TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】根岸STOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】根岸S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】根岸S

根岸S

慶應VS東大VS京大
根岸Sを的中させるのは!?

根岸

サークル内では◎ケイアイガーベラが2人で最多。

京大の【火拳】◎セイクリムズン

“うまプロ”でおなじみの

『穴の慶應BOY』こと茎辺留蜂は◎ワンダーポデリオ

『赤門の馬オタク』◎サクセスブロッケン

穴の慶應BOY
<<茎辺留蜂の見解>>

 ◎ワンダーポデリオの2~4走前は流れが不向きだったが、前走は淀みない流れで復調気配の④着。レースのテンが34.5秒以内を経験した次走は④②⑤⑤②⑤③①②②着で、前走よりも追走が楽になりそうな今回は更なる上積みも見込める。昨年の当レースでは0.3秒差の⑤着だが、斬れ負けの印象があった。決して速い上がりを使えるタイプではないだけに、有力馬に先行勢が揃った今回は昨年以上の着順も。

現役京大生
<<【火拳】の見解>>

 ◎セイクリムズンは同舞台の霜月Sが好内容。昨年も着順ほど負けていないし、争覇圏内。近走順調な○ティアップワイルドが対抗でカペラSの再戦と予想。東京ダートなら▲ダイショウジェットは常に抑えておきたい存在。

<<クリスエスの見解>>

 ◎はダノンカモン。1400・1600mの持ちタイムがメンバー中屈指で、東京も【2120】と絶好の舞台。このレース自体のポイントは、根岸S初挑戦、芝で先行、あるいは速い上がりを使っていたことが重要で、それらを満たすのが心強い。内枠に集中した人気馬は他が先行馬で、それらを前に好位を取れれば一頭抜け出せるはずだ。

<<不死鳥の見解>>

 ◎ケイアイガーベラを頭から狙う。プロキオンS(GⅢ)でレコード勝ちをしたように阪神1400mなら敵なしだろうが、今回は初の府中1400m。確かに2走前の武蔵野Sの惨敗が気になるが、今回は1600m⇒得意の1400m替わり、直前輸送⇒早めの美浦入りと当時より条件は好転する。なお、マリーンS、武蔵野Sの内容から左回りが不安視されているが、ともに最内枠が大きな仇となった印象で、左回りが苦手とは断言できない。1400m【7・0・0・1】が示すように能力は断然なので、人気が一本被りしないようなら買いとみる。 


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。