TOP > スポンサー広告 > 【復習】スプリンターズS回顧TOP > メイン展望&回顧 > 【復習】スプリンターズS回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【復習】スプリンターズS回顧

スプリンターズS回顧

【通過タイム】

11.7-22.4-33.3-44.5-55.6-1.07.4

【ラップ】

11.7-10.7-10.9-11.2-11.1-11.8

【展開】

 逃げ馬多数でだいぶ流れが速くなると予想されたスプリンターズS。今年はウルトラファンタジーが逃げる展開。しかし、どんどん飛ばしていく気配もなくローレルゲレイロが一度先頭に立つ場面も。去年は前半3Fを32.9秒で逃げたロ-レルゲレイロも今年は積極的には行かず、一瞬先頭に立つも、再び並びかけられると無理をせずに控えるほど。同じく逃げ馬のウェスタンビーナス、ヘッドライナーも無理に競りかけることもなく控えたため、案外流れは速くならず、前半3F通過が33.3秒。例年のスプリンターズSと比べると遅かったぐらいだろう。(ちなみに同日の500万が前半3F-32.9秒。)

【勝ち馬】

 勝ったウルトラファンタジ-は、5走前に香港のGⅠで2着、2走前に香港のGⅡを勝っているぐらいしか実績のなかった馬。その両方で逃げる競馬をして好走しており、逃げる形をとらなかった前後のレースではもまれ弱さを露呈し惨敗していた。そういう意味で、逃げ馬が揃っていた日本勢が一様に控えて、この馬がマイペースに逃げられた展開はまさに理想の展開だった。『外国馬は人気薄の方を買え』と言われるが、今年の場合もグリーンバ-ディに人気が集中し、他の日本勢のマ-クがこの差し馬にあったため、前にいたこちらのマークは薄れていたのかもしれない。

 もちろん、この馬自身も香港と日本の馬場差があるとはいえ、1.09.0秒の持ち時計を大幅に短縮しての1.07.4だから、日本の高速馬場に対応できるポテンシャルは秘めていたのだろう。いずれにしても、フロックとは言わないが、展開面など恵まれた面も多いのは事実だ。


【日本馬の敗因分析】 

2着(3番人気) キンサシャノキセキ

 久々のためか痛恨の出遅れ。それでも勝った香港馬を除けば、日本勢では最先着を果たし、高松宮記念馬の力は見せた。それだけに四位Jが言うように、本番前に一度使っておきたかった。


3着(7番人気) サンカルロ

 直線では内から抜け出しを図るも、ダッシャーゴーゴーの斜行による不利が痛かった。ただし、一度ブレーキをかけても、最後はあそこまで伸びてくるのだから、この馬の勝負根性は素晴らしい。

4着(6番人気)  ダッシャーゴーゴー

 降着は戴けないが、この馬としては勝ち馬とタイム差なしの競馬、1.07秒台の速い時計に対応できたことは大きな収穫。

10着(4番人気) ビービ-ガルダン

 内枠からでは内で包まれて走る気を無くすようで、近走成績からも典型的な外枠巧者。今回も前走に引き続き、内枠で包まれてしまったのが敗因。衰えの可能性もあるが、次走で外枠なら見直したい。

14着(5番人気) ローレルゲレイロ

 展開的には去年より楽な流れだが、直線ではウルトラファンタジ-とは対照的に大失速。去年のように単騎で逃げる形に持ち込まなければ案外、脆いのかもしれないが、それにしても負けすぎの印象。


【今後のスプリント戦線展望】 

 まだそれほど実績のなかった香港馬に負けてしまった日本勢。まさに低調といわれていたスプリント路線を象徴するレースになったが、振り返れば、ここ3年のスプリントGⅠの上位入線馬の顔ぶれをみると

10'高松宮記念

1着キンシャサノキセキ
2着ビービーガルダン
3着エーシンフォワード

09' スプリンターズS

1着ローレルゲレイロ
2着ビービーガルダン
3着カノヤザクラ

09'高松宮記念

1着ローレルゲレイロ
2着スリープレスナイト
3着ソルジャーズソング

08'スプリンターズS

1着スリープレスナイト
2着キンサシャノキセキ
2着ビービーガルダン

08'高松宮記念

1着ファイングレイン
2着キンサシャノキセキ
3着スズカフェニックス

 と同じ馬が何度も3着以内にきているように、スプリント路線では新旧交代が進んでいなかった印象を持つ。と同時に、今回も4歳馬は高松宮記念のレーティング上位枠のサンカルロと重賞2連勝中のワンカラットの2頭だけだったように、競争馬としてもっとも充実期を迎える4歳世代の出走が少なかった。(これは、4歳馬の収得賞金が一律半減される制度が影響を与えてると指摘されている。)

 先週末は海の向こうからレッドディザイアがフラワーボウル招待(GⅠ)で3着、ナカヤマフェスタが凱旋門賞2着という嬉しい知らせが届いたのとは対照的な結果だったスプリンターズS。今回はダッシャーゴーゴーサンカルロといった新勢力も台頭してきただけに、(JRAの制度上の問題も含めて、)今後のスプリント路線のレベルアップを図っていく必要はあると思う。

(不死鳥)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。