TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】中山金杯TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】中山金杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】中山金杯

中山金杯


慶應VS東大VS京大
中山金杯を的中させるのは!?

中山金杯
サークル内では人気が割れており混戦ムード。

京大の【火拳】◎キョウエイストーム

“うまプロ”に出演中の

『穴の慶應BOY』こと茎辺留蜂は◎アルコセニョーラ

『赤門の馬オタク』◎アクシオン

穴の慶應BOY
<<茎辺留蜂の見解>>

 ◎アルコセニョーラのOPクラスでの連対は6戦中5戦が斤量54kg以下で、一桁馬番時。今回は久々に条件が揃った感がある。脚質的にも牡馬混合のG3は合うし、一発あっても。

東大生
<<赤門の馬オタクの見解>>

 ◎アクシオンは1年前に上がり33秒台の鳴尾記念→35秒台の中山金杯を連覇。タイプの違う2レースを制した能力は非凡で、まともなら好勝負。

京大生
<<【火拳】の見解>>
 
 本命は、中山芝【3-3-2-0】の戦績を残す中山の鬼③キョウエイストーム。問題はただ一つ、距離をこなせるかどうかだ。確かにスェプトオーヴァーボード産駒に2000mは厳しいが、この馬は母父がサンデーサイレンス。基本的に平坦向きのスウェプト産駒にあって、この馬の中山適性は異色。母系が比較的強く出ている可能性がある。それならば好枠生かして、2000mもこなせて不思議ない。実際に幕張特別(中山1800m)では外からエックスダンスらをねじ伏せる強い競馬。一発の魅力秘める。
 対抗は②マイネルスターリー。近走は出遅れもあり惨敗が続いているが、函館記念でジャミール相手に圧勝した実力はG3では上位。東京でもOP勝ちしているように、一介の洋芝巧者では無い。鞍上も外人に替わり、好枠も引き当てた。スタートさえまともなら前進あるのみ。
 
<<不死鳥の見解>>
 
 ◎コスモファントムの逃げ切りを期待。この馬を除いて他の逃げ・先行馬は外枠に固まっており、もう1頭の逃げ候補モエレビクトリーも溜め逃げの馬なので、コスモファントムの単騎逃げは濃厚。中山金杯の過去10数年を振り返ると、逃げ馬は⑥③③①⑤⑨⑭②③④③①着と人気に関わらずほとんどの年で好走しており、このレースでは先行力は大きな武器になる。当然、単騎逃げ可能な条件が揃ったコスモファントムの好走も保証されたようなもの。そうでなくても、前走の中日新聞杯(2着)は3着以下に3馬身以上の決定的な着差をつけており、GⅢのここでは実力は1枚上。条件も揃ったここで初重賞Vを決めたい。
  


コメントの投稿

No title

キョウエイストームは
中山2000未経験というだけで11人気は美味し過ぎますよね。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。