TOP > スポンサー広告 > 出世レ-ス分析~2歳牡馬編~TOP > 出世レース分析 > 出世レ-ス分析~2歳牡馬編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出世レ-ス分析~2歳牡馬編~

出世レ-ス分析~2歳牡馬編~

  前回の出世レ-ス分析では、2歳牡馬路線は野路菊Sのウインバリアシオンが一歩抜けていると書いたが、その後ライバルは出現したのか、出世レ-スから分析したい。

まず最初に分析したいのは、近年 『伝説の新馬戦』 として有名な菊花賞当日の新馬戦(芝1800m)

新馬戦(菊花賞当日の芝1800m)

ダノンバラード

  もともと以前は菊花賞当日の新馬戦は、芝2000mで行われていたが、06'に条件が芝1800mへ変更されると、初年度から後に重賞戦線で活躍するヒカルオオゾラ(1着)を輩出。翌年の07'は2000mに条件が戻されたが、08'に再び条件が芝1800mへ変更されると、以下のように2年で5頭のGⅠ馬を輩出し、まさに『伝説の新馬戦』となった。

新馬戦(菊花賞当日・芝1800m)

2009年(11頭立て)

1着 ローズキングダム⇒朝日杯1着・ダ-ビ-2着・菊花賞2着
2着 ヴィクトワールピサ⇒皐月賞1着・ダ-ビ-2着

2008年(11頭立て)

1着 アンライバルド⇒皐月賞1着
2着 リーチザクラウン⇒ダ-ビ-2着
3着 ブエナビスタ⇒桜花賞1着・オ-クス1着
4着 スリーロールス⇒菊花賞1着

 今年も10頭立てながらディープ産駒のダノンバラードフェアープライド、ブロードストリートの半弟ブルースビスティー、菊花賞馬ビッグウィークの半弟タイセイジーニアス等、『伝説の新馬戦』に恥じない好メンバーが揃った。
 そして、このレ-スを制したのはディープインパクト産駒のダノンバラード。レ-スでは好スタートから好位の4番手を追走。直線に入ると馬なりのまま先頭に迫り、残り1Fあたりで先頭に立つ。ここから軽く仕掛けられると後続を2馬身突き放し、最後は手綱を抑えてゴールイン。直線の走りは能力溢れる走りで、着差以上に強い競馬だった。レースセンスも良く、器用さが求められる競馬にも向きそう。
 ダノンバラ-ドの母はアイルランド産でクイーン賞GⅢ・TCK女王盃GⅢの勝ち馬で、半兄には京都新聞杯2着のロードアリエスがいる血統。NHKマイルを勝ったダノンシャンティら同様にヘイローの3×3のクロスを持っており、高い瞬発力を内包している可能性もある。鞍上の武豊Jも『これまで(乗ったディープ産駒)とは違う。』とコメントしており、順調にいけば来年のクラシックを展望できる1頭といえる。

次に紹介したいのは萩S

萩S(OP)

ショウナンマイティ

 『伝説の新馬戦』同様、京都の芝1800mを舞台に行われる萩S。こちらも偶然にも、2002年に京都の芝1800mで施行されているようになってから『出世レース』となっているレースである。翌年の2003年には後に天皇賞(春)を制するスズカマンボが勝つと、下記のように次々と出世馬を輩出している。特に05'はわずか8頭立てながら、1~4着馬が後にGⅠで大活躍し伝説のレースとなった。(なお、この時シンガリ負けだったのが、後に兵庫へ移籍して活躍するチャンストウライである。)

萩S

09'1着コスモファントム⇒ラジオNIKKEI杯2着、ダートダービー2着
09'3着エイシンフラッシュ⇒皐月賞3着、ダービー1着
07'1着フローテーション⇒菊花賞2着
05'1着フサイチリシャール⇒朝日杯1着
05'2着ドリームパスポート⇒皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞2着
05'3着ロジック⇒NHKマイル1着
05'4着メイショウサムソン⇒皐月賞1着、ダービー1着

 今年、このレ-スを制したのはショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)。レースでは1000m通過62.1秒のSペースを後方3、4番手で追走。直線では大外をぶん回しながらも、唯一の33秒台である33.6秒の末脚で一気にまとめて差し切った。ケタ違いの瞬発力を持っており、先々が非常に楽しみになるレース内容だった。

 また、この馬が勝った新馬戦(最終週の阪神1800m)も3年連続でGⅠ馬を輩出し続けている『出世レ-ス』として有名で、過去3年だけで後の出世馬を多数輩出している。

09'3着ダイワバーバリアン⇒朝日杯3着 NHKマイル2着
09'6着エイシンフラッシュ⇒皐月賞3着、ダービー1着
08'1着ロジユニヴァース⇒ダービー1着
07'1着アーネストリー⇒宝塚記念2着、天皇賞(秋)3着
07'2着トールポピー⇒阪神JF1着、オークス1着
07'8着キャプテントゥーレ⇒皐月賞1着

当然、出世レ-スを連勝し、出世街道まっしぐらのショウナンマイティも来年のクラシック候補の1頭として期待できる。次走は暮れのラジオNIKKEI杯を予定しているそうで、ぜひその動向には注目したい。

(不死鳥)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。