TOP > スポンサー広告 > 競馬本レビューTOP > 競馬本レビュー > 競馬本レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬本レビュー

『超万馬券を10点以内で当て続ける方法』 (著亀谷敬正 競馬王信)


超万馬券を10点以内で当て続ける方法 (競馬王新書12)超万馬券を10点以内で当て続ける方法 (競馬王新書12)
(2008/05/23)
亀谷 敬正

商品詳細を見る



 今回紹介するのは、血統ビームバランスビームと言った予想法で人気を博した亀谷敬正氏の著書『超万馬券を10点以内で当て続ける方法』です。
一見、胡散臭い馬券を当てる法則を紹介したいやらしいそこらの競馬本のタイトルのような雰囲気がありますが、中身は大違い!

その内容はと言いますと、、、


 序章では発売直前(08年6月発売)に行われた皐月賞(勝ち馬:トーセンキャプテンキャプテントゥーレ)のパーフェクトすぎる予想の紹介から入り、まず亀谷氏の競馬を見る目のすごさを読者に示しています。


 次に第1章、タイトルは『超万馬券を商店数で当てるためのスタンス』です。
内容はその名の通り万馬券を狙う"方法"ではなく、『「どんな馬場来るか」を日ごろからイメージしておく』といったような考え方の土台の部分です。
それをいくつかのポイントに分け、亀谷氏の的中実績を模範例に取りながら解説していきます。


 そして第2章は『人気薄に◎を打つための思考力』です。
ここでは亀谷流"適性"の捉え方を解説してあり、『能力には相反するものがある』『もともとどういう素質を持っていて、どんな戦歴を刻んだうえで今の距離を走っているかが重要』といった、馬柱の数字を上辺だけすくっただけの適性診断から一歩踏み込んだ考察を行っています。


 第3章は少し毛色が変わり、『ダートで超万馬券を狙う』とあります。
ここでは本のタイトルに沿って、亀谷さんが得意とするダートコースの万馬券攻略ポイントを紹介しています。
しかし本文に『近走の条件と今回の条件を血統面から分析』という言葉があるように、単に方法論が載っているだけのお手軽なないようなわけではありません。
ポイントがわかりやすいコースを提示して、第1・2章の内容を実践で使うための橋渡しをしてある章というわけです。


 そして第4章『血統でしかわからないもの』では、本書で多く予想根拠に用いられていた"血統"を、いかに根拠たらしめるかの考え方が書いてあります。
その本筋は『スタミナとは距離適性ではなく「スピードの質」』という考えに集約されており、
欧州を席巻しているダンチヒ系はなぜ日本では短距離の方が走っているのかや、『すべての馬はバテているといった考え方から「スピードの質」をあぶり出します


 最後に付録として『スピードの質が一目でわかる輸力種牡馬リスト』が付いており、血統初心者でも種牡馬の適性を得ることができるようになってます。



 このように激走する人気薄を探り出す様々なヒントや、根本的な競馬予想に対する軸を示してくれている本です。

 なによりも、従来の「ダート不良馬場はフレンチデピュティ(クロフネ)を狙え」と言った類の、"思考0"の血統予想とは全く趣を異にした血統の考え方 ―考える血統論とでも言うましょうか― は、血統を見る方には大変有益だと思います。また血統をとっつきにくいと思っている方や、ダビスタで種牡馬は覚えたけど予想には使ってませんという方(笑)にも本当にオススメです!

これを読めばあなたも亀谷ファンになること間違いなし♪



コメントの投稿

No title

↑↑キャプテン違いのような気が...

レビュー読んだ感じだと、考え方の土台からちゃんと順序立てて説明していて、読んだ後にはいかにも予想の幅が広がりそうだね。

それに、世に出回ってる馬券本の中には、過去の馬券自慢にやたらとページを割いて、核心部分にはわずかしかページを割かないような中身のない馬券本も少なくないからね。そういう意味でも亀谷さんの本は良書なんだろうね^^

No title

ありがと、修正しときました(苦笑

実際ちゃんと"予想"するようになったのはこの本読んでからなんだ。

ほんと不死鳥の言うとおりで、予想を始めるにあたって最初に読んだ本がこの本でよかったって心から思ってる!!

※私は亀谷氏の回しものではありませんw
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。