TOP > スポンサー広告 > 【GⅠ特別コラム①】有馬記念は荒れる!? JC上位馬の死角TOP > GⅠ特別コラム > 【GⅠ特別コラム①】有馬記念は荒れる!? JC上位馬の死角

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【GⅠ特別コラム①】有馬記念は荒れる!? JC上位馬の死角

GⅠ特別コラム 
~有馬記念は荒れる!? JC上位馬の死角~ 

 今年は例年以上に好メンバーが集まった有馬記念。どの馬もGⅡ・Ⅲレベルなら1番人気に推されそうなメンツです。この有馬記念の予想を考えていくにあたり、一つのポイントになるのが16頭中7頭とほぼ半数を占めるジャパンカップ組の取捨だと思います。過去10年の有馬記念でも前走JC組は【6・3・4・52】と重要なステップになっていますが、重要なのは必ずしもJCで上位入線した馬が有馬記念でも上位にきているというわけではないということです。これから順に説明していきますが、JCで上位入線した馬が有馬記念で好走できるかは『JCの展開次第』といっても過言ではないのです。


 有馬記念の鍵を握るJCの展開

 近年のジャパンカップはラップ的にも勝ち時計的にも、極端に淀みない流れの年流れが緩む年との差が激しい。過去5年を分けてみると、以下の通り。

☆淀みのない流れだった年は09' 05'

☆流れが緩かった年は08' 07' 06' 

 淀みのない流れだった09'(ウォッカ)、05'(アルカセット)はいずれもコースレコードを更新するほどの高速時計決着になっており、極めて底力が問われたレース内容だったといっていい。その証拠に、05'の2着(日本馬最先着)のハーツクライは次走有馬記念でディープインパクトを破って1着09'有馬記念も(1~4着は不出走で)JC最先着だったエアシェイディ11番人気で3着に入線している。つまり、淀みのない流れだった年のJC上位入線馬は有馬記念でも素直に評価できるという結論に達する。

 では、逆に流れが緩かった年のJCはどうか。次走で有馬記念に出走したJC上位入線馬に限定して一年ずつ見ていきたい。

06'
1着ディープインパクト⇒有馬記念1着(1番人気)
2着ドリームパスポート⇒有馬記念4着(2番人気)
4着コスモバルク   ⇒有馬記念11着(6番人気)
6着メイショウサムソン⇒有馬記念5着 (4番人気)

07'
2着ポップロック   ⇒有馬記念5着(2番人気)
3着メイショウサムソン⇒有馬記念8着(1番人気)
4着ウオッカ     ⇒有馬記念11着(3番人気)
5着デルタブルース  ⇒有馬記念12着
6着チョウサン    ⇒有馬記念13着

08'
1着スクリーンヒーロー⇒有馬記念5着(3番人気)
4着マツリダゴッホ  ⇒有馬記念12着(2番人気)
6着メイショウサムソン⇒有馬記念 8着(4番人気)

 見てわかるように歴史的名馬ディープインパクトを除いて、全ての馬がJCの好走を評価されて有馬記念で上位人気に推されながら馬券圏外に飛んでいる。特に07'、08'はJC組の上位人気馬が全て飛んだために、3連単80万馬券、98万馬券が飛び出している。つまり、流れが緩かった年のJCの上位入線馬は有馬記念で信頼することはできないと言える。理由は簡単、『流れが緩く瞬発力が求められたJC』と『底力が求められる有馬記念』ではレースの中身が違うからだ。

今年のJC上位馬は有馬記念では危険!?
 
 では、今年のジャパンカップはどうだったのか。

以下、『ジャパンカップ回顧』からの抜粋である。

【ラップ】

12.8-11.7-11.9-12.3-12-12.7-12.9-12-12.2-11.2-11.3-11.9

 『逃げ馬不在のメンバー構成。押し出されるようにしてハナを切ったシンゲンが作った流れは(1000m=60.7秒 1200m=73.4秒)と落ち着いた流れ。ちょうど半分にあたる1200m通過73.4秒は(中山開催の02'は除く)過去9年で08'(スクリーンヒ-ロ-)に次ぐ緩いペース。特に向こう正面~3角にあたる6~7F目で12.7-12.9と息が入っており、逃げたシンゲンも、少し離れて直後を追走した先行馬にとっても厳しい流れではない。3角過ぎから12.0-12.2と徐々に加速しつつ、後方の馬も差を詰めて、最後の直線ではほぼ一団となって11.2-11.3-11.9と決め手比べの瞬発力勝負となった。当然、速い上がりを使える瞬発力勝負向きの馬(=上位入線馬)に流れは向いたと言える。逆にSペースだった一昨年のJC(5着)や昨年の天皇賞(4着)でキレ負けし、淀みのない流れだった昨年のJC(2着)で好走したオーケンブルースリ(他にもメイショウベルーガ・ナカヤマフェスタら)のように、上がりのかかる展開向きの馬にとっては厳しかった。』

 
 当然、流れが緩く瞬発力が求められた今年のJC上位入線馬も有馬記念では信頼できないと結論づけられる。歴史的名牝ブエナビスタは淀みない流れの天皇賞を圧勝していることからも底力勝負は歓迎だが、繰り上がりで勝ったローズキングダムをはじめ、上位を占めたヴィクトワールピサ・ペルーサ3歳馬には疑問符がつく。世代のレベルが高いことを認めつつも、Sペースのダービー以来、神戸新聞杯、菊花賞後もずっと言われているように本格的な底力勝負になった時にどうかという課題は依然として残るからだ。おそらく有馬記念は『ブエナVSローズ』『ブエナVS3歳馬』という構図をマスコミは強調するだろうが、上のデータからも3歳馬は危険な人気馬になりかねない。では、そのかわりに有馬記念で激走する穴馬はどの馬なのか。

 それに関しては金曜にアップする【GⅠ特別コラム②有馬記念の穴馬】で詳しく書きたいと思いますので、そちらの方もぜひ参考にしてみてください。

(不死鳥)

【オススメ】

馬券を的中させるのに、もう頭を悩ませる必要はない?


【ジャパンカップダートの予想も無料!!】>>>【競馬予想サイトのウマセン】

ウマセンキャプチャー画像
毎週末の予想に費やす時間、
労力って馬鹿にならないものです。

そこで考えたのは、もっと手軽に
競馬予想を行う簡単な方法はないか?

いくつか探してみた中でオススメしたいのが、
←←「無料の競馬予想サイト ウマセン」。



軸馬から紐まで、買い目と共にすべて無料で公開されており、登録するだけで5分とかからずに週末の予想情報を手に入れられます。

―――――――――――――――――――――――
レース名:12月19日(日)小倉11R愛知杯(G3)
実際配信された買い目:馬連⇒3-4・3-5・3-8・3-13・3-16・3-17
*3は6番人気のセラフィックロンプ
―――――――――――――――――――――――

何と6番人気のセラフィックロンプが軸でした。

確かに昨年の勝ち馬だし実力も付けていると思い、
ウマセンが出した買い目を6点購入。

すると直線でセラフィックロンプが抜け出して押し切りました。

3~4着のヒカルアマランサス、イタリアンレッドも買っていましたので
完全的中でした。

馬券を買ってからレースが始まるまではかなりドキドキ
でしたが、終わってみれば1番人気のブロードストリートが相手でも2,680円の配当。
素直にウマセンの買い目を買って良かったです。
*今アクセスして頂ければ愛知杯の実際の買い目を見る事ができます。

馬連の他、ウマセンは単勝を3点、3連単を80点で買い目を
提供しています。

馬連を合わせると合計約90点になりますが、
3連単が当たると万馬券になる可能性が高いので、結局回収率としては
80~150%となる事が多いです。

※もちろんフリーアドレスでも登録可能です♪

あと携帯版もあるので、いつでもどこでもレース直前に予想を入手することが可能です。

毎週末の予想に費やす時間と労力って馬鹿にならないものです。

競馬予想サイトのウマセンを使ってもっと手軽に競馬予想を行ってみてはいかがでしょうか。


トラックバック

2010 有馬記念 出走馬情報 JRA編

中央競馬の一年を締めくくる有馬記念は、競馬の世界だけにとどまらず、“暮れの風物詩”として日本中が盛り上がる一大イベント。管理馬を送り出す陣営にとっても、出走させること自体が名誉と言えるビッグレース...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

No title

今日のローズキングダムの取り消し

なんか大荒れの前兆のような気がする。

GⅠ特別コラム②

「GⅠ特別コラム②有馬記念の穴馬」のアップはまだですか?
金曜日は過ぎて土曜日になりましたよ。

No title

>hiroさん

そんな雰囲気もありますね。
大荒れすぎても困りますが。。(笑)
適度に荒れてくれればいいのですが。

>サンダーバード1号さん

期待して待っていてくださってありがとうございます。
これからも当ブログを宜しくお願いします。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。