TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

夏競馬も今週で終わりですね

秋のG1ラッシュまでもう少し

も張り切って行きましょう競馬場コース分析のコーナ~



初めての方の為に簡単にコーナーの説明をします。
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。

バックナンバー
新潟芝(内・外)2000
札幌芝2000
札幌芝1800
新潟芝(外)1600
小倉芝2000



さてさて、今週のコースは小倉2歳Sの行われる小倉芝1200m

特徴は見た方が早いです、コチラ↓↓↓

小倉芝1200


もぉはっきり言ってスパートもくそも有りません。

なんたってスタート3Fの平均が約33.6秒なのに対し、ラスト3Fの平均は約35.2秒

要は行った行ったでゴールまでなだれ込む競馬。

それもそのはず、小倉芝1200mは向上面ポケットの発走からゴールまで下り一辺倒なんです。

だから一番に必要なのはテンの速さに任せたいきおい

出遅れなんてもってのほか(笑)

基本的には先行有利で、あんまりスタミナ無くてもスピードだけで押しきれちゃいます

ただ、先行馬がそろった時はテンの速さが裏目に出て、

上がりがかかるという特徴が浮かび上がってきます。


そうなるともう差し馬有利

つまり、展開一つでどーにでもひっくり返るってことです。

予想する時はメンバーの脚質チェックをお忘れなく



そして小倉2歳Sの分析です。

スタート3Fは約33.3秒、ラスト3Fは35.6秒

重賞とはいえまだ2歳、道中のペースは全体平均とほとんど変わりません

ラスト1Fで0.4秒分全体平均よりも落ち込んでますから、

先行馬ならスタミナ差し馬なら持続力が少し多く必要になる。



今週はあっけないけどもぅまとめに入っちゃいます


小倉芝1200mのまとめ<<攻略ポイント>>

スピード

展開を読め!!


小倉記念のまとめ<<攻略ポイント>>


先行馬ならスタミナ、差し馬なら持続力の+αが欲しい



来週から中山・阪神開催が始まり、クラシックトライアルも目の前です

残暑を乗り切って楽しく競馬しましょう

次週は京成杯AHの行われる中山芝(外)1600mを分析

乞うご期待


↓↓↓よろしければクリックしてやってください


トラックバック

小倉2歳S攻略!小倉芝1200m!

【小倉2歳S】が行われる小倉芝コースで実際に好走している血統を見やすい系統色分け表でチェック!注目馬を探ります!

小倉2歳Sの過去成績と傾向

小倉2歳Sの過去5年の成績から傾向を復習します。 小倉2歳ステークス(G3)攻略 【小倉2歳Sの過去5年の成績】 現在のランキングはこちら (1)1番人気馬は不振 過去5年の1番人気馬の成績は(0-0-3-2)で1着どころか連に絡んだこともありません。 1番人気馬は信頼で...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

札幌ダート1700と函館ダート1700との違いがよくわかりません。強いてあげるならば札幌のほうが気持ち差しは届いてるかなと。

函館VS札幌

コメントありがとうございます。

分析結果はHNのところにリンクを貼っておきましたi-190

まず基本事項から。
     一周距離    直線距離
函館:  1476m     260m
札幌:  1487m     264m
両方とも全国でも類を見ない直線の短さです。
しかしこれだけ見るとほとんど変わりません。
違いが分かりずらいのも無理ないです(苦笑)

一番の違いは、実はコース全体の高低差なんです。
函館は4角を頂上に3.4mもの高低差がありますが、
札幌は高低差0.9mと本当に平坦なコースなんです。

そしてスパート距離は
函館が向上面後半からの4F分
札幌は向上面前半から5F

函館は、スタートから下り坂で2角で降り切り、向上面で今度は坂を登り始めます。
なので向上面前半のラスト1000m付近で息が入ります。

それに対して札幌は先述したようにフラットな競馬場。
函館と直線の長さは変わらないが、坂がない分直線の短さが意識され息が入りません。
だから向上面でもうしかけが意識され始める。

しかし、ここでラスト4Fのタイムを比べると
函館:約51秒
札幌:約50秒
とスパートの短い函館の方が時計がかかっているのがわかります。
これこそ、それぞれのコースの高低差が影響しているのです。

函館は向上面後半、ラスト4Fからスパートするのですが、
そこからラスト2Fまでの400mがずっと上り坂
なんです。
だから函館の方がスパート距離が短くても時計がかかるんですね。
札幌はほぼフラットですから。

あとは札幌のコーナー半径が大きいこともスピードに乗る要因の一つでしょう。


札幌と函館の違いをまとめると、

函館は札幌よりパワーが求められる

札幌は函館よりスピードと持続力が求められる

ということです。

あくまで札幌と函館を比較した場合というのをお忘れなく。


参考にしていただければ幸いです^^
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。