TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

 こんにちは、クリスエスです。

表ではG1が盛り上がりまくってますが、裏でしっかり稼いで軍資金にしましょう。

はじめます競馬場コース分析


『競馬場コース分析』とは?
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。


バックナンバー
京都芝(外)1600m
京都芝(外)2200m
京都芝(外)1400m
東京芝2000m
東京芝1600m



今回のテーマは京都芝(内)1200m

土曜日に京阪杯(G3)の行われるコースですが、さっそく見てみましょう。


京都芝(内)1200


分析・全クラス平均

1200m京都のスタートは向上面中ほどから。

すぐに淀の坂があるためにテンが速くなりません

その分他場の1200mと比べ後半まで脚が残り、速い末脚が求められます。

いかにスピードを落とさずに行けるかがカギなので、京都ではもはやお決まりの持続力がここでも必要です。

これは直線の長さが意識されてテンが速くなりにくい東京芝1400mと同じ傾向で、東京・京都同時開催の春、秋のみ活躍する短距離馬がいるのもこのためです。

他場で先行勢について行けなかった馬や、速いペースの追走で手いっぱいになり末脚が生きなかった馬たちは狙い目です。



分析・京阪杯(GⅢ)

こちらも全クラス平均をそのままレベルアップした内容になっており、他の短距離重賞よりもテンのスピードが求められない分やはり持続力がカギになります。

血統的にはダート型ノーザンダンサー系ミスプロ系ダート向きの持続力を発揮して活躍しています。

また近年はそれらの血とスタミナ型ノーザンダンサー系グレイソヴリン系といったスタミナを補完する血で構成された血統の馬が約走っている傾向にあります。


ここで更に脚質別重要ポイントを上げますと、

先行馬は特にダート型ノーザンダンサー系の血を持つことが有効になっています。

またダート短距離を先行しかつ速い上りを使って好走した経験が活きてきます。


差し馬はと言いますと、

まず前走同じ舞台の京都芝(内)1200mを使ってきた馬が有力です。

さらに過去京都1200・1400mを33秒台 or メンバー中3位以上の末脚で好走した経験は直結します。

そして逆にGⅡのスワンSを5番手より後ろから行って凡走した馬の巻き返しも良くあります。

最後に、京都を小さく下ような中京競馬場での1200m好走歴は意外と気づかない好走馬の共通点です。



まとめ
▷京都芝(内)1200m
持続力
他場の短距離で凡走した馬の巻き返し

▸京阪杯(G3)
ダート向きの持続力
ダート血統+スタミナ血統
先行馬、差し馬で狙うポイントを絞る



今週は以上です。

京阪杯は荒れやすい重賞の一つですので、是非ものにしたいですね!

来週は鳴尾記念(G3)の行われる阪神芝(外)1800m予定しています。

来週もお楽しみに♪

よろしければクリックお願いします!
 ↓↓↓↓↓


コメントの投稿

詳しいですね♪

競馬場を徹底的に検証されていますね。
詳しい情報なので、とっても役に立ちました♪

No title

> 万馬券☆さん
どうもありがとうございます!
自分は完璧主義なもので授業そっちのけでコラム書いてますw
これからも遊びに来てください^^
非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。