TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

明けましておめでとうございまーす!

新年一発目、さっそくいきます競馬場コース分析


※重賞の行われるコースの分析はこちら
 シンザン記念:京都芝(外)1600m
 フェアリーS:中山芝(外)1600m




『競馬場コース分析』とは?
このコーナーは毎週1つのコースを取り上げ、ラップの分析によりコースの特徴を明確に把握しようという企画です。
分析方法は各コース、良馬場・クラス問わずで2009年末までの30レース分ラップを収集し、それらのハロンごとのラップ差を出し、平均値をデータとします。
良馬場に絞ることで馬場差の影響を最小限にし、クラスを限定しないことで純粋にコースがラップに与える影響を出すことを目指します。
また当該コースで行われる主な重賞レースの過去5年分のラップも同じように分析します。


過去記事一覧



今回のテーマはこちら!

中山芝(内)1800m

3月に中山記念が行われるコースですが、残念ながらまだまだ中山記念には日があるので、

今回は全クラス平均のみの分析となります。

※もちろん中山記念はその週の中で分析しますのでご安心を^^

中山芝(内)1800



分析・全クラス平均

さて、なにやら赤いグラフが付いてますね。

そして1400m以降のタップが瓜二つです。

そう、先週分析した2000mと1800mはそっくりなんですね。

もぉなーんも言うことありません。グラフ見て下さい!!(笑)

ただ距離が違うからちゃんと違うとこもある。

それはテンの遅さです。

こちらの表をご覧ください。

比較


1800mが2000mよりも0.6秒以上もテンがかかっているのがわかります。

グラフでも2000mの方が明らかに加速しているのが分かります。

これは単純明快、スタートから坂の上り続きで、なおかつすぐに1コーナーに入るからです。

その分グラフや表の次を見ればわかるように、中間が緩みにくいです。

そして2000mと同じように直線を意識し向正面の終わりから位置取り争いでペースが上がります

そして4コーナーあたりからスパート。

最大加速は約0.44秒と2000mとまったく同じです。

そしてラストの失速もほっとんど同じ。


似てる似てるで良く分からなくなってきたので整理しますと、

1800mの方がテンがゆるい分中間が緩みにくく、2000mよりも持続力が求められます。

逆に2000mはペースの変化が激しく、折り合いを書くとすぐにスタミナを消耗してしまいます。

なので狙うべきパターンは

短距離→1800m
長距離→2000m

です。




まとめ
中山1800mと2000mはそっくり!!

1800m:持続力向き
2000m:スタミナ向き


今週は以上です。

今週行われる重賞のコース分析はこちら
シンザン記念:京都芝(外)1600m
 フェアリーS:中山芝(外)1600m

新年一発目も無事かき上げることができました!

今年も頑張っていきたいと思うのでよろしくお願いしますね^^

よろしければクリックお願いします!
 ↓↓↓↓↓


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。