TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

夏が終わり秋を通らずに冬になろうとしている天気に憤慨中のクリスエスです

それでもめげずにやります競馬場コース分析

『競馬場コース分析』とは?
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。


バックナンバー
東京芝2000m
東京芝1600m
京都芝(内)2000m
東京芝1800m
中山芝(外)1200m



今回はファンタジーSの行われる京都芝(外)1400m

解析結果がこちら。

京都芝(外)1400


分析・全クラス平均

全クラス平均と銘打っておきながら、この京都(外)1400mというコースはほとんど特別戦で使用されるので、実質限りなく「1000万下」以上の平均ですので要注意。

それを踏まえて分析していきたいと思います。

実はスタートが緩いのがこのコースの特徴で、テン3Fが約35.15秒となっています。

短距離としてはかなり遅い方で、スタート後200mから始まる上り坂の影響でしょう。

また3コーナー最初の丘の頂上で息が入り、そこから下り坂でもペースが上がらない為、

結果として4コーナーから始まるスパートまで脚が残っていることがほとんどです。

よって上り3Fの平均は約34.84秒と、テン3Fより速くなるのです。

よって概して先行有利

スピード任せに行けるとこまで行くようなスプリント戦とは違うので、1200m実績はあまり参考にならないでしょう。

ローテーション的には同距離・距離短縮組の方が適しています

また血統的には短距離であることがあまり関係せず、オーソドックスに京都外回りで活躍する血統が活きてきます。

具体的にはサンデー系グレイソヴリン系が代表でしょうか。



分析・ファンタジーS

やはり2歳戦と言うことで、また他の京都芝(外)1400mも上級クラスで行われることが多い関係でほとんど差がありません。

なのでポイントはやはり先行有利同じかより長い距離を使ってきた馬たち。

また不利な差し馬の好走条件もほぼ決まっており、それは1600mで差して届かなかった馬
 07年3着エイシンパンサー
 09年1着タガノエリザベート


まとめ
▷京都(外)1400m

 先行有利
 同距離・距離短縮組
 京都外回り好走血統


ファンタジーS
 先行有利
 同距離・距離短縮組
 前走1600mで差して届かなかった差し馬




今週は以上です。

来週はエリザベス女王杯の行われる京都芝(外)2200mを予定!


明日からBCが始まります!

レッドディザイア、ゼニヤッタと対決するエスポワールシチーをみんなで応戦しましょう!!

それではまた来週^^

 ↓↓↓よろしければクリックお願いします♪


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。