TOP > スポンサー広告 > 【2010年版】今年の競馬を振り返る TOP > その他コラム > 【2010年版】今年の競馬を振り返る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【2010年版】今年の競馬を振り返る

今年の競馬を振り返る


 今年度の年度表彰馬を予想しつつ、今年1年を振り返っていきたいと思います。

年度代表馬  
ブエナビスタ

ドバイシーマC2着
ヴィクトリアマイル1着
天皇賞(秋)1着
 
 今年はこの馬を中心に回ったといって過言ではないでしょう。牝馬ながら春はドバイへ遠征し、ドバイシーマCであわやの2着。秋は国内GⅠに専念し、天皇賞(秋)・(事実上)JCを圧勝するなど大活躍の1年でした。意外にも今年は全7戦して3勝2着4回と実は2着の方が多かったのも事実ですが、(2着もその全てが負けて強しの内容だったためか)2着の方が多いことに意外な印象をもってしまうことがその強さを示しているのかもしれません。もし、この馬が年度代表馬になるならば、トウメイ、エアグルーヴ、ウォッカに続く4頭目の牝馬での年度代表馬受賞であるとともに、3年連続で牝馬が年度代表馬になることになります。2年連続で年度代表馬に輝いたウォッカ同様に、来年も年度代表馬級の活躍ができるのか注目です。

最優秀2歳  
牡馬 グランプリボス

朝日FS1着 京王杯2歳S1着

牝馬 レーヴディソール

阪神JF1着 デイリー杯2歳S1着

 デイリー杯でレーヴディソールに完敗のグランプリボスが朝日杯を制したように現2歳世代も牝馬>牡馬を象徴するような結果になった暮の2歳GⅠ。やはりレーヴディソールの強さには目を引くものがあります。札幌の新馬戦の時もケタ違いの瞬発力に驚かされましたが、デイリー杯のレーヴディソールの末脚には正直、鳥肌が立ちました。個人的には今年一番印象に残ったレースです。



 レーヴディソールの強さに感嘆しつつも、それと同時に母レーヴドスカーの偉大さを感じずにはいられません。(ナイアガラ、レーヴダムール、アプレザンレーヴ、レーヴドリアンと全産駒が活躍。)上がファンタスティックライト、ファルブラヴ、シンボリクリスエスで走って、アグネスタキオンで走らないわけないですもんね。レーヴディソールには悲運だった姉や兄のためにも来年のクラシックでの活躍を期待します。

最優秀3歳  
牡馬 ヴィクトワールピサ

皐月賞1着 有馬記念1着

牝馬 アパパネ

牝馬3冠

 上記で挙げたブエナビスタやレーヴディソールをはじめ、牝馬が活躍した1年でしたが、今年はそれに加えて3歳馬が古馬混合GⅠで活躍した年でもありました。天皇賞、JC、有馬記念の複勝圏内だった、のべ9頭中5頭がヴィトワ―ルピサら3歳馬を占めており、秋以降のGⅡ・Ⅲクラスの重賞でも毎回のように3歳馬が絡んでいましたね。来年はこの世代を中心に回っていくのはまず間違いないでしょう。来年のさらなる飛躍に期待したいところです。

最優秀4歳以上  
牡馬 ナカヤマフェスタ

宝塚記念1着 凱旋門賞2着

牝馬 ブエナビスタ

 強い『牝馬』と『3歳馬』に押されて影が薄くなりつつある古馬勢の中で唯一気を吐いたのが、ナカヤマフェスタ。春には宝塚記念でブエナビスタを撃破すると、秋には世界の大舞台・凱旋門賞で2着と年度代表馬に選ばれてもおかしくない成績。年度代表馬が2頭選べるなら、ぜひこのナカヤマフェスタにもあげたいところです。


最優秀短距離馬  
キンシャサノキセキ
高松宮記念1着
スプリンターズS2着(日本馬最先着)

 ここまで今年は『3歳馬』の年と書いてきましたが、唯一3歳馬が活躍できずにいるのがスプリント戦線。今年、3歳馬と古馬が対戦したマイル以下の重賞で3歳馬が勝ったのは14戦でわずかに1勝(セントウルS ダッシャーゴーゴー)と大苦戦しています。7歳馬のキンシャサノキセキが実質春秋連覇をしたことが象徴しているように、唯一世代交代が進んでいないのがこのスプリント戦線で、今後の日本競馬の課題といえそうです。

最優秀ダートホース  
エスポワールシチー(トランセンド)

フェブラリーS1着
かしわ記念1着

 ここは唯一割れそうなところ。JCダートを勝ったトランセンドにもあげたいところだが、秋は海外遠征のために国内GⅠに参戦できなかったエスポワールシチーの評価を下げるわけにはいかない。(もちろん南部杯をあっさり勝っていれば文句なしだったかもしれませんが、)秋の国内GⅠに出ていないからと言って積極的に海外に出ていくことがマイナスに評価される様な事はあってはいけないと思います。近年はJCダートを制した馬が選ばれている傾向ですが、個人的にはエスポワールシチーを推したいと思います。
 ただ、ヴァーミリアン、カネヒキリら最強世代が去り、サクセスブロッケン、カジノドライブら次を担う世代の有力馬が故障で離脱しているので、今のダート戦線は小粒な印象も否めません。とりあえず、この路線はエスポワールシチーVSトランセンドの決着がつく来年のフェブラリーSに注目したいと思います。


 一年を振り返るとあっという間だった感じがしますが、ファンの視点から見ると今年はJC、有馬記念に象徴されるように好メンバーが揃い、レース前からわくわくするようなレースが多かったと思います。もちろん、GⅠだけに限らず来年も素晴らしいと思えるレースを1レースでも多く見てみたいものです。

では、よいお年を^^

(不死鳥)



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。