TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

今週で今年の競馬も締めくくり!!

ただこのコーナーはまだまだ区切りには程遠いです競馬場コース分析


『競馬場コース分析』とは?
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。


バックナンバー
阪神芝(外)1600m
阪神芝(外)1800m
京都芝(内)1200m
京都芝(外)1600m
京都芝(外)2200m



今週のテーマは阪神芝(内)2000m

施行されるのはラジオNIKKEI杯2歳S(G3)です。

解析結果はこちら。

阪神芝(内)2000



分析・全クラス平均

平均タイムが2分2秒2と時計のかかるこのコース。

持ち時計はあてにならないし、むしろ速い持ち時計での好走はマイナスになりかねない厄介なコースです。

ポイントは中間の緩さ

残り1400m~600mの4Fのタイムは平均50秒!!

あと3秒あればアイビスサマーダッシュが終わるタイムです(笑)

とても中距離2000mとは思えないほどのペースの落ち着きで、外回り2400mを思わせるラップの動き方です。

なのでマイル以下からの距離延長は危険です。

そしてさらに重要なポイントはスパート距離

グラフを見てわかる通り、向正面過ぎから緩やかにペースが上がっています。

その原因は3コーナー半ば、ラスト800mからの下り坂です。

直線が350m強と短いことも有り、この坂を引き金にスパートが始まることが多いんです。

よって他場ではあまり見られない800mスパートへの適性が大事なんです。

要素としては持続力

関連度の高いコースは同じ4Fスパートの京都中距離札幌中距離です。



分析・ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)

このコーナーで何度出たコメントかわかりませんが、

2歳重賞なので全クラス平均とほとんど差がありません。

なのでより具体的な重賞攻略のポイントについて書きたいと思います。

まず上記のポイント1個目の距離延長について。

実際に良馬場で行われた5年分の集計から見ると、1600m以下からのローテーションで馬券に絡んだのは08年のリーチザクラウンのみ。(前走は阪神(外)1600mの千両賞1着)

次にスパート距離適性

800mスパートを要する中距離コースは具体敵に京都中距離、札幌中距離。

そして実際に過去馬券に絡んだ15頭中13頭もの馬が前走そこか、あるいは同阪神(内)2000mコースから来ているのだ。

京都2000m:4頭
京都1800m:3頭
札幌1800m:3頭
阪神2000m:3頭

そしてこの13頭の全てが連体を果たしている。

ロングスパートの適性をしっかり発揮してきた馬が、同じ適性を求められるコースで続けて好走したというわけだ。

そしてこれは前走のクラスに関係ない

上記のコースで行われた新馬戦や未勝利から直行してきた馬もしっかり結果を残しており、むしろ下級条件からということで軽視され穴をあけている

09年3着ダノンシャンティ:新馬戦(京都1800m)
08年3着トゥリオンファーレ:未勝利戦(阪神2000m)
06年2着ヴィクトリー:新馬戦(京都2000m)
05年3着ヴィクトリーラン:未勝利戦(京都1800m)
04年3着アドマイヤジャパン:新馬戦(阪神2000m)

ただそれだけなら何頭もの馬が該当してしまうし、単にメンバーに恵まれただけの下級条件組まで拾ってしまうことになる。

さらにロングスパート適性を図るデータとして、

先行して35秒前後でメンバー中上がり3位以内の末脚を使って好走した馬

というポイントを追加したい。

これは馬券圏内に来た馬の全てに当てはまる

前に行って切れる上りでない速い上りを使って好走した経験がロングスパート適性を強調する。



まとめ
阪神芝(内)2000m
ロングスパート適性
4F2F以上の距離延長×

ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)
・ロングスパート適性
 →京都・札幌中距離ローテ
 →先行してメンバー中3位以内の末脚で好走
 →切れる末脚×
4F2F以上の距離延長×



今週はこれで以上です。

有馬前の資金集めの手助けになれば幸いです^^

いやー今回の有馬も豪華メンバーで楽しみですね!!

個人的には奇跡のレコードを出したダノンシャンティの真の実力に興味があります

次回は年明けに中山金杯(G3)が行われる中山芝(内)2000mを掲載予定です。

それではみなさん、今年最後の競馬を思いっきり楽しみましょう!

終わりよければすべてよし、良いお年を~^^


気に入っていただけたらクリックお願いします♪
 ↓↓↓↓↓


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。