TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】京都記念TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】京都記念

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】京都記念

京都記念

慶應VS東大VS京大
京都記念を的中させるのは!?

京都記念A

京大の【火拳】を含めて◎トゥザグローリーが最多。

“うまプロ”でおなじみの

『穴の慶應BOY』こと茎辺留蜂は◎プロヴィナージュ

『赤門の馬オタク』◎メイショウベルーガ


京大
<<【火拳】の見解>>

 軸として最も信頼がおけるのは②トゥザグローリー。もともとダービーでも見せ場をつくったし、戦ってきた相手が超強力。有馬記念3着は誇っていい。キングカメハメハ産駒で、馬場渋化もむしろ追い風。対抗は⑥ロードオブザリング。松籟Sの走破時計は、日経新春杯でのヒルノダムール、ロースキングダムの走破時計と同タイム。ここでも戦える下地がある。こちらも道悪血統のホワイトマズル産駒。馬場が渋っても。展開が向きそうな③ビックウィークだが、個人的な印象としてBago産駒は叩いてから。ただ、前々で強気に競馬できる川田が乗っており▲評価。

<<クリスエスの見解>>

 ◎トゥザグローリー。素直に4歳勢の勢いを信じたい。先行馬が明確で、流れも各馬に平等になりそうな今回は実績を重視した。穴で面白そうなのは⑪プロヴィナージュ。京都はOPからGⅠまで5戦して全て4着以内。牡馬混合のレースも含めた実績なので文句の付けようがなく、少頭数ですんなり走れれば一発ありそう。

<<不死鳥の見解>>

 強引な逃げ馬不在で例年通りSペースは濃厚。過去に09'ヴィクトリー、08'シルクフェイマス、04'タガノマイバッハ、03'トウカイパルサーらが逃げて穴を空けたように流れが落ち着きやすく、前残りが頻発する重賞である。当然、早めに動ける馬の方が有利で、人気のダノンシャンティやヒルノダムールよりも前に行ける◎トゥザグローリーが軸。引退間近の池江郎厩舎所属で、先週の小倉大賞典2着バトルバニヤン、東京新聞杯2着キングストリート、土曜のアルデバランS1着ピイラニハイウェイと同様に、引退の花道を飾るためにこの時期としては異例のメイチ仕上げなのも心強い。



コメントの投稿

No title

タイトル京都記念の間違いでは?

No title

失礼しました。
ほんとに最近言い訳のしようがない凡ミスばっかりですいません。。。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。