TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】AJCCTOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】AJCC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】AJCC

AJCC

慶應VS東大VS京大
AJCCを的中させるのは!?
AJCC_20110123030246.jpg

サークル内では◎トーセンジョーダンで一本被り。

京大・【火拳】◎トーセンジョーダン

“うまプロ”でおなじみの

『穴の慶應BOY』こと茎辺留蜂は◎ダンスインザモア

『赤門の馬オタク』◎トーセンジョーダン


 京大
<<【火拳】の見解>>
 本命は中山適性のある⑥トーセンジョーダン。初G1、それが有馬記念で0.3差の5着なら立派だろう。展開自体は確かにこの馬に向いたが、そもそもスロ専馬では無いし、淀みない流れでも前々でしぶといタイプ。かなりの器とふんでいる。対抗は⑤サンライズベガ。同舞台の昨秋オールカマーにおいて、シンゲン・Dジャーニーと0.1差で走破し、そのレースではジャミールを完封してもいる。07インテレット、08ブラックアルタイル、09,10トウショウシロッコと4年連続でアドマイヤベガ産駒が好走していることも見逃せない。さらにこの馬自身は鉄砲駆けするタイプで、いきなりから期待できる。

<<クリスエスの見解>>

 ◎トーセンジョーダン。上位陣は崩れなさそうな中、唯一不安要素のみえるネヴァブションを切った。ここまでAJCCは二連覇中で、過去には日経賞も勝っており中山適性は文句なし。しかし今回今までと明らかに違うのはローテーションだ。二連覇した時のローテーションは共に秋から数えて4戦目と無理の無いローテーションで、あまり勝ち負けに関わらなかったのもいい意味で余裕になった。しかし今回は秋から5戦目、3着二回と一杯いっぱいな内容。年齢的にも無理は利かなく、取りこぼしの可能性は高いだろう。



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。