TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析(訂正あり)TOP > コース分析 > 競馬場コース分析(訂正あり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析(訂正あり)

※訂正
公開時に来週は中山芝(外)2200mを分析すると予告しましたが、このコースは既に分析済みでした。
なので来週は中山芝(内)2500mをお送りします。
来週で中山の芝コースは全て分析完了となります、どうぞお楽しみに!

※芝(内)3600mはステイヤーズSのみの施行となっているので、コース分析ではなく『重賞攻略マニュアル』での扱いになります。



期末レポートやテスト勉強で掲載が遅れてしまいました。

いつみ見てくれている方々にはほんとに申し訳なく思います。

レース直前になってしまいましたが、課題も競馬場コース分析も頑張ります!




今週のコースは京都芝(外)2400m

今週日経新春杯(G2)が行われるコースです。

解析グラフはこちら。

京都芝(外)2400



分析・全コース分析

スタートはスタンド前を600m強直線を進みます。

ここで先行争いが行われ、コーナーに入ってからペースが落ちます。

スタートの直線の長さが十分なのでコーナーに入るころには位置取りも決まり、向正面まで落ち着いた流れで進みます。

この緩い流れは1コーナーから向正面いっぱいまで1000mにもなるので、足をためておく折り合いの良さは不可欠です。

そして3コーナーの淀の坂を一気に下りながらスパートが始まります。

3コーナーからの4Fスパートは京都ではもうお決まりですね。

スパートし始めの加速は0.7秒以上とすごいものがありますが、坂を利用しているのでそれほど瞬発力は必要ではありません

むしろ1000mためた末脚を、4Fの間ほぼ平坦な京都の直線でスピードを落とすことなく活かしきる持続力が大事になってきます。




分析・日経新春杯(G2)

このレースは毎年メンバーによって大きく流れが変わる、予想の難しいレースです。

そのため人気馬の凡走も珍しくなく、過去5年で1人気馬は③⑥④⑦②着とまったく奮っていません。

またサンデー系が上位を独占したかと思ったら翌年は父サンデー系が1頭も馬券に絡まなかったりと、着目すべき点が非常に難解なレースの一つです。

ここからラップグラフの分析に入ります。

スタートは全クラス平均と変わりません。

差が出るのは1コーナーに入ってからで、全クラス平均よりも一気にペースが落ちてより息が入るのが分かります。

そこから向正面までゆったり流れます。

そして最大のポイントは向正面途中の淀の坂です。

この坂に差し掛かったあたりから、上りの傾斜にも関わらずペースが上がり始めるのです。

そして全クラス平均が12.81→12.08(+0.73)の加速なのに対し、

日経新春杯は12.60→11.82(+0.78)とより速い流れのなかでの加速が求められます

これらは先ほど述べた1コーナーでの息の入り方が影響しているのでしょう。

そしてラスト800mからゴール前ラスト200mまで11秒台が続きます。

最後には約0.6秒失速しフィニッシュです。

淀の坂を登りながら加速し、より高い次元で加速する。
そして加速後のスピードを600m維持して最後もいかに垂れずに走り切れるか。


これほどタフな末脚勝負は他ではあり得ません。

よって非常に高い底力が求められ、2400m以上で好走歴があるようなスタミナの裏付けがある馬が有力です。

また冬まっただ中でのG2ということで、寒い時期を得意にしている馬たちは非常に強力です。

冬に長距離を好走したことのある馬というのはそれだけで抑えておきたいですね。


まとめ
京都(外)2400m
持続力
折り合いの良さ

日経新春杯(G2)
底力
2400m以上で好走できるスタミナ
冬適性





今週は以上です。

掲載が遅れて本当にすいませんでした。

今週で期末課題も山場を乗り越えたので、来週は通常通り木曜に掲載できると思います。

その次回はアメリカJCC(G2)が行われる中山芝(外)2200m中山芝(内)2500mを分析予定です。

寒さが厳しくPATばかりになりがちな競馬ライフですが、競馬の醍醐味はやはり生観戦!

熱い競馬魂で冬を乗り切りましょう!!

それではまた来週^^



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。