TOP > スポンサー広告 > 競馬本レビューTOP > 競馬本レビュー > 競馬本レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬本レビュー

『重賞アプローチ2011年版』
(エンターブレイン 亀谷敬正著)



重賞アプローチ 2011年版 (サラブレBOOK)重賞アプローチ 2011年版 (サラブレBOOK)
(2010/12/03)
亀谷 敬正

商品詳細を見る



私は昨年版も持っているのですが、来年版の新刊が出たので紹介したいと思います。

この本は副題「馬券的中のヒントがテンコ盛り」とあるように、重賞の攻略本のような内容になっています。

具体的には重賞123レース全てについて3つの攻略ポイントが書いてあるんですが、

あれこれ言うよりも実際に的中例を紹介した方が分かりやすいと思います。

例えば10月30日のスワンS(G2)

うちの穴の慶應ボーイ茎辺留蜂も見事人気薄を指名したレース(詳しくはこちら⇒【馬柱(印)】スワンS)ですが、この本に載っているポイントと(該当馬)はこちら。

①時計のかかる馬場では1600m寄りの適性(当日は重馬場施行)
(9人気2着ショウナンアルバ)

②2歳~3歳前半マイル以上の重賞での連体実績
(9人気2着ショウナンアルバ、10人気3着ジョーカプチーノ)

③8人気以下
(9人気2着ショウナンアルバ、10人気3着ジョーカプチーノ)

なんと3つのポイントを使うだけで、3連単41万馬券の2,3着をピンポイント指名出来てしまったんです!!

このような的中のヒントになる分かりやすいポイントが全重賞に解説付きで載っているんで、常に予想時は横に置いておきたい1冊ですね。


さらにオススメポイントは、巻頭に収録されている、亀谷さんによる本書のポイントを使った重賞予想実践例です。

テーマごとに的中例を本命が決まるまでのフローチャートと共に解説しており、最後には競馬力を上げるための教訓とすべきポイントでまとめてあります。

単に重賞の解説をするにとどまらない、充実の競馬本と言えると思います。

新年5日からさっそく金杯も始まります。

この本を携えて、来年1年を充実させちゃいましょう♪

(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。