TOP > スポンサー広告 > 根岸S展望 TOP > メイン展望&回顧 > 根岸S展望 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


根岸S展望 

以前から、次走注目馬として注目している2頭が出走してくる。

注目している理由は以前の記事を参照。

ワンダーポデリオ

サマーウィンド


今回自信を持って本命にするのは、

◎ワンダーポデリオ

今回はとにかく条件が好転する。

まず、ベストと思える東京ダ1400m(2,2,1,0)へのコース変わりが魅力。

当舞台では、日本レコードとコンマ3秒の1.22.2の時計で走ったこともある。

しまいの末脚(東京1400では5走中4度が35秒台)がいきる当舞台でこその馬といえる。

サマーウィンド、ケイアイテンジンやセレスハントらがハナを主張しあえば、展開も向く。

さらに、不良馬場だった去年、一昨年を除けば、根岸Sは(特に父)ミスプロ系が好走する舞台。

(07'はワンツー)

土曜日も同舞台の4レースで馬券になった12頭中9頭父ミスプロ系、連対に限れば8頭中7頭

パワーを要するこの時期の馬場だからこそ、ミスプロ系が好走するとみていい。

ミスプロ系の父を持つワンダーポデリオが好走するには、この上ない条件がそろった。

状態面も先週・今週の坂路調教で自己ベストを更新してくるほどの絶好調。

しかも一番勝てる可能性のある重賞とみて、2週続けて目一杯追ったあたりに勝負気配を感じる。

相手本線は、当然もう一頭の注目馬○サマーウィンドと前走の時計優秀▲ケイアイテンジンが強力。

以下、カペラS勝ちでもなぜか人気急落のミリオンディスクと2着馬ダイワディライト

(いずれも父ミスプロ系アフリート

さらに、府中の鬼ワイルドワンダーと、実は府中向きのオーロマイスターまで抑える。

(馬券)

ワンダーポデリオから印へ馬連かワイドで。









コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。