TOP > スポンサー広告 > きさらぎ賞展望TOP > メイン展望&回顧 > きさらぎ賞展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きさらぎ賞展望

きさらぎ賞

◎レーヴドリアン


目標が先にあり、かつ少頭数のレースだから、先週の共同通信杯同様、まず流れは速くならない。

そして、京都の外回りコースというコース形態からも、まず瞬発力が問われるのは間違いない。

◎レーヴドリアンは、デビューから3戦連続で上がり最速をマーク。

瞬発力勝負なら、このメンバーでNO1とみている。

スペシャルウィーク産駒で、京都外回り1800は絶好の舞台だろう。(前走の内回り→外回りも歓迎)

また、同産駒の傾向から、おそらく道悪は得意といっていい。(兄も不良馬場のダービー5着。)

ちなみに、今開催の京都1800において、3着以内にきた12頭の種牡馬を調べたところ、

11頭がSS系またはロベルト系(いづれも大系統ターントゥ系)で、もう1頭も母父サンデーサンレンス

好走血統は、限られているとみて相手を探す。

人気でも○インペリアルマーチ(父ネオユニヴァース)▲ダイワバーバリアン(父マッハタンカフェ)の2頭は外せない。

穴はアドマイヤロイヤル。札幌で34秒台の上がりを使っていることから、上がり勝負に対応できるし、

キングカメハメハ(ミスプロ系)×サンデーサイレンスの配合だから、パワー兼備のスピード系で、今の馬場に合う。

あとは、デムーロ起用のネオヴァンドームを抑える。

(不死鳥)










コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。