TOP > スポンサー広告 > 共同通信杯展望TOP > メイン展望&回顧 > 共同通信杯展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


共同通信杯展望

東京11R 共同通信杯

◎③ダノンシャンティ

2戦2勝のアリゼオも魅力だが、馬券は ◎ダノンシャンティから買う。

この時期のレースといい、このメンバーの組み合わせといい、まずペースは速くならない。

当然、瞬発力勝負が予想され、1頭抜けて次元の違う末脚を使いそうなのがこの馬。

新馬戦はラスト2F11.0-10.9というラップを差すと圧巻の内容。2戦目ラジオNIKKEI杯でも、

34.4の末脚を使い、世代トップのヴィクトワールピサにコンマ2秒なら、ここでは別格扱いでいい。

アリゼオのホープフルSとの比較でも、今年はトライアルレースのダービー出走枠削減から、多くの有力馬

がより賞金の多いラジオNIKKEI杯に出ていた事実から、3着でも価値がある。

ラジオNIKKEI杯のダノン以外の2~6着馬はいづれも、前走もしくは次走のOPのレースで好走。

2勝馬サクラエルドールや、京都2歳S2着メイショウホンマルですら、着外に沈むほど。

対して、ホープフルSは1勝馬ばかりのメンバーで、2着以下は次走500万ですら、勝てていない。

例年のレベル(2着以下の馬が07'ブラックシェル、06’サンツェッペリン 05'アドマイヤメイン)より低い可能性が高い。


相手はそれでも再びルメール起用で勝負気配が高い○アリゼオと上がりを重視して▲ダイワアセット

単騎逃げしそうな△ハンソデバンド。穴に母父トニービンで府中で一変しそうなロジスプリング









コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。