TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】JBCクラシックTOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】JBCクラシック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】JBCクラシック

JBCクラシック

JBCクラ

サークル内では◎シルクメビウスが2人で最多。

フジ系『うまプロ』出演中の茎辺留蜂は◎⑨セレン


穴の慶應BOY
<<茎辺留蜂の見解>>

 ◎⑨セレンはデビュー以来すべてのレースでメンバー中上がり3位以内の脚を使っている。確実な末脚は交流重賞を使っても変わらないが、展開の不向きなどもあり、あと一歩足りないでいる。ただ、前走は久しぶりに休養を取った影響か、昨年の当レースより大きく内容を上げてきた。叩き2戦目の上積みを考えても、今の出来なら初の馬券圏内が期待出来そう。


馬柱初参戦!!『地方のエース』
<<大井の超電磁砲の見解>>

 大きく見て、フリオーソ対JRA勢の戦い。展開を考えると、ある程度先行馬が揃った。前々に付けたいフリオーソに対し、アドマイヤスバル、ラウ゛ェリータ、オーロマイスター、スマートファルコンが追走すれば、3C~4Cで激流必死と考えて、本命は◎シルクメビウス。前走はカネヒキリに0.7秒差の圧勝。まさに今が完熟期だろう。


<<不死鳥の見解>>

 同舞台で行われた日本テレビ杯(フリオーソ・やや重)は驚異の1.48.8秒決着。とはいえ、その開催通して時計が速かった印象があり、さすがにこの高速時計決着では追込馬の台頭は厳しい。今開催は重馬場にも関わらず、その当時に比べて全体的にやや時計が掛かっている印象。追込馬の台頭の余地あり見て◎シルクメビウス。明日はやや重が予想されるが、この馬自身やや重以上の脚抜きのよい馬場では②③①②①①着と得意にしており、速い流れが予想される展開なら逆転も。
 穴は、左回りでは【5-1-4-4】(4着以下は④④⑦⑧着)と安定した成績を残すアドマイヤスバル。距離が長いというイメージがあるが、去年のJCダート(1800m)で◎と0.2秒差、距離延長時は②④①③③②②⑤③⑦①②①⑤②④着と安定した成績を残すように距離延長も問題なし。(相手に関係なく)常に相手なりに走る馬で、叩き2戦目ながら人気の盲点になるなら面白い。


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。