TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】東京大賞典TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】東京大賞典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】東京大賞典

東京大賞典

東京大 
5人とも本命が異なるという大混戦。

大井予想バトルにて対決中の

アンリエットは◎ワンダーアキュート

かまぼこは◎バーディバーディ


<<アンリエットの見解>>

  超高速馬場で展開泣きの可能性があるシルクメビウス、前走で確変が終わった感のあるフリオーソ、印の付き方がやけに薄いスマートファルコンと3強には死角がたっぷり。思い切って◎ワンダーアキュートから狙ってみたい。特に目立った理由は無いが、昨年のJCダートで3人気に押されたことからも、実力不足では無い。調教も動き、それなりには出来にはあるだろう。好位から抜け出しを図る。大賞典ここ4年で、外から3頭以内の馬が4連勝中なのも好材料。問題は、テイエムオペラオーしか記憶に無い和田くらいかwもちろん内田に乗り代わったシルクメビウス、スムーズ先行でフリオーソまで逆転十分。アドマイヤスバルはヒモ狙い。スマートファルコンは調整過程疑問で惨敗覚悟。穴では、調教抜群のスーパーパワー。

<<かまぼこの見解>>

今の大井はとにかく高速馬場。その理由として考えられる要因に、
1・砂の深さが浅くなったこと。
2・頻繁に水を撒くようになったこと。
の2点が挙げられる。事実、最近のレースリプレイを見ていると、跳ね上がる砂の量が少なく、実際に競馬場を訪れると、カンカン照りでもないのに水を撒いている光景を目にする。パワーを要する地方の馬場から、中央向きの馬場に変わりつつある今、本来必要であったパワーを、スピードで補える計算だ。本命10バーディバーディは休養を挟み馬体が充実。今年の3歳馬のレベルが高いのは紛れも無い事実。JCD4着も、結果として逃げ馬を追いかけた分差されただけで、評価は高い。距離延長はスピードで押し切れるはずで、調教も抜群。実績ある園田の、兵庫ゴールドトロフィーに目もくれずここ一本に絞ったことにも好感が持てる。当初、浦和記念後長期放牧予定だった11スマートファルコンが急遽「大井2000mを経験させたい」という理由で短期放牧に切り替えたのはあまりにも不可解。評価を下げた。

<<クリスエスの見解>>

 本命はフリオーソ。大井は10戦して【3412】と本質的に軽いダートが合う馬。東京大賞典は過去二年良いところがないが、昨年は休み明け、一昨年は関西遠征の疲れで本調子になかった。今年は下半期3戦目、JBCも地元開催と余裕を持った臨戦態勢で盤石。JCD組は各所で決着の付いた相手ばかりで、今回はフリオーソが頭ひとつ抜けた印象。

<<不死鳥の見解>>

 ①現在の大井の馬場が高速馬場である点 ②過去の当レースでSS系が圧倒的に強い点からパワー<スピードの求められるレースになるとみる。◎スマートファルコン(父ゴールドアリュール)はこれまで1400~2000mと様々な距離に対応できたようにスピード能力はメンバー随一で、同距離2000mのブリーダーズGCをレコード勝ち(フリオーソに先着)していることからもそれは示している。今回も逃げ宣言をしているように、変に溜める競馬をするよりは現状は行き切ってしまう競馬の方がベスト。高速馬場を生かし、ここ2戦同様に逃げ切りを期待したい。




トラックバック

【予想】2010 東京大賞典 フリオーソ

2010 東京大賞典の予想です。 東京大賞典 データ分析 東京大賞典 予想 ◎ 09 フリオーソ 意地をみせてほしいところです。 その一言に尽きます。 ○ 03 アドマイヤスバル ようやく・・・軌...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。