TOP > スポンサー広告 > 平安S展望TOP > メイン展望&回顧 > 平安S展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平安S展望

来週の根岸Sと並び、フェブラリーSの重要なステップだが、今年はフルゲートで

ないうえに、フェブラリーSを展望するメンバーが極めて少ない。

(根岸Sを予定していたダイショウジェットがこちらにまわってきたほど。)

むしろ、スーニやワイルドワンダー、ミリオンディスク、ダイワディライト

(そして、忘れてはいけないMY次走注目馬サマーウィンドとワンダーポデリオ<笑>)

らが出走する根岸S組の方がフェブラリーSを展望できる。



すでに、収得賞金上フェブラリーSへの出走がほぼ確実なダイショウジェットよりは、

唯一、わざわざ関東から遠征してきた◎アドバンスウェイに勝負気配を感じる。

フェブラリーにいくかは別として、このメンバーを見て勝算あっての遠征とみる。

今回は、一見逃げ馬が多くHペースになると見られているが、同形のウォータクティクス

意図的に前半セーブ→しまいを伸ばした調教から、今回は控える競馬をする可能性があり、

トシナギサはスピード不足感が否めず、案外楽にアドバンスウェイがハナを切れると見ている。

ハナを切った時の戦績(3,1,0,1)<着外も重賞レパードS4着>が示すように、ハナを切った

時こそ、強さを発揮する。控えた前走は全くの度外視でいい。

昨年の4回開催から砂厚が9.0cmになり、凍結防止剤が撒かれているにもかかわらず、

相変わらず高速馬場である京都コースは、1800Mを1.50秒台前半で何度も走っているこの馬向き。

斤量も据え置きの55キロなら、まず勝ち負けになるはず。

相手本線は同じく先行できる○ネイキッド。昨年の4着馬で、京都コースでは崩れない。

土曜の当コース勝ち馬3頭はいづれもSS系×(大系統)ノーD系であることも強調材料。
(この配合はネイキッドのみ)

以下、当コースに強いアグネスデジタル産駒▲ダイシンオレンジ、復調△ウォータクティクス

叩き台でも△ダイショウジェット、出遅れ解消を期待し△トーセンアーチャーまで抑える。

なお、高速馬場不向きの東京大賞典3着馬ロールオブザダイスは軽視する。

買い目

(馬連) ⑨-①⑤⑦⑪⑬ 5点
(3連複)⑦⑨ー①⑤⑪⑬ 4点
















コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。