TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

どうもクリスエスです。

寒い日ばかりで嫌になりますが、今週も頑張って書きます競馬場コース分析

※Twitter告知の、土曜中山メイン「ラピスラズリS」が行われる中山芝(外)1200mもどうぞ


『競馬場コース分析』とは?
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。


バックナンバー
阪神芝(外)1800m
京都芝(内)1200m
京都芝(外)1600m
京都芝(外)2200m
京都芝(外)1400m



今週のテーマは、日曜日に阪神ジュヴェナイルフィリーズが行われる

阪神芝(外)1600m

解析結果は以下の通り。

阪神芝(外)1600


分析・全クラス平均

まずパッと見て第一に感じるのは、「マイルにしてはペース変化が激しいなぁ」ということです。

『淀みないマイル的な流れ』なんてみなさんもどっかで聞いたことがあると思いますが、

「淀みない」とはつっかえがなくスムースに物事が進むことです。

しかしこの青いグラフは見事にうねってますよねw

つまりマイルにして「非マイル的」なコースと言えると思います。

その証拠にマイル以下ではめったに見られない、テンより上がりが速いラップを刻んでいます。
 テン3F――35.84秒
 上がり3F―34.77秒


またスパートし始めに約0.7秒もの加速をしていることからも、マイルらしからぬ適性が求められてます。

よってポイントは切れを活かせる中距離適性

また京都外回りとの関連が強く、サンデー系やグレイソヴリン系、ロベルト系など似た血統の好走が目立ちます。



分析・阪神JF(G1)

※データは外回りコースで行われるようになった06年以降の4年間でまとめています。

ご覧の通りレースのペースは前半全クラス平均より速く、後半は同じか遅くなるという感じですが、両者の大きな違いはラップの偏りです。

先述のとおり全クラス平均は終い重点の後傾ラップなのに対し、阪神JFは前半で飛ばす分前傾ラップになるのです。

そのため全クラス平均は中距離適性が求められると書きましたが、阪神JFでは1400mからの距離延長組の好走も珍しくありません

ただ速いテンからの流れの中で、最後にはしっかり0.4秒ペースアップするスパートについていく必要があるので、

単調なスピードだけでなく底力が求められます

そう言った点では上で挙げた系統の種牡馬たちは適任と言った顔触れです。

現にグレイソヴリン系なんかは出走した馬のうち2頭に1頭の確率で馬券に絡む活躍を見せています。


前傾ラップというより"普通の"マイル的な流れに近づいたことで、距離適性を指針に予想するのは難しいでしょう。

末脚も35秒台が普通で、33秒台の足が使えることは強みになりません

つまり従来の「阪神外回り」のイメージとは異なると言うことです。

なのでここは大胆に血統重視で行きたいと思ってます。



まとめ
阪神(外)1600m
中距離適性
サンデー系やグレイソヴリン系、ロベルト系など京都外回りで活きる血


阪神JF(G1)
やはり京都外回り血統
いわゆる"阪神外回り"とは趣が異なる






今週は以上です!!

みなさん気づいているか分かりませんが、

実は今回で東京・中山・京都・阪神・新潟の全マイルコースの分析が完了しました!!

さらに次回は既に分析済みの中山芝(外)1600mで朝日杯FS(G1)が行われると言うことで、

コース分析1600mのまとめ

を掲載したいと思います

今までは個別に見てきた分析結果も、他と比較することでさらにその性格が明確になるでしょう

是非来週も見に来てください

待て次回


気に入っていただけましたらクリックお願いします
 ↓↓↓↓↓↓↓↓


コメントの投稿

系統

こんばんは。競馬初心者なので伺いたいんですがサンデー系やグレイソブリン系など色々系統がありますがよく分からないので表みたいなので分類してあるのが見てみたいです。宜しくお願いします。

>T01さん

コメントありがとうございます!

血統の系統図が見たいとのことですが、
初心者ならなおさら、血統表を見ても何が何だかわからないと思いますi-201

加えて、系統ごとに種牡馬を書くにしても現在産駆が走っている種牡馬は400頭以上i-177
代表的なものを挙げるにしてもサンデーサイレンス系だけで何十頭もいたり…と大変難しいのが現状ですi-195

なので、書店で血統に関する書籍を読んでいただくのが一番いいと思いますi-190
あ、個人的には『ダビスタ』をやることを最もオススメします(笑)

No title

ウィキペディアが案外分かりやすいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

系統をクリックすると、どんな種牡馬がいるのかが分かります。
ネットサーフィンしている内に何となく掴めるのではないでしょうか。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。