TOP > スポンサー広告 > 小倉大賞典攻略マニュアルTOP > 重賞攻略マニュアル > 小倉大賞典攻略マニュアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小倉大賞典攻略マニュアル

小倉大賞典攻略マニュアル

 過去10年で10番人気以下の人気薄が4勝、馬連平均が4991円と荒れる傾向にある『小倉大賞典』。人気を形成すると言っても過言ではない前走成績で分けてみても

※前走OPに限定
前走5着以内【2・4・4・31】
前走6着以下【6・2・5・75】

 だから、小倉大賞典ほど前走成績がアテにならない重賞はないだろう。逆に言えば、前走成績が人気を形成するだけに、前走6着以下の馬の中から妙味馬を見つけ出せば高配当にありつける。

以下、過去の小倉大賞典から導き出させるデータを見ていきたい。

【1】ロ-カル巧者を狙え

 中京で行われた昨年を除く過去5年の小倉大賞典で、4番人気以下の人気薄で馬券に絡んだ馬はいずれも過去にロ-カル重賞で好走歴があった。つまり、今までにロ-カル重賞で好走歴がありながら、近走が中央の重賞で敗れているために人気を落としている馬が狙いとなる。

09'7番人気1着サンライズマックス⇒中京新聞杯1着
09'5番人気3着ミヤビランベリ⇒七夕賞1着
08'6番人気1着アサカデフィート⇒07'小倉大賞典1着
08'7番人気3着シルクネクサス⇒中京記念2着
07'10番人気1着アサカデフィート⇒中京記念3着 福島記念3着
06'11番人気1着メジロマイヤー⇒愛知杯3着
05'4番人気2着セフティーエンペラー⇒小倉記念2着

該当馬
ナリタクリスタル、マヤノライジン、サンライズマックス、サンライズベガ、ドモナラズ、バトルバニヤン、ダイシングロウ、チョウカイファイト

【2】人気の盲点になりがちな高齢馬

 さすがにこの時期は4,5歳の有力馬は休養中であり、ローカル巧者のベテランが台頭するチャンスである。小倉大賞典でもローカル巧者のベテランは人気になりにくいが、人気薄での激走が目立っている。最近ではさすがに今年はないだろうと思われていた10歳馬アサカディフィードが連覇したのは記憶に新しい。

10'13番人気3着マヤノライジン⇒9歳馬
09'5番人気3着ミヤビランベリ⇒6歳馬
08'6番人気1着アサカディフィート⇒10歳馬
08'7番人気3着シルクネクサス⇒6歳馬
07'10番人気1着アサカディフィート⇒9歳馬
06'11番人気1着メジロマイヤー⇒7歳馬
05'4番人気2着セフティーエンペラ ⇒6歳馬

【3】ミスプロ系が強い

 中京で行われた昨年を除く過去5年の小倉大賞典で、馬券に絡んだ15頭中9頭が父or母父にミスプロ系(ネイティブダンサー系)をもった馬だった。今年もミスプロ系をもつ出走馬がそれほど多くないだけに血統的にはぜひ注目したいデータだ。 

09'2着ヤマニンキングリー⇒父アグネスデジタル
08'1着アサカデフィート⇒父アリダー
08'2着マルカシェンク⇒母父ザフォニック
07'1着アサカデフィート⇒父アリダー
07'2着エイシンドーバー⇒父ヴィクトリーギャロップ
06'2着エイシンドーバー⇒父ヴィクトリーギャロップ
06'3着メイショウカイドウ⇒父スキャン
05'1着メイショウカイドウ⇒父スキャン
05'3着エイシンチャンプ⇒父ミシエロ

該当馬
リルダヴァル、コスモセンサー、ドモナラズ、バトルバニヤン、ダイシングロウ

【4】リピーターが多い

 【1】ローカル巧者が強いと書いたが、こういったローカル巧者が活躍するレースではお決まりと言っていいほどリピーターも多い。小倉大賞典も例外ではなく、ここ最近でも多くのリピーターが活躍している。

10'3着マヤノライジン
07'3着マヤノライジン

08'1着アサカディフィート
07'1着アサカディフィート

07'2着エイシンドーバー
06'2着エイシンドーバー

06'3着メイショウカイドウ
05'1着メイショウカイドウ

03'1着マイネルラヴ
01'2着マイネルラヴ

該当馬
サンライズマックス、ナリタクリスタル、マヤノライジン


【結論】

妙味馬  バトルバニヤン

 全てのデータに共通する馬はいないが、【1】・【2】・【3】に共通するバトルバニヤンに注目したい。小倉【3・3・0・2】(4着以下も5、6着)が示すように典系的な小倉巧者で、1800m戦も平坦コースに限ると①①①⑥⑥②④①着と大崩れしたことがなく、今回はこの馬にとってベストの舞台。陣営もそれを分かっているので、今回は調教本数が明らかに多く勝負気配は高い。また、意外と盲点(?)になっているかもしれないが、昨夏の小倉記念ではナリタクリスタルに先着、2走前の小倉で行われた中京新聞杯ではサンライズマックスとタイム差なしの競馬をしており、小倉が舞台ならば今回の人気馬とも差のない競馬をしているのも事実である。Sペースに泣かされ続けた近走成績+年齢を理由に人気は無いだろうが、ローカル巧者が穴を空けるレースで改めて注目してみたい。
 
(不死鳥)



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。