TOP > スポンサー広告 > 【復習】札幌記念回顧TOP > メイン展望&回顧 > 【復習】札幌記念回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【復習】札幌記念回顧

札幌記念(GⅡ)回顧  


【通過タイム】

12.6-23.4-34.6-46.9-59.3-1.11.9-1.23.8-1.35.6-1.47.3-1.59.4

【ラップタイム】

12.6-10.8-11.2-12.3-12.4-12.6-11.9-11.8-11.7-12.1

【展開】

 ドリームサンデーがロジユニヴァースとともに離して逃げた流れは、1000m通過59.3秒と過去10年で08'に次いで速い流れ。とはいえ、もともと逃げ・先行馬が有利なコースだから、逃げた馬にはそれほど厳しくはなかっただろう。位置取り的には好位の3番手につけたアーネストリーに最適な流れ。

【勝ち馬】

 勝ったアーネストリーは、離して逃げたドリームサンデー、ロジユニヴァースの直後の3番手。この馬の1000m通過が60.0秒前後だから、まさに絶妙な位置取りだった。3角過ぎから前の2頭と徐々に差を詰めて、抜群の手応えで直線に向くと、必死に食い下がろうとするロジユニヴァースを尻目に一気に抜け出しての快勝。まさに『横綱相撲』といえる完勝で、このメンバーでは実力は1枚も2枚も上だということを証明させるレースだった。

【2着以下の回顧】

2着ロジユニヴァース
⇒過去10年で2番目に速いペースで逃げたドリームサンデーの直後を追走しており、決して楽な展開ではなかった。また、アーネストリーとの着差も前走から、1.0⇒0.3秒差に縮めており復調を印象づけた。ただし、3歳時もそうだが、速い時計の決着になった時(天皇賞(秋)はここ2年連続で1.57秒台決着)にどうかという不安は残るだけに過信はできない。

3着アクシオン
⇒勝ち馬からはやや離されての3着。もともと勝ち馬とは去年の準OPで0.6秒、金鯱賞で0.8秒、宝塚記念で1.3秒差だったから、今回(0.5秒差)は差を縮めたといえる。鞍上もレース後のコメントで『まだ本調子にない』とコメントしており、さらに復調してくればGⅡ・Ⅲでは無視できない。

4着ヒルノダムール
⇒発馬で躓く不利。さすがに今回のメンバーでは小さなロスが大きく結果に響いてしまった。それでも3着とアタマ差の4着なら皐月賞2着の力は示した。菊花賞では人気になるかもしれないが、瞬発力勝負だったダービーでキレ負けしただけに、(瞬発力が求められる京都外回りの)菊花賞はやや不向きな印象を持つ。本質は今回や若葉S・皐月賞のような淀みのない流れのレース向きだろう。菊花賞では疑ってかかりたい。

(不死鳥)

オススメの完全無料競馬サイト】

uma-chi_200_180.jpg

無料競馬予想うまっち
http://uma-chi.com/

完全無料で全てのコンテンツが利用出来るオススメの競馬情報サイトです。
完全無料なのは広告収入で運営されている為)

毎週特別全レースの買い目を無料で大公開!
少ない買い目で毎週多数の的中を射止めています!

※もちろん重賞レースの特別攻略情報もアリ♪
新潟記念&キーンランドCの無料予想も公開しています!

お知らせ】
MBサイト・PCサイトに続き、i-phone版も遂にオープン!
是非一度ご覧になって見て下さい!

「競馬予想サイトうまっち」はコチラから
http://uma-chi.com/


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。