TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

台風の後いっきに涼しくなり、急に秋を感じさせられた。

そんな関東地方から今週もお届けします競馬場コース分析


初めての方の為に簡単にコーナーの説明をします。
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。

バックナンバー
小倉芝1200m
新潟芝(内・外)2000m
札幌芝2000m
札幌芝1800m
新潟芝(外)1600m


今週のコースは中山芝(外)1600m

日曜日に京成杯オータムハンデキャップが行われるコースです。

分析結果はこちら。(今週から画像をおっきくしてみました)

中山芝(外)1600

まずは青の全クラス平均を解析します。

スタートの加速はそれほど大きくありません。

しかし、ラスト7~4Fでなかなかペースが落ちません

これは中山外回り特有の、2角~3角にかけての長い下り坂のせいです。

次に、グラフを見るとラスト4Fで谷ができています。

ここは3角の中間あたりで、コーナーに入ってようやく息が入っているわけです。

ラスト3Fからスパートするので、スパート距離は3F分の600mとなります。

最大加速はラスト4Fから3Fにかけての約0.22秒。

最後の失速は約0.24秒です。

中山はご存じのとおり中央場所では屈指の直線の短さ(310m)です。

しかし、それに比べてスパート距離が延びないのは不思議ですよね。

それは、先述した2角~3角にかけての長い下り坂がポイントになっているんです。

スタートから飛ばしまくる分、ロングスパートにならずに途中で息が入る

だからスパートのタイミングがずれるんです。

直線の長さだけで他の、特にローカル競馬場と一緒くたにしていると痛い目見ちゃいます。

逆に言えばコース巧者が出やすいということです。


次に重賞京成杯AHの解析です。

ご覧の通り、全クラス平均に比べて桁違いに前半が緩みません

かろうじてラスト4Fで一旦ペースが落ちるので、そこで息が入ります

しかし、加速する余地は全くないので瞬発力は要りません

いかにスピードを保つか、完全に持続力の問題です。

近年切れを武器にしたサンデー系は全く来ず、

芝でも行けるような快速ダート血統のノーザンテースト、Danzig、Mr.Prospecter系ばかり来ているのは当然というものです。

Bold Ruler系などの生粋のパワータイプや、サクラバクシンオーなど単純なスピードタイプも、

前半のハイペースで脚を使いはたしてしまうので好走は難しいです。


以上のことをまとめますと、

中山芝(外)1600mまとめ<<攻略ポイント>>
他のローカルと同じに見ていると危険

京成杯AHのための+α
テンの速さの対応と持続力

瞬発力の出番なし

こんなところでしょうか。


今週は以上です。

来週はセントライト記念の行われる中山芝(外)2200mです

それではまた来週^^

よろしければクリックしていってください^^


トラックバック

第55回京成杯オータムハンデ(G3)2010 レースラップ(過去10年間)

2010年第55回京成杯オータムハンデ(G3)レースラップ(過去10年間) こんにちは てつです。 京成杯オータムハンデは、中山競馬場の芝外回り1600m(Bコース)で施行されます。3歳以上のハンデ戦です。 2002年は新潟競馬場で行われましたので、その年を除…

京成杯オータムH : 過去の傾向

●過去3年の分析データを掲載します。 ◆各データは、 ・上が1着~3着馬のその時点での実績を集計した分析データ ・下の左側が、近5走内の...

【京成杯オータムハンデキャップ】の参考にも。中山開催開幕週の好走血統

今週から始まる【中山開催】 昨年の同開催開幕週の結果をまとめました。 【京成杯オータムH】中山芝・外1600mの参考にもどうぞ。

京成杯オータムHの過去成績と傾向

京成杯オータムHの過去5年の成績から傾向を復習します。 トラコミュ第55回 京成杯オータムH(GIII) 【京成杯オータムHの過去5年の成績】 現在のランキングはこちら (1)1人気馬は不振 過去5年で1番人気馬が3着以内を確保したのは1回だけで1勝も挙げていませ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

No title

重賞とはいえ京成杯AHのテンの速さは平均と比べて乖離しすぎ^^;
逆に言えば、テンでそれぐらい速い脚がなければ、この重賞でハナを切るのは難しいということだよね。

No title

ほぼ34秒ジャストで1秒以上も速いからね(汗

短距離並みのテンの速さはかなりきついだろうねー

でも坂の影響でのこの速さだから、単純なテンで使える脚とはそんな関係ないんじゃないかな?

もちろんその実績があるにこしたことはないだろうけど^^

No title

そうだね、テンの速さ自体は下り坂が影響しているんだろうね。

↑のコメで言いたかったのは、大きな乖離=重賞の壁なのかなと感じて。。
準OPで逃げて好走した馬が、京成杯AHで同じく逃げる形に持ち込めるのかなと疑問に思ってね。。
もちろん、他の出走メンバーにもよるんだろうけど。

No title

あーそかそか、読み込み甘くてすまんi-201

確かに勢いで何とかなるレースじゃないことは確かだろうね

そういう意味で重賞の壁ってのは大きいと思う!

ここ最近で条件戦上がりの馬は馬券圏内にすら入ってないしi-84
非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。