(外)1600


今回、、、と言ってもまだ2回目ですが、パワーアップしました

グラフが2本ありますね?

青は前回と同様の全クラス、2009年末までの過去30レースの集計

そして赤は関屋記念の過去5年間(5レース)の集計です

せっかく重賞が行われるコースを分析するんだから、重賞の分析もがんばっちゃいます


分析、行きます


まずは青の全平均のデータから。

第一印象、なんじゃこりゃ

最初にスパート距離。

5Fで落ち着き、4Fからラップが上がっていることから、なんとスパート距離は半分の800メートル

さらに特筆すべきはそのラップの変動

ラスト4~2Fにかけて平均0.7~0.8秒も一気に加速してる

レースの約半分もスパートし、途中に急加速が2Fも続ければ、ラスト1Fでさらに大きく約1.3秒もラップが落ちてるのは納得です。


まとめます

まず長い直線の影響による急加速についていく瞬発力は必要不可欠

そして800メートルスパートし、最後のラップの落ち込みに耐えるスタミナ

特に重要なのはスタミナ。これがないと勝ち馬にはなれない。


関屋記念の攻略

重賞ということもあり、スタミナの必要性が拡大

証拠に毎年グレイソヴリン系の血を持つ馬が必ず馬券に絡んでる。

またノーザンダンサーの血も馬券圏内の常連。

それはグラフにも表れており、全平均値よりもペースが緩まず、ラストも1.7秒弱と脅威の落ち込みになってます。

ただ全体が速いからかラスト4Fであまりペースが上がらず、実質のスパート距離は3F、600メートルとみていいでしょう。

とはいえ、瞬発力とマイル向きのスピードとも十分求められるので、マイルの好走経験はもちろんプラス

また、案外見落とされがちなのが距離短縮組。

スタミナが勝負の分かれ目になるんだから当然と言えば当然ですが(゜゜;)

特に近走先行経験のある距離短縮馬はマイルのスピードに順応しやすく狙い目です。



今週は以上

いかがだったでしょうか?

みなさんの予想の手助けになればいいのですが・・・

来週はクイーンSの行われる札幌芝1800メートルを予定してます

ではまた次回

↓↓↓よかったら押してってください


コメントの投稿

No title

ラップによるコース分析って大事だね。
そのコースについて、なんとなく分かってるつもりでいても、ラップで示されると納得できるもんね^^

No title

数字になると否定できないし、厳然たる事実って感じするよねー
でも数字を盲信しても柔軟性なくてうまくいかない、難しいね(苦笑)
非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。